2024年6月14日(金) 〜 2024年6月15日(土)
  • 東京

第30回日本糖尿病眼学会総会

会 期

2024年6月14日(金)・15日(土)

会 場

赤坂インターシティコンファレンス
〒107-0052 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 3F・4F

テーマ

QOV(Quality of View) を維持する糖尿病網膜症治療

会 長

井上 真(杏林大学医学部 眼科学教室)

内 容

連絡先

学会事務局
杏林大学医学部眼科学教室
〒181-8611 東京都三鷹市新川6-20-2
事務局長:厚東 隆志
運営事務局
(株)JTBコミュニケーションデザイン 事業共創部
コンベンション第二事業局内事務局
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町2-1-25 JTBビル8階
TEL: 06-4964-8869 FAX: 06-4964-8804
Email:jsod30@jtbcom.co.jp

主 催

日本糖尿病眼学会総会

おすすめ情報

日臨内「かかりつけ医のためのWEB講座」 〜スペシャリストがジェネラリストになるために〜

開催日:2024年2月29日(木)19:30~21:15

第8回 CDEオンラインセミナー TrendLine

開催日:2024年3月13日(水)19:00~21:00

糖尿病・内分泌プラクティスWeb 糖尿病・内分泌医療の臨床現場をリードする電子ジャーナル

糖尿病関連デジタルデバイスのエビデンスと使い方 糖尿病の各薬剤を処方する時に最低限注意するポイント(経口薬) 血糖推移をみる際のポイント!~薬剤選択にどう生かすか~
妊婦の糖代謝異常(妊娠糖尿病を含む)の診断と治療 糖尿病を有する女性の計画妊娠と妊娠・分娩・授乳期の注意点 下垂体機能低下症、橋本病、バセドウ病を有する女性の妊娠・不妊治療
インスリン・GLP-1受容体作動薬配合注 GIP/GLP-1受容体作動薬(チルゼパチド) CGMデータを活用したインスリン治療の最適化 1型糖尿病のインスリン治療 2型糖尿病のインスリン治療 最新インスリン注入デバイス(インスリンポンプなど)
肥満症治療薬としてのGLP-1受容体作動薬 肥満症患者の心理とスティグマ 肥満2型糖尿病を含めた代謝性疾患 肥満症治療の今後の展開
2型糖尿病の第1選択薬 肥満のある2型糖尿病の経口薬 高齢2型糖尿病の経口薬 心血管疾患のある2型糖尿病の経口薬

医薬品・医療機器・検査機器

糖尿病診療・療養指導で使用される製品を一覧で掲載。情報収集・整理にお役立てください。

一覧はこちら

最新ニュース記事

よく読まれている記事

関連情報・資料