GLP-1/グルカゴン受容体デュアルアゴニストの第2相試験を開始 体重管理とNASHの両方へのベネフィットを期待 ベーリンガーなど

2021.04.27
 ベーリンガーインゲルハイムなどは、GLP-1/グルカゴン受容体デュアルアゴニストである「BI 456906」について、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)および肥満に対する第2相臨床試験を開始した。
 同剤が、体重管理とNASHの改善の両方に重要なベネフィットをもたらす可能性がある。

肥満とNASHはアンメットニーズの高い疾患領域

 ベーリンガーインゲルハイムとZealand Pharma社は、過体重または肥満の成人、および非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の成人患者を対象に、GLP-1/グルカゴン受容体デュアルアゴニストである「BI 456906」の2つの第2相試験を開始したと発表した。

 この化合物は、2011年にZealand Pharma社から導入したもので、週1回投与で、現在利用可能なGLP-1受容体アゴニスト単剤による治療と比較して、体重管理とNASHの改善および肝硬変への進行抑制の両方にさらなるベネフィットがもたらされる可能性がある。同剤については、2型糖尿病患者を対象とした第2相試験も進行している。

 この第2相ランダム化二重盲検プラセボ対照用量検討試験(NCT04667377)は、糖尿病非合併の肥満またはBMI27以上の過体重の患者を対象に実施される。被験者は、試験期間中、1週間に1回、同剤またはプラセボの皮下注射を受ける。試験の主要評価項目は、プラセボと比較した46週時点の体重変化率(%)。

 もう1つの第2相ランダム化二重盲検プラセボ対照用量検討試験(NCT04771273)では、糖尿病合併の有無にかかわらずNASHおよび肝線維化(F2/F3)の患者を対象として、同剤を評価する。試験の主要評価項目は、治療後48週時点での、線維化の悪化をともなわない脂肪肝炎の組織学的改善。被験者は、試験期間中、1週間に1回、異なる用量のBI 456906またはプラセボの皮下注射を受ける。

 「肥満とNASHは、アンメットニーズの高い疾患領域であり、現在利用できる承認された治療薬は限られています。これらは生活の質(QOL)の低下および死亡率の上昇と関連しています。この新たなアプローチが、医療従事者と、肥満やNASHに苦しむ患者さんに待望の治療オプションをもたらしてくれると期待しています」と、バージニアコモンウェルス大学医学部の内科学・生理学・分子病理学教授のArun J. Sanyal氏は述べている。

 ベーリンガーインゲルハイムとZealand Pharma社は、革新的なペプチドを用いた医薬品の創薬に関するZealand Pharma社の専門知識と、循環器代謝疾患の新薬研究開発に対するベーリンガーインゲルハイムの専門知識を結集することで、長年にわたりパートナーシップを構築している。

 「デュアルアゴニストであるBI 456906は、GLP-1とグルカゴン受容体活性化作用を組み合わせることで、患者さんの代謝を改善して体重を低下させ、上流の脂肪化を減少させることによってNASHを改善することができると考えています」と、Zealand Pharma社では述べている。

 「肥満およびNASHの新規治療薬を発見し、これらのグループの大きなアンメットニーズを充足することに重点を置いた研究開発を進めています。このデュアルアゴニストが体重減少およびNASHの改善と肝硬変の予防に高い有効性を発揮する次世代の医薬品候補になると確信しています」と、ベーリンガーインゲルハイムでは述べている。

ベーリンガーインゲルハイム

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新ニュース記事

よく読まれている記事

関連情報・資料