急増する糖尿病を支えているのは家族 DAWN2調査

2012.12.12
 ノボ ノルディスクは、日本を含む17ヵ国の1万5,000人以上を対象とした糖尿病管理の心理社会的側面に関する調査「DAWN2(Diabetes Attitudes, Wishes and Needs 2)」の初期結果を発表した。

 DAWN2調査はノボ ノルディスクが国際糖尿病連合(IDF)、国際患者団体連合(IAPO)、ステノ糖尿病センターなどとの連携を通じて行ったもの。前回は糖尿病患者、看護師、栄養士、一般医、専門医を対象に行ったが、今回調査では患者の家族も対象とした。

 「63%の家族は、一緒に暮らす糖尿病患者が重篤な合併症を引き起こす可能性を危惧している」、「インスリン治療を行っている患者の家族のうち66%は、患者が夜中に低血糖を起こす危険性を心配している」、「35%の糖尿病患者は、糖尿病の管理について家族と口論すると報告している」といった調査結果が示された。

 DAWN2の主任研究者であり国際学術委員会(ISC)の委員長を務めるマーク ペイロット教授は「身体的、経済的、感情的な糖尿病の負担は、糖尿病患者さん本人だけでなく、家族全体によって支えられていることが確認された」と述べている。

 調査では、70%の医療従事者は、糖尿病患者の良好な糖尿病ケアのためには家族の参加が不可欠であると考えているが、75%の家族は、糖尿病の教育プログラムに参加したことがないことも示された。

 IDF次期会長のマイケル ヒルスト卿は「DAWN2調査は、糖尿病患者さんの急増が家族に与える隠れた負担について、また、現在の医療システムのギャップについて、新しい重要な科学的データを示している」と述べている。

ノボ ノルディスク ファーマ

糖尿病・内分泌プラクティスWeb 糖尿病・内分泌医療の臨床現場をリードする電子ジャーナル

糖尿病関連デジタルデバイスのエビデンスと使い方 糖尿病の各薬剤を処方する時に最低限注意するポイント(経口薬) 血糖推移をみる際のポイント!~薬剤選択にどう生かすか~
妊婦の糖代謝異常(妊娠糖尿病を含む)の診断と治療 糖尿病を有する女性の計画妊娠と妊娠・分娩・授乳期の注意点 下垂体機能低下症、橋本病、バセドウ病を有する女性の妊娠・不妊治療
インスリン・GLP-1受容体作動薬配合注 GIP/GLP-1受容体作動薬(チルゼパチド) CGMデータを活用したインスリン治療の最適化 1型糖尿病のインスリン治療 2型糖尿病のインスリン治療 最新インスリン注入デバイス(インスリンポンプなど)
肥満症治療薬としてのGLP-1受容体作動薬 肥満症患者の心理とスティグマ 肥満2型糖尿病を含めた代謝性疾患 肥満症治療の今後の展開
2型糖尿病の第1選択薬 肥満のある2型糖尿病の経口薬 高齢2型糖尿病の経口薬 心血管疾患のある2型糖尿病の経口薬

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新ニュース記事

よく読まれている記事

関連情報・資料