第23回 サンライズ瀬戸と,鳴門駅前からちょっとだけサイクリング

2022.03.15
prev
連載:ESSAY 鉄・輪だより─鉄人糖尿病ドクターによる銀輪の旅─
第23回 サンライズ瀬戸と,鳴門駅前からちょっとだけサイクリング
Vol.39 No.2(2022年3・4月号)pp.233-235

2022年3・4月号 目次

JCHO 東京山手メディカルセンター 糖尿病内分泌科 
山下滋雄 Yamashita, Shigeo

 ここのところ,列車旅に出ていない.自転車にも乗っていない.コロナ禍のせいだということにしてただサボっているだけで,決して飽きてしまったとかそういうことではない.そもそも,時期により濃淡の差こそあれ,いずれも50年以上続いている趣味である.そう簡単にあきらめ切れるものでもない.
 しかし乗りテツ業が滞っているのは,明らかにコロナ禍のせいである.出張ついでの鉄道旅が多かったのに,地方開催の学会が現地で行われなくなってから,もう2年である.それに,遠方まで出かける際に利用できる寝台列車の定期運行数が激減し,いまでは「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」のみになってしまった.サンライズ瀬戸は,2022年1月時点の時刻表上21時50分に東京駅を出発し(写真1),翌朝7時27分に高松駅に到着する.途中,岡山駅で6時27分から6時31分の4分間停車し,東京駅から併結運転していた「サンライズ出雲」と切り離されて,それぞれの目的地に向かう.サンライズ出雲の終点は,出雲市駅である.サンライズ出雲にも何度も乗ったが,出雲大社に参拝したことはない.寝台列車に乗るのが目的で出雲市に出かけているのであって,そのついでにお参りをするのは,出雲の神様に申し訳ないような気がするからである.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料