避けて通れない糖尿病性自律神経障害─診断と重症度評価─

2020.11.15
連載:FORUM 合併症Ⅰ ■COMPLICATIONⅠ―神経障害― 第3回
避けて通れない糖尿病性自律神経障害─診断と重症度評価─
Vol.37 No.6(2020年11・12月号)pp.704-707

出口 尚寿 Deguchi, Takahisa
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科 糖尿病・内分泌内科学

はじめに

 糖尿病性神経障害では,比較的早期から両足のしびれや痛みが問題となる一方で,患者も主治医も気づかないうちに感覚低下や自律神経障害が悪化し不幸な転帰をとる症例が少なくない.本連載の第1回では,その神経障害を“見逃さない”ために簡易診断基準を実施することの重要性を,第2回では,“見過ごさない”ために臨床病期分類を念頭に置いたマネジメントについて述べた.第3回である今回は,神経障害のなかでも最も病態が複雑で,しばしばわれわれの頭を悩ませる自律神経障害について述べる.

このコンテンツは有料会員サービスご購入後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病プラクティスの記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

関連記事

よく読まれている記事

関連情報・資料