糖尿病の療養指導Q&A 糖尿病患者の爪の処置

2021.03.15
連載:糖尿病の療養指導Q&A
糖尿病患者の爪の処置
Vol.38 No.2(2021年3・4月号)pp.240-242

埼玉医科大学病院 褥瘡対策管理室
松岡 美木  ● Matsuoka, Miki

はじめに

 糖尿病患者において重要な爪のケアが必要となるのは,糖尿病性神経障害や末梢血管障害,足趾・足部の変形といった合併症がある場合です.これらの合併症の影響で大きな問題になるのが足部です.外傷が生じやすく,またそれに気づきにくく,治りにくい状態にあるからです.このような状態にある糖尿病患者の足趾や足部の外傷は対応が遅れると壊疽に発展して切断を余儀なくされることもあり,歩行機能に大きな影響を与えます.この外傷の原因のひとつに爪が挙げられます.ここでは外傷を予防する爪のケアについて述べます.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

関連記事

よく読まれている記事

関連情報・資料