糖尿病診療の目

松葉 育郎 先生(聖マリアンナ医科大学 臨床教授・松葉医院 院長)

松葉 育郎 先生(聖マリアンナ医科大学 臨床教授・松葉医院 院長)

糖尿病医療に長年携わってきた専門医は、どのような視点を持って患者さんの情報を整理・把握し、診療に何を目指しているのでしょうか?

このコーナーでは、東京慈恵会医科大学第3内科で研鑽を積み、開業して20年以上を経た松葉医院院長の松葉育郎先生(写真)に、経験から培われた糖尿病治療のポイントと、糖尿病医療のこれからを語っていただきます。

目次

筆者略歴

松葉 育郎 先生(松葉医院 院長)松葉医院 ホームページ

まつばいくろう。昭和53年、東京慈恵会医科大学卒業後、同大学院(医学博士)を経てハーゲドーン研究所(デンマーク)研究員、東京慈恵会医科大学第3内科講師、国立東宇都宮病院内科部長、総合川崎臨港病院内科部長を経て、平成3年に松葉医院を川崎市幸区にて開業。聖マリアンナ医科大学 非常勤講師。

資格等

日本糖尿病学会専門医、評議員、日本内科学会認定医、日本糖尿病協会関東支部理事、川崎糖尿病懇話会 幹事、神奈川糖尿病医会 幹事、神奈川県内科医学会幹事、神奈川県内科医学会、糖尿病対策委員会委員長、神奈川県糖尿病ネットワーク委員、神奈川糖尿病療養指導士認定機構(KLCDE)、療養指導委員会委員長、糖尿病データマネジメント研究会臨床研究プロトコール評価委員会 委員

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら