速効型インスリン分泌促進薬「シュアポスト錠0.25mg/錠0.5mg」が販売中止 住友ファーマ

2024.05.15
 住友ファーマは、速効型インスリン分泌促進剤「シュアポスト錠0.25mg/錠0.5mg」(レパグリニド)について、同社在庫品の出荷終了をもって販売を中止すると公表した。

代替薬への切替えは2024年10月以降の検討を要請

販売中止予定品目
販売名 包装 統一商品コード 出荷終了時期 *
シュアポスト錠0.25mg PTP 100錠 116-53004-0 2025年3月頃
PTP 210錠 116-53005-7
PTP500錠 116-53006-4
シュアポスト錠0.5mg PTP 100錠 116-53007-1 2024年11月頃
PTP 210錠 116-53008-8
PTP500錠 116-53009-5

* 在庫状況により若干の差異が生じることがある。

参考代替薬<同一有効成分>
レパグリニド錠0.25mg「サワイ」/錠0.5mg「サワイ」 沢井製薬

* なお、同社はこの代替薬に切替える場合は2024年10月以降の検討を要請している。

シュアポスト錠0.25mg/錠0.5mg (住友ファーマ)
住友ファーマ株式会社 くすり情報センター

糖尿病・内分泌プラクティスWeb 糖尿病・内分泌医療の臨床現場をリードする電子ジャーナル

糖尿病関連デジタルデバイスのエビデンスと使い方 糖尿病の各薬剤を処方する時に最低限注意するポイント(経口薬) 血糖推移をみる際のポイント!~薬剤選択にどう生かすか~
妊婦の糖代謝異常(妊娠糖尿病を含む)の診断と治療 糖尿病を有する女性の計画妊娠と妊娠・分娩・授乳期の注意点 下垂体機能低下症、橋本病、バセドウ病を有する女性の妊娠・不妊治療
インスリン・GLP-1受容体作動薬配合注 GIP/GLP-1受容体作動薬(チルゼパチド) CGMデータを活用したインスリン治療の最適化 1型糖尿病のインスリン治療 2型糖尿病のインスリン治療 最新インスリン注入デバイス(インスリンポンプなど)
肥満症治療薬としてのGLP-1受容体作動薬 肥満症患者の心理とスティグマ 肥満2型糖尿病を含めた代謝性疾患 肥満症治療の今後の展開
2型糖尿病の第1選択薬 肥満のある2型糖尿病の経口薬 高齢2型糖尿病の経口薬 心血管疾患のある2型糖尿病の経口薬

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新ニュース記事

よく読まれている記事

関連情報・資料