妊娠糖尿病の新たな診断基準と管理

  • 清水 一紀 (心臓病センター榊原病院 糖尿病内科)
2012.10.25
prev next

26年ぶりの大改訂で、定義・診断基準が国際的に統一される

 妊娠糖尿病という言葉は1960年代後半 から使われていましたが、その定義は定 まっておらず、従って診断基準が国や学会 によって異なっていました。しかし2010 年、国際的な研究グループ 'International Association of Diabetes and Pregnancy Study Group' の発表を受け入れ、わが国 でも26年ぶりに妊娠糖尿病の定義と診断 基準が大改訂されました。新診断基準(右 下囲み)は一見して糖尿病の基準より厳格 なことにお気付きのことと思います。その 理由は、年余に及ぶ高血糖が原因で生じ る慢性合併症対策が主眼である糖尿病と は、診断の目的が異なるからです。

妊娠糖尿病の診断基準 (2010年改訂)

75gOGTTで血糖値が以下の1点以上を満たした場合
(糖尿病の診断基準を満たすものは除外)
1)空腹時  92mg/dL以上
2)1時間値  180mg/dL以上
3)2時間値  153mg/dL以上

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病診療・療養指導に役立つ会員向けコンテンツ
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
=必須項目
半角英数記号8文字以上
当サイト利用規約

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料