糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント

第37回 糖尿病腎症の進展抑制が期待される
「注射製剤」

加藤光敏 先生(加藤内科クリニック院長)

筆者について

初出:医療スタッフのための『糖尿病情報BOX&Net.』No. 63(2020年1月1日号)

 今回は糖尿病腎症の進展抑制が証明された「注射薬」です。

GLP-1受容体作動薬デイリー製剤における腎症抑制エビデンス

 LEADER試験は、心血管イベントハイリスク2型糖尿病患者9,340人を3.5〜5年間追跡しリラグルチド(ビクトーザⓇ)使用の有無で評価したものです。実薬群では、腎臓に関しては顕性アルブミン尿、血清クレアチニンの倍増、透析などの末期腎不全、腎死亡のいずれかの発生は22%の有意なリスク低下でした(文献1)。なお3-point MACE(心血管死、非致死性心筋梗塞または非致死性脳卒中)で13%、全死亡15%、心血管死単独22%の有意なリスク低下でした(文献2)。

GLP-1受容体作動薬週1回製剤における腎症抑制エビデンス

 もう一つ腎症進展抑制効果が確認されている薬剤は、日本では現在製造承認のセマグルチド(オゼンピックⓇ)で、大規模臨床試験結果は「SUSTAIN 6」として報告されています(文献3)。2型糖尿病患者3,297人、主として年齢50歳以上で心血管疾患、またはStage 3以上の慢性腎臓病症例を対象に、セマグルチド0.5mgか1.0mgを週1回皮下注射、104週間使用されました。その結果、糖尿病腎症の新規出現または悪化は36%(p=0.005)低下でした。また主要心血管イベントリスクは26%、非致死性脳卒中リスクが39%有意に低下、非致死性心筋梗塞のリスクは有意では無いが26%低下でした。 もう一つの週一製剤の臨床試験は9,901例の7割が心血管病変の既往がない一次予防と、実臨床に近い症例のREWIND試験。デュラグルチド(トルリシティⓇ)1.5mgを週1回皮下注射(日本では0.75mgのみ)するもので、腎臓関連ではベースラインからeGFRの30%超の持続低下、透析・腎移植では有意ではないものの、新規顕性アルブミン尿(UACR>33.9mg/mmol)の初回発現では23%の低下(P<0.0001)を認めました(文献4)。

おわりに

 糖尿病性腎症進展抑制作用としては、血糖降下作用、体重減少以外に、抗酸化作用、酸化ストレス低減、血管内皮細胞保護などの総合作用といわれています。現在、非糖尿病例でも腎症進展を抑制するのではと検討されていますが、適応は2型糖尿病ですので、拡大使用はできません。

参考文献

  • 1) Mann JFE et al. N Engl J Med. 377;839-848, 2017
  • 2) Marso SP et al. N Engl J Med. 375;311-322, 2016
  • 3) Marso SP et al. N Engl J Med. 375;1834-1844, 2016
  • 4) Gerstein HC et al. Lancet. 394;131-138, 2019

※記事内容、プロフィール等は発行当時のものです。ご留意ください。

糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント 目次

2021年04月21日
病院向け血糖測定器「アキュチェックガイドワン」を発売 シンプルな操作性でスムーズな測定をサポート ロシュDCジャパン
2021年04月21日
【新型コロナ】新型コロナウイルスを5分以内に検出 超高感度・世界最速で検出する革新的技術を開発 理研・東京大・京都大
2021年04月21日
【新型コロナ】COVID-19診療に従事する医療関係者が直面しているストレスを解明 パンデミックの非常時には「同居者の存在」が危険因子に
2021年04月16日
骨粗鬆症治療薬「ラロキシフェン」や糖尿病治療薬「ピオグリタゾン」に新型コロナウイルスに対する抗ウイルス作用 京大iPS研や理研などが発見
2021年04月16日
骨粗鬆治療薬「クロドロン酸」が非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に対する新たな治療薬に ドラッグリポジショニングにより発見
2021年04月16日
インスリン発見100周年の節目に新プロジェクトを開始 オリジナルコンテンツを順次公開 ノボ ノルディスク ファーマ
2021年04月16日
アフリベルセプトが非増殖糖尿病網膜症の進行リスクを抑制
2021年04月13日
「高齢者糖尿病治療ガイド2021」を発行 日本糖尿病学会・日本老年医学会
2021年04月13日
糖尿病性腎症による腎不全のストッパーとなる治療法を発見 タンパク尿の段階でNMNを投与 長期的に腎症抑止をもたらす可能性
2021年04月13日
インスリン注射で問題視される皮膚合併症「インスリンボール」 インスリン注射部位に形成される皮下腫瘤
糖尿病プラクティス