標準量ナトリウム摂取下での腎機能の保たれた2型糖尿病患者における2週間のダパグリフロジン投与によるナトリウム利尿効果:DAPASALT試験

2022.03.15
prev next
連載:OVERSEAS
標準量ナトリウム摂取下での腎機能の保たれた2型糖尿病患者における2週間のダパグリフロジン投与によるナトリウム利尿効果:DAPASALT試験
Vol.39 No.2(2022年3・4月号)pp.207-210

2022年3・4月号 目次

清水英祐 Shimizu, Eisuke
一色政志 Isshiki, Masashi
埼玉医科大学 内分泌・糖尿病内科

背景・目的

 ナトリウム-グルコース共輸送体2(以下 SGLT2)阻害薬は,心不全による入院リスクを低減する.その機序としてSGLT2阻害によるナトリウム(Na)排泄・浸透圧利尿・血漿量減少などが想定されているが,これまでその仮説は十分に検証されていない.健康成人や2型糖尿病患者において,一過性の24時間以内のNa排泄増加や循環血漿量の減少がすでに報告されている.しかしながら,これまでの研究ではNa摂取量は標準化されず,尿中Na排泄の評価も畜尿ではなくスポット尿で行われていた.本研究は,2型糖尿病患者において設定した一定Na摂取下でのSGLT2阻害薬の尿中Na排泄への影響を,厳密かつ正確に評価したはじめての研究である.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料