外来患者の転倒リスクを高精度に予測する技術を開発 高血圧患者の降圧薬の不適切な使用は転倒・骨折リスクを2倍以上に上昇

2024.07.08
 富士フイルムと順天堂大学医学部附属順天堂医院は、外来患者の転倒リスクを予測する技術を共同で開発したと発表した。

 順天堂医院の外来患者約7万人のデータを用いて、この技術の精度評価を実施したところ、予測精度を示すAUROCは0.96であり、優れた結果が示されたとしている。

 血圧降下薬の不適切な使用は高齢者の骨折リスクを2倍以上に高めるという調査結果も発表された。低血圧によりバランスを崩した高齢者が転倒・骨折するリスクは、これまで予想されていたよりも深刻だとしている。

外来患者の転倒リスクを予測する技術を開発 高い予測精度を実現

 富士フイルムと順天堂大学医学部附属順天堂医院は、外来患者の転倒リスクを予測する技術を共同で開発したと発表した。

 電子カルテ、放射線部門システム、内視鏡部門システムなど、院内のさまざまなシステムと連携する同社の医療機関向け統合診療支援プラットフォーム「CITA Clinical Finder」に集約された診療データから、年齢や特定の薬剤の処方歴など、500種類以上の転倒リスクと関連性が高い特徴量を生成し、AI技術を用いて、外来患者の転倒リスクを高い精度で予測できるようになったとしている。

 同プラットフォームに登録されている診療データをもとに、各患者の転倒リスクを予測し、パーセンテージで表示し、また予測に寄与した特徴量を、想定される転倒リスク要因として提示することも可能としている。

 順天堂医院の外来患者約7万人のデータを用いて、この技術の精度評価を実施したところ、予測精度を示すAUROCは0.96であり(値が1に近いほど予測精度が高い)、入院患者を対象にした先行研究(AUROC:0.90)と比べて、優れた結果が示された。

 患者の転倒事故は、国内の医療現場で高い頻度で発生しており、転倒は骨折や頭部外傷などの大ケガにつながり、患者の生命予後やQOLに対して深刻な影響を及ぼす可能性がある。そのため、多くの医療機関では、入院患者を対象として、転倒リスクアセスメントシートを用いて患者の転倒リスクを判定・数値化し、リスクの程度に応じて付き添いや歩行介助などの転倒防止策を講じている。

 一方で、外来患者は入院患者に比べてアセスメント対象となる患者数が多く、また医療機関での限られた滞在時間では患者の状態を把握することが困難であるため、十分に対応することが難しいという課題がある。

 外来患者を対象とする、効率的かつ高精度に転倒リスクを評価できる技術を開発することで、医療従事者は、外来患者の転倒リスクを高い精度で評価できるようになるとしている。両者は今後、技術のさらなる有効性検証を進め、早期実用化を目指すとしている。

 「順天堂医院では、長らく医療の質の指標(Quality Indicator)のひとつとして、75歳以上の外来患者さんの転倒発生率の低下を挙げてきました。今回は、これまで研究が進んでいなかった外来患者さんの転倒のリスク因子に着目し、統合診療データと機械学習を用いて転倒リスク予測モデルを構築しました。本研究結果が、外来患者さんの転倒リスクを精度高く予測し、医療機関が前もって対応することで、その発生率が低下することを期待しています」と、同院の桑鶴良平院長はコメントしている。

CITA Clinical Finder - 統合診療支援プラットフォーム (富士フイルム)

降圧薬の不適切な使用は転倒・骨折リスクを2倍以上に上昇

 血圧降下薬の不適切な使用は高齢者の骨折リスクを2倍以上に高めるおそれがあると、米ラトガース大学が発表した。起立性低血圧によりバランスを崩した高齢者が転倒・骨折するリスクは、これまで予想されていたよりも深刻だとしている。

 研究は、同大学大学医療研究・政策・経済センターのChintan Dave氏らによるもので、研究成果は、「JAMA Internal Medicine」に掲載された。

 研究グループは、米退役軍人保健局のデータベースに登録された、長期療養施設の高齢患者2万9,648人の2006~2019年のデータを解析した。血圧降下薬の使用を開始した患者と、開始しなかった患者を対象に、股関節、骨盤、上腕骨、橈骨、前腕骨の30日の骨折リスクを比較した。

 その結果、降圧薬を開始した高齢者の骨折リスクは年間100人あたり5.4人で、対照群の2.2人よりも大幅に高かった。 [調整ハザード比(HR) 2.42 (95%CI 1.43~4.08)、100人年あたりの調整過剰リスク 3.12 (95%CI 0.95~6.78)]

 さらに、特定のサブグループで、降圧薬の使用によるとくに高い骨折リスクが示された。▼認知症[HR 3.28 (95%CI 1.76~6.10)]、▼収縮期血圧 140mmHg以上[HR 3.12 (95%CI 1.71~5.69)]、拡張期血圧 80mmHg以上[HR 4.41 (95%CI 1.67~11.68)]、▼降圧薬中止[HR 4.77 (95%CI 1.49~15.32)]のそれぞれのサブグループで高い数値が示された。

 「転倒による骨折は、とくに介護施設の入居者にとって悪循環につながることが多い。股関節骨折を経験した患者のおよそ40%が、翌年以内に死亡したという報告がある」と、同大学大学医療研究・政策・経済センターの学術ディレクターであるChintan Dave氏は言う。

 「多くの患者にとって高血圧の治療はメリットがあるが、介護施設の入居者の70%が降圧薬を使用しており、投薬を開始するときには注意深く観察する必要がある」としている。

 同大学の別の研究によると、降圧薬が転倒の原因の多くを占めており、薬の量を減らしたり、標準的な血圧管理を行うなどサポートを改善すれば、この問題を軽減できる可能性がある。

Blood Pressure Drugs More Than Double Bone-Fracture Risk in Nursing Home Patients (ラトガース大学 2024年5月15日)
Antihypertensive Medication and Fracture Risk in Older Veterans Health Administration Nursing Home Residents (JAMA Internal Medicine 2024年4月22日)

[ TERAHATA / 日本医療・健康情報研究所 ]

糖尿病・内分泌プラクティスWeb 糖尿病・内分泌医療の臨床現場をリードする電子ジャーナル

スポーツとメンタルヘルス関連ホルモン 骨格筋ホルモンの代謝への影響・関連
糖尿病合併高血圧のマネージメント CKD合併高血圧のマネージメント(生活習慣修正・降圧薬治療) 本態性高血圧と血管調節異常、神経調節異常、ナトリウム調節異常 内分泌性二次性高血圧アップデート
肥満の外科治療-減量・代謝改善手術の最新エビデンス- 甲状腺結節の診断・経過観察の最新エビデンス 原発性アルドステロン症治療の最新エビデンス
糖尿病の各薬剤を処方する時に最低限注意するポイント(経口薬) 糖尿病関連デジタルデバイスのエビデンスと使い方 血糖推移をみる際のポイント!~薬剤選択にどう生かすか~ 1型糖尿病の治療選択肢(インスリンポンプや持続血糖測定器など)
タンパク質とアミノ酸の代謝 脂質の代謝 糖代謝の調節機構

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新ニュース記事

よく読まれている記事

関連情報・資料