糖尿病において肥満のコントロールはなぜ必要か

2021.01.15
連載:FORUM 合併症Ⅱ ■COMPLICATIONⅡ─肥満症─ 第1回
糖尿病において肥満のコントロールはなぜ必要か
Vol.38 No.1(2021年1・2月号)pp.81-83

正木 孝幸 Masaki, Takayuki
大分大学医学部 内分泌代謝・膠原病・腎臓内科学講座

はじめに

 肥満はわが国においても重要な健康課題である.一般に肥満の程度が高くなるほど糖尿病や脂質異常症などさまざまな生活習慣病に罹患しやすくなり,生命予後にも影響する可能性がある.またわが国における糖尿病診療のなかで,肥満の問題はまだ十分に解決されているとはいえない.日常臨床において体重が数%減量することで糖尿病のコントロールが劇的によくなるケースや,逆に体重が数%増加するだけで血糖コントロールが悪化する場合もある.そこで本連載では糖尿病診療における肥満に焦点を当て,第1 回である本稿では一般的な肥満の定義や疫学,糖尿病における肥満の意義と発症機序について解説する.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

関連記事

直近1週間のアクセスランキング