伴走者として自己管理をささえる ─すぐに自己管理能力を高める必要がある妊婦たち─

2022.09.05
prev
連載:FORUM 自己管理 ■ SELF CARE 第2回
伴走者として自己管理をささえる ─すぐに自己管理能力を高める必要がある妊婦たち─
Vol.39 No.5(2022年9・10月号)pp.552-554

2022年9・10月号 目次

山田未歩子 Yamada, Mihoko
国立成育医療研究センター 看護部

はじめに

 当センターは小児・周産期・産科・母性医療を専門とする高度専門医療研究センターであるため,そこで出会う糖尿病の方は小児期発症の1型糖尿病患者,妊娠糖尿病・糖尿病合併妊婦が多く,その多くが先進デバイスを使っている.糖尿病の患者は日々の生活のなかで療養行動を自己管理している.筆者が糖尿病の患者を支援するうえで大切にしているのは「糖尿病患者を“生活者”として捉え,伴走者として支援していく」ということである.
 第2回の今回は,すぐに自己管理能力を高める必要がある妊婦たちについて述べたい.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料