LOH症候群の症状と症状調査票

2022.09.05
prev next
連載:FORUM 合併症Ⅱ ■ COMPLICATIONⅡ―LOH症候群― 第2回
LOH症候群の症状と症状調査票
Vol.39 No.5(2022年9・10月号)pp.543-545

2022年9・10月号 目次

明比祐子*1, 2 Akehi, Yuko
*1 社会医療法人天神会 新古賀病院 糖尿病・内分泌内科
*2 徳島大学先端酵素学研究所 糖尿病臨床・研究開発センター

はじめに

 LOH症候群の症状は,①抑うつ,不安,疲労感などの「精神症状」,②睡眠障害,記憶や集中力の低下,肉体的疲労感,筋肉量と筋力の低下,骨塩量の低下などの「身体症状」,③性欲低下,勃起障害などの「性機能関連症状」,以上の3つに大別される.これらの症状を総合的に評価し,LOH症候群をスクリーニングする,もしくは LOH症候群の治療効果を判定するため,いくつかの質問票が用いられている.なかでも国際的に広く普及しているのは1999年にドイツのHeinemannらによって作成されたAMS(Aging Males’ Symptoms)質問票やADAM(Androgen Deficiency in the Aging Male)質問票である.ほかに MMAS(Massachusetts Male Aging Study)質問票,およびわが国独自の「健康調査質問紙」などがあるが,ここでは,AMS質問票とテストステロン(testosterone:T)値との関係を中心に概説する.

このコンテンツは糖尿病リソースガイドの有料会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病・内分泌医療を中心に、新しい時代の臨床現場を支援する糖尿病・内分泌プラクティスWebの閲覧が可能
  • ・糖尿病プラクティス(2020~2022年・3年間分)の記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

糖尿病・内分泌プラクティスWeb 糖尿病・内分泌医療の臨床現場をリードする電子ジャーナル

糖尿病関連デジタルデバイスのエビデンスと使い方 糖尿病の各薬剤を処方する時に最低限注意するポイント(経口薬) 血糖推移をみる際のポイント!~薬剤選択にどう生かすか~
妊婦の糖代謝異常(妊娠糖尿病を含む)の診断と治療 糖尿病を有する女性の計画妊娠と妊娠・分娩・授乳期の注意点 下垂体機能低下症、橋本病、バセドウ病を有する女性の妊娠・不妊治療
インスリン・GLP-1受容体作動薬配合注 GIP/GLP-1受容体作動薬(チルゼパチド) CGMデータを活用したインスリン治療の最適化 1型糖尿病のインスリン治療 2型糖尿病のインスリン治療 最新インスリン注入デバイス(インスリンポンプなど)
肥満症治療薬としてのGLP-1受容体作動薬 肥満症患者の心理とスティグマ 肥満2型糖尿病を含めた代謝性疾患 肥満症治療の今後の展開
2型糖尿病の第1選択薬 肥満のある2型糖尿病の経口薬 高齢2型糖尿病の経口薬 心血管疾患のある2型糖尿病の経口薬

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料