骨粗鬆症の治療

2022.05.15
prev
連載:FORUM 合併症Ⅱ ■ COMPLICATIONⅡ―骨と糖尿病― 第3回
骨粗鬆症の治療
Vol.39 No.3(2022年5・6月号)pp.311-313

2022年5・6月号 目次

山本昌弘 Yamamoto, Masahiro
  島根大学医学部 内科学講座内科学第一

はじめに

 これまでの本連載で,骨粗鬆症による骨折は骨折直後から長期にわたり生命予後を脅かすイベントであることを述べた.糖尿病患者では有意に大腿骨近位部骨折の相対リスクが高いことから1, 2),非糖尿病患者と変わらぬ寿命の確保において,骨折の予防が重要であろう.しかし骨折リスクが有意に高いにもかかわらず,糖尿病患者の骨密度は非糖尿病患者と同等から高値であることに加えて3, 4),2 型糖尿病では椎体骨折と骨密度に有意な関連がなく5),骨量減少により骨強度が低下するという病態よりは,骨の質的劣化で骨折リスクが増加するという特徴を有している.今回はこのような特徴を有する糖尿病患者の骨粗鬆症の治療について概説する.

このコンテンツは糖尿病リソースガイドの有料会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病・内分泌医療を中心に、新しい時代の臨床現場を支援する糖尿病・内分泌プラクティスWebの閲覧が可能
  • ・糖尿病プラクティス(2020~2022年・3年間分)の記事や、本サイトが厳選したスペシャルコンテンツが閲覧可能
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
  • ・その他、有料会員向けコンテンツ・サービスを企画中!乞うご期待ください

糖尿病・内分泌プラクティスWeb 糖尿病・内分泌医療の臨床現場をリードする電子ジャーナル

神経系による腎機能の保護 インクレチン ケトアシドーシスを理解する インスリン分泌の生理学 摂食調節機構の最近のトピックス
肥満症治療薬としてのGLP-1受容体作動薬 肥満症患者の心理とスティグマ 肥満2型糖尿病を含めた代謝性疾患 肥満症治療の今後の展開
糖尿病の各薬剤を処方する時に最低限注意するポイント(経口薬) 血糖推移をみる際のポイント!~薬剤選択にどう生かすか~
2型糖尿病の第1選択薬 肥満のある2型糖尿病の経口薬 高齢2型糖尿病の経口薬 心血管疾患のある2型糖尿病の経口薬

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料