糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント

第37回 糖尿病腎症の進展抑制が期待される
「注射製剤」

加藤光敏 先生(加藤内科クリニック院長)

筆者について

初出:医療スタッフのための『糖尿病情報BOX&Net.』No. 63(2020年1月1日号)

 今回は糖尿病腎症の進展抑制が証明された「注射薬」です。

GLP-1受容体作動薬デイリー製剤における腎症抑制エビデンス

 LEADER試験は、心血管イベントハイリスク2型糖尿病患者9,340人を3.5〜5年間追跡しリラグルチド(ビクトーザⓇ)使用の有無で評価したものです。実薬群では、腎臓に関しては顕性アルブミン尿、血清クレアチニンの倍増、透析などの末期腎不全、腎死亡のいずれかの発生は22%の有意なリスク低下でした(文献1)。なお3-point MACE(心血管死、非致死性心筋梗塞または非致死性脳卒中)で13%、全死亡15%、心血管死単独22%の有意なリスク低下でした(文献2)。

GLP-1受容体作動薬週1回製剤における腎症抑制エビデンス

 もう一つ腎症進展抑制効果が確認されている薬剤は、日本では現在製造承認のセマグルチド(オゼンピックⓇ)で、大規模臨床試験結果は「SUSTAIN 6」として報告されています(文献3)。2型糖尿病患者3,297人、主として年齢50歳以上で心血管疾患、またはStage 3以上の慢性腎臓病症例を対象に、セマグルチド0.5mgか1.0mgを週1回皮下注射、104週間使用されました。その結果、糖尿病腎症の新規出現または悪化は36%(p=0.005)低下でした。また主要心血管イベントリスクは26%、非致死性脳卒中リスクが39%有意に低下、非致死性心筋梗塞のリスクは有意では無いが26%低下でした。 もう一つの週一製剤の臨床試験は9,901例の7割が心血管病変の既往がない一次予防と、実臨床に近い症例のREWIND試験。デュラグルチド(トルリシティⓇ)1.5mgを週1回皮下注射(日本では0.75mgのみ)するもので、腎臓関連ではベースラインからeGFRの30%超の持続低下、透析・腎移植では有意ではないものの、新規顕性アルブミン尿(UACR>33.9mg/mmol)の初回発現では23%の低下(P<0.0001)を認めました(文献4)。

おわりに

 糖尿病性腎症進展抑制作用としては、血糖降下作用、体重減少以外に、抗酸化作用、酸化ストレス低減、血管内皮細胞保護などの総合作用といわれています。現在、非糖尿病例でも腎症進展を抑制するのではと検討されていますが、適応は2型糖尿病ですので、拡大使用はできません。

参考文献

  • 1) Mann JFE et al. N Engl J Med. 377;839-848, 2017
  • 2) Marso SP et al. N Engl J Med. 375;311-322, 2016
  • 3) Marso SP et al. N Engl J Med. 375;1834-1844, 2016
  • 4) Gerstein HC et al. Lancet. 394;131-138, 2019

※記事内容、プロフィール等は発行当時のものです。ご留意ください。

糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント 目次

2020年02月14日
「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド」を公開 日本環境感染学会
2020年02月13日
「アスタキサンチン」がインスリン抵抗性を改善 骨格筋のミトコンドリア機能を高め糖尿病を改善することを発見
2020年02月13日
NAFLD併発2型糖尿病患者の医療費が今後20年で6兆円――米国の推計
2020年02月07日
新規の超速効型インスリン「フィアスプ注」発売 血糖降下作用の発現がより速い
2020年02月06日
「東京栄養サミット2020」を12月に開催 「栄養不良の二重負荷」も課題に
2020年02月06日
高齢1型糖尿病患者では重症低血糖が認知機能低下のリスク
2020年01月31日
【新型コロナウイルス感染症に備えて】 日本感染症学会・日本環境感染学会が「冷静な対応を」と呼びかけ
2020年01月31日
「オゼンピック」が心血管系リスク低下を適応として米国で承認 経口セマグルチドの「Rybelsus」の心血管系への安全性も確認
2020年01月30日
2型糖尿病治療薬「SGLT2阻害薬」の肝蔵での糖産生に与える影響はインスリン抵抗性の有無で異なる
2020年01月30日
幹細胞からダイレクトリプログラミング法で膵β細胞を作出 1型糖尿病の再生医療の開発を目指す 順天堂大学
4コマ劇場 糖尿病看護のあるある体験談