4-3.ロービジョンケアを窓口とする多職種連携 

2021.07.15
特集■糖尿病網膜症診療 Update
─最新の知見からチーム医療の現状まで─
4.多職種連携の実際
4-3.ロービジョンケアを窓口とする多職種連携 
Vol.38 No.4(2021年7・8月号)pp.432-436

2021年7・8月号 目次

丸林 彩子 Marubayashi, Ayako
埼玉医科大学総合医療センター 眼科

はじめに

 ロービジョンとは,“成長・発達あるいは日常生活・社会生活に何らかの支障を来たす視機能または視覚を指す”と定義され1),ロービジョンケアとは,“視覚に障害があるため生活になんらかの支障をきたしている人に対する医療的・社会的・福祉的・心理的などすべての支援の総称”である.発達・成長期にある小児に必要なハビリテーション,あるいは,主に成人の中途障害に対応するリハビリテーションを目的とする2)

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

関連記事

よく読まれている記事

関連情報・資料