第21回 CGMと真夏の奈良

2021.11.15
prev next
連載:ESSAY 鉄・輪だより─鉄人糖尿病ドクターによる銀輪の旅─
第21回 CGMと真夏の奈良
Vol.38 No.6(2021年11・12月号)pp.741-743

2021年11・12月号 目次

JCHO 東京山手メディカルセンター 糖尿病内分泌科 山下滋雄
Yamashita, Shigeo

 血糖値のセルフ・モニタリングが,CGM(continuous glucose monitoring)の普及によって飛躍的に向上している.2017年発行の本誌に寄稿した時点では,FreeStyleリブレ(以下リブレ)はまだ自費で購入するしかなかったが,同年9月1日から保険適用となった 1).500円硬貨より少し大きい円形の14日間使い捨てセンサーを上腕に装着し,Readerを近づけてスキャンすると,直近8時間のグルコースグラフ,現在のグルコース値,グルコース値トレンド矢印などが瞬時に表示される.指先を穿刺し絞り出した血液で測定するSMBG(self-monitoring of blood glucose)では,1日に測定できる回数にどうしても限界があったのだが,リブレなら実質的に無制限である.公園のベンチで,信号待ちの交差点で,落ち葉の舞い散る停車場で,サイクリングの途中でなど,いつでもどこでも何度でも血糖の様子をうかがい知ることができるようになった.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料