持続血糖モニターによる糖尿病診療(3)CGM を用いた実際の診療

2020.05.15
prev next
連載:FORUM 検査 ■LABORATORY MEDICINE 第3回
持続血糖モニターによる糖尿病診療(3)CGM を用いた実際の診療
Vol.37 No.3(2020年5・6月号)pp.339-342

鳥本 桂一 Torimoto, Keiichi
産業医科大学医学部 第1内科学講座

はじめに

 持続血糖モニター(continuous glucose monitoring:CGM)を用いることで,血糖動態が可視化され,これまでHbA1cでのみ治療を行っていた糖尿病診療にパラダイムシフトがもたらされようとしている.昨年発表されたCGM活用に関するコンセンサスレポートでは,具体的な活用方法も明確に示され,いまがまさに糖尿病診療の変革期と考えられる.

このコンテンツは糖尿病リソースガイドの有料会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病・内分泌医療を中心に、新しい時代の臨床現場を支援する糖尿病・内分泌プラクティスWebの閲覧が可能
  • ・糖尿病プラクティス(2020~2022年・3年間分)の記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料