インクレチンアナログ(注射製剤)の効果と使い方

  • 岩本 安彦 (新百合ヶ丘総合病院 糖尿病センター センター長)
2012.04.25
prev next

DPP-4阻害薬とGLP-1アナログの違い

 食後に消化管から分泌されるホルモン 「インクレチン」として、GLP-1やGIPがあり、 両者ともに血糖濃度依存性のインスリン分 泌 刺 激 作 用をもちます。 そ の 一方 で、 GLP-1には確かなグルカゴン分泌抑制作用 が認められるのに対して、GIPのグルカゴ ン分泌に対する作用は明らかでなく、また 体重増加作用があるなど、糖尿病治療に 応用する際に留意すべき差異もあります。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • ・糖尿病診療・療養指導に役立つ会員向けコンテンツ
  • ・メールマガジン週1回配信 最新ニュースやイベント・学会情報をもれなくキャッチアップ
  • ・糖尿病の治療に関するアンケートに参加可能、回答はメルマガやウェブで公開
=必須項目
半角英数記号8文字以上
当サイト利用規約

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新特集記事

よく読まれている記事

関連情報・資料