診療現場におけるサイエンスとアート

  • 吉岡 成人 (NTT東日本札幌病院副院長)
2011.07.25
prev next

 2011年3月11日、未曾有の大震災が東 北地方を中心とした東日本を襲い、東北 沿岸の医療機関ではすべてが失われた中、 自身も被災者である医療スタッフが必死に 診療に携わる姿が報道されました。私は 多くの皆様と同様に被災地が少しでも早く 復興することを祈りつつ、臨床医として、 処方すべき薬剤も、また聴診器すらない 中で何ができるかを思い、「臨床(clinic)」 という言 葉 の 語 源を再 認 識しました。 clinicの語源はギリシャ語で寝台、ベッド を意味します。病床で苦しむ他者に寄り 添い、苦痛を共有する受動的なニュアンス の言葉であり、治療を施す、治すという能 動的な意味の言葉ではありません。「臨床」 の現場でもっとも重要なのは、苦しみの共 有なのかもしれません。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病診療・療養指導に役立つ会員向けコンテンツ
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
=必須項目
半角英数記号8文字以上
当サイト利用規約

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料