モデルナのCOVID-19ワクチンの第1相試験の中間結果 被験者全員が抗体を獲得 試験データをNEJMに掲載

 米バイオ医薬ベンチャーのモデルナは、開発中の新型コロナウイルスワクチン(mRNAワクチン)の第1相試験の中間結果で、被験者全員が抗体を獲得したと発表した。
3万人規模の第3相試験も急ピッチで準備
 米バイオ医薬ベンチャーのモデルナは、米国立衛生研究所(NIH)と共同で新型コロナウイルスワクチン(mRNAワクチン)の開発を進めており、ワクチン候補の「mRNA-1237」を使った第1相臨床試験で、被験者全員に抗体反応を確認したと発表した。

 第1相試験の結果は「ニューイングランド ジャーナル オブ メディシン(NEJM)」に掲載された。米国で開発中のワクチンについて、試験の結果が査読済みの医学誌に掲載されたのは今回がはじめて。

 初期段階の安全性試験では、18~55歳の健康な成人45人を対象に、mRNA-1237を28日間隔で2回投与。25μg、100μg、250μgの3つの用量を投与した。

 その結果、被験者全員で「mRNA-1237」により抗体反応が引き起こされていることが示され、SARS-CoV-2に感染して回復した人と同等のレベルで、ウイルスに対する中和抗体ができていることが示された。

 中和抗体の産生がそのままワクチンの有効性を実証するものではないが、試験での初期段階の重要なステップと受け止められている。

 T細胞反応も評価しており、「mRNA-1273」の2回目の接種後、Th2バイアスCD4 T細胞の応答を有意に上昇させることなく、Th1バイアスCD4 T細胞応答を誘発することが示された。

 100µg用量で2回目のワクチン接種後に報告された有害事象は、疲労感(80%)、悪寒(80%)、頭痛(60%)、筋肉痛(53%)で、いずれも一過性で軽度または中程度だった。局所有害事象は、注射部位の痛み(100%)であり、これも一過性で軽度または中程度だった。

 「mRNA-1273」の第2相試験は、18〜55歳の健康な成人(n=300)と55歳以上の高齢者(n=300)を対象に予定されており、登録は既に完了している。第2相試験では、50μgまたは100μgの投与量で、ワクチン接種を28日間隔で2回行った場合の安全性、反応性、抗体獲得を評価する。

 同社は第3相試験の準備も進めており、米国食品医薬品局(FDA)が定めたCOVID-19ワクチン開発のための臨床試験デザインに関するガイダンスに沿って実施する予定。

 第3相試験は全米の87地点で約3万人の登録を見込んでおり、主要評価項目は症候性COVID-19の予防、副次的評価項目は重度COVID-19(入院の必要性がある)の予防、およびSARS-CoV-2による感染の予防としている。

 同社は、研究がすべて順調に進んだ場合、2021年から年間約5億回、最大で年間約10億回の投与を実現するため、ワクチン量産の準備を進めている。

モデルナ
An mRNA Vaccine against SARS-CoV-2 -- Preliminary Report(New England Journal of Medicine 2020年7月14日)

関連情報

[Terahata]

関連ニュース

2020年07月31日
2型糖尿病を適応症とした「イメグリミン塩酸塩」の承認申請 ミトコンドリアの機能を改善
2020年07月31日
COVID-19に対するmRNAワクチンの第2/3相試験を開始 世界120ヵ所で3万人規模の治験 ファイザーとBioNTech
2020年07月30日
SGLT2阻害薬を使用している2型糖尿病患者でケトアシドーシスのリスクが3倍に上昇 41万例超を調査
2020年07月29日
自然発症型糖尿病モデルマウスの作製に成功 膵臓再生医療の新しい移植モデル動物として期待
2020年07月29日
摂食抑制ペプチド「コレシストキニン」と「レプチン」の相互作用を解明 肥満症の新たな治療薬の開発に期待
2020年07月29日
ステロイド薬「デキサメタゾン」が国内2例目の正式なコロナ治療薬に 厚労省「COVID-19 診療の手引き」に追加
2020年07月22日
COVID-19 唾液を使うPCR検査と抗原定量検査を無症状者にも拡大 簡単で30分で結果が判明
2020年07月22日
COVID-19ワクチンの第1/2相試験の中間結果 被験者全員で強固な免疫反応 オックスフォード大とアストラゼネカ
2020年07月21日
糖尿病研究助成プログラムを募集「ベーリンガー/リリー糖尿病研究助成プログラム」 8月末日まで 日本糖尿病財団
2020年07月16日
糖尿病未診断のCOVID-19患者の空腹時高血糖は死亡リスクの上昇と関連 高血糖への早期介入が転帰を改善する可能性 中国・武漢から新たな報告

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶