2024年8月3日(土)
  • 愛知

第60回愛知県糖尿病薬物療法研究会

日 時

2024年8月3日(土) 13時30~開場

会 場

日本赤十字社愛知医療センター名古屋第一病院 内ヶ島講堂(東棟2階)
名古屋市中村区道下町3-35

テーマ

糖尿病認定薬剤師からみた災害時・新興感染症における役割
~糖尿病治療薬・SMBGの手技ポイントから災害医薬品まで~

会 長

野村浩夫

内 容

13:50~ オープニングリマークス
武藤達也(名鉄病院薬剤部 薬剤部長)

14:00~15:00 一般演題
座長:成瀬徳彦(日本赤十字社愛知医療センター名古屋第一病院薬剤部 薬剤部長)
「糖尿病薬物療法認定薬師からの提言~あの時を忘れない!過去の災害・新興感染症派遣薬剤師の経験より学ぶ~」
野村浩夫 先生(日本赤十字社愛知医療センター名古屋第一病院 薬剤部 糖尿病薬物療法認定薬剤師)

「糖尿病薬物療法認定薬師の視点でこれからの災害医療について考える~能登半島地震で救護活動を経験して~」
石川惣一 先生(日本赤十字社愛知医療センター名古屋第一病院 薬剤部 糖尿病薬物療法認定薬剤師)

15:00~16:00 特別講演
座長:服部芳明(春日井市民病院 薬剤科 薬剤科長)
「インスリン注射器、SMBG(血糖自己測定)の手技ポイントを総復習~導入からトラブルまで~」
武藤達也 先生(名鉄病院 薬剤部 糖尿病薬物療法認定薬剤師)

クロージングリマークス
吉川昌江 教授(キュアファーマ薬局/金城学院大学薬学部)

参加申込

事前申込

お申し込み方法

下記パスマーケットよりお申し込みください。

参加費用

500円

定 員

100名

単 位

愛知県糖尿病療養指導士 2単位

主 催

愛知県糖尿病薬物療法研究会

お問合せ

野村浩夫
E-mail:nomura8q314@gmail.com

糖尿病・内分泌プラクティスWeb 糖尿病・内分泌医療の臨床現場をリードする電子ジャーナル

スポーツとメンタルヘルス関連ホルモン 骨格筋ホルモンの代謝への影響・関連
糖尿病合併高血圧のマネージメント CKD合併高血圧のマネージメント(生活習慣修正・降圧薬治療) 本態性高血圧と血管調節異常、神経調節異常、ナトリウム調節異常 内分泌性二次性高血圧アップデート
肥満の外科治療-減量・代謝改善手術の最新エビデンス- 甲状腺結節の診断・経過観察の最新エビデンス 原発性アルドステロン症治療の最新エビデンス
糖尿病の各薬剤を処方する時に最低限注意するポイント(経口薬) 糖尿病関連デジタルデバイスのエビデンスと使い方 血糖推移をみる際のポイント!~薬剤選択にどう生かすか~ 1型糖尿病の治療選択肢(インスリンポンプや持続血糖測定器など)
タンパク質とアミノ酸の代謝 脂質の代謝 糖代謝の調節機構

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新ニュース記事

よく読まれている記事

関連情報・資料