糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント

第37回 糖尿病腎症の進展抑制が期待される
「注射製剤」

加藤光敏 先生(加藤内科クリニック院長)

筆者について

初出:医療スタッフのための『糖尿病情報BOX&Net.』No. 63(2020年1月1日号)

 今回は糖尿病腎症の進展抑制が証明された「注射薬」です。

GLP-1受容体作動薬デイリー製剤における腎症抑制エビデンス

 LEADER試験は、心血管イベントハイリスク2型糖尿病患者9,340人を3.5〜5年間追跡しリラグルチド(ビクトーザⓇ)使用の有無で評価したものです。実薬群では、腎臓に関しては顕性アルブミン尿、血清クレアチニンの倍増、透析などの末期腎不全、腎死亡のいずれかの発生は22%の有意なリスク低下でした(文献1)。なお3-point MACE(心血管死、非致死性心筋梗塞または非致死性脳卒中)で13%、全死亡15%、心血管死単独22%の有意なリスク低下でした(文献2)。

GLP-1受容体作動薬週1回製剤における腎症抑制エビデンス

 もう一つ腎症進展抑制効果が確認されている薬剤は、日本では現在製造承認のセマグルチド(オゼンピックⓇ)で、大規模臨床試験結果は「SUSTAIN 6」として報告されています(文献3)。2型糖尿病患者3,297人、主として年齢50歳以上で心血管疾患、またはStage 3以上の慢性腎臓病症例を対象に、セマグルチド0.5mgか1.0mgを週1回皮下注射、104週間使用されました。その結果、糖尿病腎症の新規出現または悪化は36%(p=0.005)低下でした。また主要心血管イベントリスクは26%、非致死性脳卒中リスクが39%有意に低下、非致死性心筋梗塞のリスクは有意では無いが26%低下でした。 もう一つの週一製剤の臨床試験は9,901例の7割が心血管病変の既往がない一次予防と、実臨床に近い症例のREWIND試験。デュラグルチド(トルリシティⓇ)1.5mgを週1回皮下注射(日本では0.75mgのみ)するもので、腎臓関連ではベースラインからeGFRの30%超の持続低下、透析・腎移植では有意ではないものの、新規顕性アルブミン尿(UACR>33.9mg/mmol)の初回発現では23%の低下(P<0.0001)を認めました(文献4)。

おわりに

 糖尿病性腎症進展抑制作用としては、血糖降下作用、体重減少以外に、抗酸化作用、酸化ストレス低減、血管内皮細胞保護などの総合作用といわれています。現在、非糖尿病例でも腎症進展を抑制するのではと検討されていますが、適応は2型糖尿病ですので、拡大使用はできません。

参考文献

  • 1) Mann JFE et al. N Engl J Med. 377;839-848, 2017
  • 2) Marso SP et al. N Engl J Med. 375;311-322, 2016
  • 3) Marso SP et al. N Engl J Med. 375;1834-1844, 2016
  • 4) Gerstein HC et al. Lancet. 394;131-138, 2019

※記事内容、プロフィール等は発行当時のものです。ご留意ください。

糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント 目次

2020年09月25日
【新型コロナ】6月時点での神奈川県内65医療機関のSARS-CoV-2抗体陽性率は2.4% 神奈川県内科医学会
2020年09月24日
週1回投与のインスリンアナログ「insulin icodec」の第2相試験の結果 2型糖尿病患者に有効で忍容性も良好 EASD2020で発表
2020年09月24日
救急・集中治療領域におけるバイオマーカーの有用性と今後の展望
2020年09月24日
握力は糖尿病発症リスクの独立した予測因子 簡便で低コストな臨床ツールに
2020年09月24日
【新型コロナ】COVID-19では高齢、慢性腎臓病に加え、高尿酸血症・痛風が死亡のリスクに 首都圏345症例の解析により解明
2020年09月24日
【新型コロナ】「アビガン錠」が新型コロナウイルス感染症患者を対象とした国内第3相試験で主要評価項目を達成
2020年09月17日
2型糖尿病治療薬「メトホルミン」の後発薬を自主回収(クラスI) 管理指標を超えた発がん性物質を検出
2020年09月17日
ジャディアンスが心不全などによる入院リスクを25%減少 2型糖尿病合併の有無を問わない左室駆出率が低下した心不全患者が対象のP3試験
2020年09月17日
重症低血糖を経験した2型糖尿病患者は転倒リスクが2倍以上に ARIC研究
2020年09月17日
【新型コロナ】製薬9社がワクチン開発では安全性を最優先すると共同声明 アストラゼネカのワクチン候補の治験は一時停止
糖尿病プラクティス