糖尿病情報スクランブル

糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント

加藤光敏 先生(加藤内科クリニック院長)

糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント

服薬指導を行う際は、患者さんのさまざまな訴えに対して、わかりやすい言葉で的確に指導することが大切です。そのためには、治療薬の特徴を理解し、病態に適した選択を行わなければなりません。

このコーナーでは、日本糖尿病学会認定専門医であり、同学会の認定指導医でもある、加藤内科クリニック院長の加藤光敏先生に、ご自身の知識と経験を踏まえた服薬指導のポイントを、わかりやすく解説していただきます。

ここでは、糖尿病医療に携わる医療スタッフ向けのニュースレター『医療スタッフのための糖尿病情報BOX&Net.』(監修・企画協力:糖尿病治療研究会、提供:三和化学研究所、企画・編集・発行:糖尿病ネットワーク編集部)で連載中の糖尿病治療薬の解説コーナーをご紹介します。種類の多い糖尿病薬の解説が、わかりやすくコンパクトにまとめられていると読者にたいへん好評で、さらに多くの方のご参考にしていただきたく、掲載の運びとなりました。年4回発行されるニュースレター発行月中旬に、ニュースレターのPDFとともに、連載のアップデートを行う予定です。乞うご期待ください!

筆者略歴

加藤 光敏 先生

加藤内科クリニック院長
加藤内科クリニックホームページ

昭和56年3月 東京慈恵会医科大学卒業
昭和60年3月 慈恵医大・大学院博士課程卒業、慈恵医大内科助手
昭和60年5月 医学博士号授与(糖尿病・高血圧合併ラットの心筋代謝研究)
昭和60年10月 カナダ・オタワ大学医学部 留学
昭和62年11月 2年留学の後 カナダより帰国
平成4年5月 北京大学にて招待講演
平成4年9月 ドイツ・マールブルグ大学にて招待講演
平成5年3月 東京慈恵会医科大学・内科講師
平成6年5月 カナダにて学会招待座長
平成8年11月 加藤内科クリニック開院・院長
平成20年~2年間 日本糖尿病療養指導士認定機構広報委員長
平成24年5月 東京都糖尿病協会副会長

資格等

日本糖尿病学会専門医・指導医・評議員、日本循環器学会認定専門医、日本循環器学会地方会・評議員、日本適応医学会・評議員、葛飾糖尿病医会会長、ヨーロッパ糖尿病学会員、日本内科学会認定医、日本医師会認定スポーツ医、日本病態栄養学会・評議員、前Human and Experimental TOXICOLOGY編集委員、日本温泉気候物理医学会・専門医、等