第60回 糖尿病と認知症

2022.05.15
prev next
連載:SERIES 糖尿病と保険診療
第60回 糖尿病と認知症
Vol.39 No.3(2022年5・6月号)pp.332-340

2022年5・6月号 目次

伊勢原駅前クリニック/奥田外科・胃腸科クリニック
中島尚登 Nakajima, Hisato
野口美有紀 Noguchi, Miyuki

 2 型糖尿病における脳血管性認知症(vascular dementia:VD)とアルツハイマー型認知症(Alzheimer disease:AD)の合併リスクは,1995 年の久山町研究に始まり,いずれの報告も2 型糖尿病におけるVDの相対危険度は2.0〜3.4,AD は1.2〜2.3 と有意に高値であった1).また1998 年にCraft らは,AD では健常者と比べ末梢血中インスリン濃度は上昇しているが,髄液インスリン濃度は低下し,その結果,髄液/血中インスリン比が著明に低下していること,その低下の程度はAD の重症度と比例したことを報告した2, 3).そしてその後の研究により,インスリン抵抗性で増加する遊離脂肪酸はミトコンドリア機能を抑制するとともに,血液脳関門の透過性を亢進し,さらにインスリン分解酵素活性を抑制することでAD を発症させる可能性が示唆された.このような機序のために,AD の発症抑制には高齢者糖尿病の血糖コントロールが重要であり,本誌39 巻1 号特集「高齢者糖尿病診療Update ─『高齢者糖尿病治療ガイド2021』を読み解く─」では,その実践について解説した.このような背景をふまえ今回は,認知症患者の診療に関わる医科点数表の主な項目の告示・通知について概説する.

このコンテンツは糖尿病リソースガイドの有料会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病・内分泌医療を中心に、新しい時代の臨床現場を支援する糖尿病・内分泌プラクティスWebの閲覧が可能
  • ・糖尿病プラクティス(2020~2022年・3年間分)の記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

糖尿病・内分泌プラクティスWeb 糖尿病・内分泌医療の臨床現場をリードする電子ジャーナル

糖尿病関連デジタルデバイスのエビデンスと使い方 糖尿病の各薬剤を処方する時に最低限注意するポイント(経口薬) 血糖推移をみる際のポイント!~薬剤選択にどう生かすか~
妊婦の糖代謝異常(妊娠糖尿病を含む)の診断と治療 糖尿病を有する女性の計画妊娠と妊娠・分娩・授乳期の注意点 下垂体機能低下症、橋本病、バセドウ病を有する女性の妊娠・不妊治療
インスリン・GLP-1受容体作動薬配合注 GIP/GLP-1受容体作動薬(チルゼパチド) CGMデータを活用したインスリン治療の最適化 1型糖尿病のインスリン治療 2型糖尿病のインスリン治療 最新インスリン注入デバイス(インスリンポンプなど)
肥満症治療薬としてのGLP-1受容体作動薬 肥満症患者の心理とスティグマ 肥満2型糖尿病を含めた代謝性疾患 肥満症治療の今後の展開
2型糖尿病の第1選択薬 肥満のある2型糖尿病の経口薬 高齢2型糖尿病の経口薬 心血管疾患のある2型糖尿病の経口薬

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料