「ミニメド 770G インスリンポンプキット」の供給が遅延 国内在庫が不安定な状況 日本メドトロニック

2022.08.05
 日本メドトロニックは、同社の取扱い製品である「ミニメド 770G インスリンポンプキット」について、海外製造元からの供給遅延により、国内在庫が不安定な状況が発生していることを公表した。

 この供給遅延は、原材料の調達遅延により、海外製造元での製造数量に限界があるためで、全世界で影響を受けているという。日本での供給が安定する見込みは9月後半になると試算している。

 「安定供給の目処が立ちましたら、弊社営業担当よりご連絡申し上げます。皆様にご不便とご心配をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。一刻も早い解消に向け尽力して参りますので、何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます」と、同社では述べている。

 「ミニメド770Gシステム」は、日本初のハイブリッドクローズドループ(HCL)テクノロジーを搭載したインスリンポンプ。独自技術である「スマートガード オートモード」により、患者に合わせ、自動で高血糖と低血糖の両方を予防し、血糖値をコントロールし目標範囲に維持する手助けをするよう設計されている。

【欠品製品】
製品番号 製品名
MMT-1892 ミニメド 770G インスリンポンプキット

販売名:メドトロニック ミニメド 700 シリーズ 医療機器承認番号:30300BZX00256000

関連情報
インスリンポンプ「ミニメド770Gシステム」発売 日本初のハイブリッドクローズドループを搭載 基礎インスリン注入量を自動調整 メドトロニック (糖尿病リソースガイド 2022年1月14日)

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新ニュース記事

よく読まれている記事

関連情報・資料