ADA/EASDが2型糖尿病の高血糖管理に関する推奨を改訂

 米国糖尿病学会(ADA)と欧州糖尿病学会(EASD)による2型糖尿病の高血糖管理に関するコンセンサス文書が改訂され、「Diabetes Care」10月5日オンライン版に掲載された。

 英レスター大学のMelanie J. Davies氏らは、今回の改訂で短期的、長期的に糖尿病の合併症を抑制し、患者のQOL(生活の質)を向上させることが、2型糖尿病患者の血糖管理の目的であることや患者中心の医療の重要性を強調している。

 今回の改訂では、2型糖尿病患者には、さらに生活習慣を是正し、自己管理教育の支援を強化することが盛り込まれた。例えば、肥満を合併した2型糖尿病患者に対しては、生活習慣の是正、薬物治療や肥満手術などによる減量の重要性が強調された。

 また、臨床的に心血管疾患を有する患者に対しては、心血管系へのベネフィットが実証されているSGLT2阻害薬やGLP-1受容体作動薬を第一選択することが推奨された。さらに、慢性腎臓病や心不全、アテローム性動脈硬化疾患を合併した患者にはSGLT2阻害薬を使用することとされた。なお、注射薬としてはインスリンよりもGLP-1受容体作動薬を優先するとされている。

 ADAのWilliam T. Cefalu氏は「今回のEASDとのコンセンサス文書を通じて、このパラダイム・シフトを最も論理的かつ適切な治療法のさらなるステップとして提唱することを誇りに思う」と談話の中で述べている。同氏は「2型糖尿病患者がわれわれ医師に求めているのは、多くの予後因子を考慮しながら、できる限り多くの患者のQOL向上と寿命の延伸を図ることだ」と付け加えている。なお、コンセンサス文書の数名の著者は製薬企業や医療機器メーカーとの利益相反(COI)に関する情報を開示している。

[HealthDay News 2018年10月10日]

関連情報

Copyright © 2018 HealthDay. All rights reserved.
[Terahata]

関連ニュース

2019年01月09日
「高齢者肥満症診療ガイドライン2018」を公開 認知症やADL低下の観点を付加 日本老年医学会
2019年01月09日
「サーキットトレーニング」が効果的な運動法に 2型糖尿病発症率を最大で40%低下 国立健康・栄養研究所とカーブスジャパンが共同研究
2019年01月07日
糖尿病リソースガイド 2018年に読まれた記事ランキング・ベスト25
2018年12月28日
「劇症1型糖尿病」に関与する遺伝子を全ゲノム解析で世界ではじめて特定 日本糖尿病学会1型糖尿病委員会がオールジャパン体制で実施
2018年12月28日
「糖尿病リスク予測ツール」を公開 3年後の糖尿病発症リスクを予測
2018年12月27日
糖尿病の自己管理をアドバイスするアプリが低血糖・高血糖のリスクを低減 アセンシアの血糖自己測定システム用アプリ「CONTOUR DIABETES」
2018年12月27日
「腎機能が低下した患者」に誤った量の薬を提供 医療機能評価機構が注意喚起
2018年12月27日
若年1型糖尿病患者のQOLに影響する因子とは?
2018年12月25日
SGLT2阻害薬「スーグラ錠」 日本で1型糖尿病に適応拡大
2018年12月25日
高体重が慢性腎不全(CKD)患者の短期予後の予測因子に 糖尿病では肥満のメリットは減弱 2万6,000人を調査

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶