SGLT2阻害薬の位置づけと具体的な使われ方

  • 森 豊 (糖尿病治療研究会代表幹事 東京慈恵会医科大学附属第三病院 糖尿病・代謝・内分泌内科 教授)
2014.10.23
prev next

 SGLT2阻害薬の発売から約半年がたちました。尿糖を増やして血糖を下げるという作用機序の新規性ゆえに、当初、効果的な使い方や安全性に不明点が多々ありましたが、徐々に糖尿病治療におけるポジショニングが明らかになってきています。

肥満、若年の患者さんがよい適応

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病診療・療養指導に役立つ会員向けコンテンツ
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
=必須項目
半角英数記号8文字以上
当サイト利用規約

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料