糖尿病リソースガイド 2018年に読まれた記事ランキング・ベスト25

 2018年に公開した「糖尿病リソースガイド」の記事のうち、ページビューが上位の25の記事をご紹介します。
 SGLT2阻害薬が心不全などを低下させるというエビデンスが発表され注目されました。SGLT2阻害薬の使用は高齢者においても、懸念されていたよりも安全性も有効性も高いことが証明されつつあります。DPP-4阻害薬やSGLT2阻害薬をベースとする配合薬の利便性にも高い関心が寄せられました。

1 2型糖尿病治療薬「スージャヌ配合錠」発売 DPP-4阻害薬とSGLT2阻害薬の配合剤
MSDとアステラス

2 『インスリン製剤・インクレチン関連薬・SGLT2阻害薬 早見表2018』を公開

3 「CKD診療ガイドライン2018」を発表
糖尿病性腎臓病(DKD)など新概念を盛り込み5年ぶりに改訂 日本腎臓学会

4 SGLT2阻害薬が糖尿病による腎臓病の進行を抑制 新たな機序を解明

5 SGLT2阻害薬「フォシーガ」が2型糖尿病患者の心不全による入院または心血管死を有意に減少 DECLARE試験

6 「ヒューマログ注ミリオペンHD」発売
ディスポーザブルタイプのインスリン製剤で初めて0.5単位刻みで投与量調節が可能に

7 SGLT2阻害剤「フォシーガ」の心血管ベネフィットを検討
全死亡・心不全入院・心筋梗塞・脳卒中のリスク低下を示唆

8 「トラゼンタ」が成人2型糖尿病患者で長期的な心血管安全性を示す
「CARMELINA」試験の主要評価項目を達成

9 ADA/EASDが2型糖尿病の高血糖管理に関する推奨を改訂

10 インスリンポンプ「ミニメド 640G」を発売
低血糖を予測しインスリン注入を中断し、回復後に自動再開する機能を搭載 日本メドトロニック

11 日本初のDPP-4阻害薬とSGLT2阻害薬の配合薬 「スージャヌ配合錠」承認取得

12 SGLT2阻害薬「フォシーガ」 1型糖尿病に対する治療薬としての適応を追加申請 アストラゼネカ

13 週1回投与のGLP-1アナログ「セマグルチド」 2型糖尿病治療薬として承認

14 痩せていても糖尿病 痩せ型インスリン抵抗性の機序を解明
糖取り込み低下に関わるアンジオテンシン受容体をATRAPで抑制

15 GLP-1受容体作動薬「セマグルチド」と「デュラグルチド」を比較
「SUSTAIN 7」試験結果

16 「スタチン」「フィブラート」併用の原則禁忌が解除
腎機能低下患者でも両剤の併用が可能に

17 メトホルミンの血圧降下作用を解明
腎臓で塩の再吸収を低下させ塩分排泄を増加

18 2型糖尿病の治療薬「SGLT2阻害薬」の新たな効果
カナグリフロジンがNASHおよびNASH肝がんの発症を遅延・抑制

19 SGLT2阻害薬「フォシーガ」の心不全に関する国際開発プログラム

20 2型糖尿病治療用配合剤「トラディアンス配合錠AP/BP」承認取得
DPP-4阻害薬とSGLT2阻害薬の配合剤

21 SGLT2阻害薬「フォシーガ」が1型糖尿病に対する治療薬に
「DEPICT」試験で可能性が示される

22 次世代の2型糖尿病治療薬「Imeglimin」
ミトコンドリアの機能を改善 日本での第3相試験の登録を完了

23 HbA1c小型分析装置「A1c iGear Quick S」発売 5分で測定、重量3kgで小型 三和化学研究所

24 SGLT2阻害薬「イプラグリフロジン」 日本で1型糖尿病の適応を追加申請

25 DPP-4阻害薬「トラゼンタ」のCARMELINA試験の結果を発表
プラセボと同等の心血管および腎アウトカムへの長期の安全性を示す

[Terahata]

関連ニュース

2019年04月04日
「糖尿病標準診療マニュアル」第15版(一般診療所・クリニック向け)を公開 日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会
2019年04月04日
受動喫煙がCKDの発症を増やす 週に3日未満でもリスクは1.44倍に上昇
2019年04月04日
腎機能障害が2型糖尿病リスクを上昇させる 腎疾患と糖尿病の相互関係を解明
2019年04月04日
性腺機能低下症へのテストステロン療法は2型糖尿病予防に有用か
2019年03月28日
慢性腎臓病の早期診断に「D-セリン」が有用 糸球体ろ過量と強く相関 医薬基盤・健康・栄養研究所
2019年03月28日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」 1型糖尿病に対する効能・効果の追加承認を日本で取得
2019年03月28日
肥満による基礎代謝低下の分子メカニズムを解明 肥満や2型糖尿病、脂肪肝の新たな治療法の開発へ 広島大学
2019年03月28日
京都大学などが「薬剤師教育プログラム」の開発へ 糖尿病患者の病態改善に薬剤師が積極的に関与
2019年03月28日
妊娠糖尿病女性は産後の心血管イベントリスクが高い
2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶