ステロイド薬「デキサメタゾン」が国内2例目の正式なコロナ治療薬に 厚労省「COVID-19 診療の手引き」に追加

 厚生労働省は7月21日に、「新型コロナウイルス感染症COVID-19 診療の手引き 第2.2版」を公開し、ステロイド薬の「デキサメタゾン」を、日本国内で承認されている医薬品として追加した。5月に特例で承認した抗ウイルス薬「レムデシビル」に続き、国内で2例目の正式なコロナ治療薬となった。
デキサメタゾンがCOVID-19重症例に有効
 「デキサメタゾン」は、合成副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)で、抗炎症作用、抗アレルギー作用、免疫抑制作用など、広範囲にわたる作用がある。1960年代から使用されており、後発薬もあり低価格で手に入りやすい。

 手引きでは、同剤について英オックスフォード大学や英国立衛生研究所(NIHR)などが主導した非盲検ランダム化比較試験「RECOVERY」の結果を紹介している。

 「New England Journal of Medicine (NEJM)」に7月17日に掲載された論文によると、新型ウイルス感染症が重症化し呼吸補助が必要になった患者に対するデキサメタゾン投与により、死亡リスクが低下した。

 「RECOVERY」では、デキサメタゾン1日1回6mg(経口または静脈内注射)で最大10日間投与したデキサメタゾン群2,104例(平均年齢 66.9±15.4歳)と、標準治療群4,321例(平均年齢 65.8±15.8歳)にランダムに割り付けて、治療効果を比較した。

 主要評価項目である、治療開始28日後の全死亡率は、デキサメタゾン群22.9%(482例)、標準治療群25.7%(1,110例)で、死亡率を有意に低下させた(年齢調整率リスク比(RR): 0.83、95%CI: 0.75-0.93、P<0.001)。

 さらに、人工呼吸器を装着している患者の死亡率は29.3%対41.4%(RR: 0.64、95%CI: 0.51-0.81)、酸素投与のみを受けている患者の死亡率は23.3%対26.2%(RR: 0.82、95%CI: 0.72-0.94)となり、いずれもデキサメタゾン群で有意に低下した。

 一方で、酸素投与の必要のない患者では、患者の死亡率は17.8%対14.0%となり、有意差は認められなかった(RR: 1.19、95%CI: 0.91-1.55)。

 副次評価項目として、デキサメタゾン群は標準治療群より入院期間が短く(平均入院日数:12日対13日)、28日以内の退院の可能性が高かった(RR: 1.10、95%CI: 1.03-1.17)。この最大因子は侵襲的人工呼吸器管理だった。

 「デキサメタゾンが、酸素治療を必要とする重症患者の生存率を高める利益は大きく、COVID-19における標準治療になる可能性がある。呼吸補助の必要がない患者に対する効果は確認されなかったものの、同薬は安価ですでに幅広く利用されているのは素晴らしい」と、RECOVERY主席調査委員であるオックスフォード大学のMartin Landray氏は述べている。

関連情報

[Terahata]

関連ニュース

2021年02月09日
患者さんの2人に1人がインスリン注射の「打ち忘れ」を経験 ネットワークアンケートより
2021年02月09日
【新型コロナ】ワクチン接種の希望は説明の仕方によって増減 丁寧に説明すれば接種希望を高められる可能性
2021年02月09日
【新型コロナ】日本医師会と日本循環器連合が心血管病診療に関する緊急声明を発表 「治療中断や受診控えで重症化する患者が増えている」
2021年02月09日
後期高齢の心疾患患者の腎機能を維持するために 身体活動量を高めて心不全悪化による再入院を予防 外来心臓リハビリが有効な治療介入に
2021年02月05日
世界初の経口投与できるGLP-1受容体作動薬「リベルサス錠」 2型糖尿病治療薬として発売 新たな治療オプションを提供
2021年02月03日
糖尿病・慢性腎臓病患者に対するSGLT-2阻害薬とGLP-1受容体作動薬の予防効果の違いを発見 SGLT-2阻害薬は心血管・腎イベントを有意に減少
2021年02月03日
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する包括的な検査ソリューションを拡充 測定時間が15分の迅速抗原検査キットなど アボット
2021年02月03日
【新型コロナ】1回接種で効果のあるCOVID-19ワクチンの第3相試験中間解析を発表 重症疾患への予防効果は85% ジョンソン・エンド・ジョンソン
2021年02月02日
【新型コロナ】コロナ禍での自殺率は女性・子供・青年を中心に上昇 経済・生活面でのダメージが大きい人の自殺動向を注視する必要が
2021年02月02日
認知機能の低下した患者の顔は人工知能(AI)により見分けられる 認知症の早期診断を促す新たな検査法の開発へ

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶