SGLT2阻害薬とGLP-1受容体作動薬の心・腎保護効果Update ─心腎イベントにおける新エビデンスのまとめ─

2022.01.15
prev next
連載:FORUM 薬剤 ■DRUG 第1回
SGLT2阻害薬とGLP-1受容体作動薬の心・腎保護効果Update
─心腎イベントにおける新エビデンスのまとめ─
Vol.39 No.1(2022年1・2月号)pp.068-071

2022年1・2月号 目次

三好秀明 Miyoshi, Hideaki
北海道大学大学院医学研究院 糖尿病・肥満病態治療学分野

はじめに

 GLP-1受容体作動薬とSGLT2阻害薬は,それぞれ2010年・2014年にわが国に登場した比較的新しい糖尿病治療薬である.近年では,心・腎保護効果を明らかにしたエビデンスに基づき,海外において心血管イベントリスクの高い2型糖尿病患者には,この2剤を優先して使用するようにガイドラインが改訂されている.さらに最近になって次々と新しいエビデンスが蓄積されてきた.本稿ではSGLT2阻害薬を中心にそれらをまとめてみたい.

このコンテンツは糖尿病リソースガイドの有料会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病・内分泌医療を中心に、新しい時代の臨床現場を支援する糖尿病・内分泌プラクティスWebの閲覧が可能
  • ・糖尿病プラクティス(2020~2022年・3年間分)の記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料