第2部 食事療法・運動療法・生活サポート

糖尿病腎症患者さんの食事療法に役立つ製品・サービス

製品別一覧へ

 糖尿病腎症の食事療法は、タンパク質を減らし、その減らした量に相当するエネルギーを炭水化物や脂質に振り分けたり、病期によっては総エネルギー量を増やすなど、糖尿病の食事療法よりも厳格なコントロールが要求され、食事療法にも一段と困難が伴います。そんな患者さんのために、タンパク質やリン、カリウムを調整した食品が開発されています。インターネットの普及により、昔よりも手に入れやすくなっていますので、食事指導の一環として、こういった製品を利用してみてはいかがでしょうか。
 一覧表には目安としてタンパク質の量が表示してありますのでご参照ください。

タンパク質調整食品

宅配食    製品一覧へ
 糖尿病腎症の食事療法に役立つ「宅配食」は、多くの企業から提供されています。腎症の場合、進行の具合によって指導の内容も変更されていきますが、それぞれのステージに対応するようなメニューもあります。また、どの製品も各企業独自の栄養成分のコントロールがなされていて、専属の栄養士や医師などの指導を基にメニューが作成されています。
 電子レンジを使うだけで食べられる冷凍、冷蔵のもの、保存の容易なレトルトタイプのものなど、患者さんの生活によって使い分けることができます。
 味にも食事療法を長く続けていくための工夫が凝らされています。各企業のホームページには、詳細な情報やメニューがありますので、比較・検討してみてください。

米、レトルトご飯など / パン、麺類
 毎日食べることになるお米やパンにも、タンパク質を減らしてつくられたもの、あるいはでんぷんなどで代用したものがあります。また、食事療法がうまくいかない方、一人暮らしの方、高齢者の方には、電子レンジを使うだけで簡単に調理することができるレトルトパックしたものなどもあり、便利です。

一品料理、総菜など / カレー、スパゲティソース、スープなど
 タンパク質を調整した食品がたくさん市販されています。飽きがこなくて変化に富んだ食事療法を行っていくために、このコーナーから患者さんの好みにあった食品をご利用いただいてはいかがでしょう。

エネルギー補給食品    製品一覧へ

 糖尿病から腎症に進行してしまった患者さんにとって、エネルギー量に対する考え方は最初にぶつかる壁といえます。タンパク質の制限が厳しくなるにつれて、エネルギー量が不足しがちです。タンパク質の摂取を抑えつつエネルギーを補給する食品として、エネルギー量を増強したクッキーやビスケット、ゼリー、和菓子などの間食用の嗜好食品が市販されています。


エネルギー調整食品
低糖質食品
低GI食品
低カロリー・ノンカロリー甘味料
機能性甘味料
タンパク質調整食品
エネルギー補給食品
活動量計・歩数計
運動機器・器具
健康運動シリーズDVD
患者さんが加入できる保険
視聴覚障害者のサポート情報
 

糖尿病リソースガイドとは

提供

糖尿病治療研究会
公益財団法人 日本糖尿病財団
日本医療・健康情報研究所

掲載希望情報の受付

記事の掲載情報 / 製品情報の掲載
広告の掲載 / お問い合わせ

メールマガジン登録無料

糖尿病ネットワークへ