糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント

第7回 DPP-4阻害薬(1)

加藤光敏 先生(加藤内科クリニック院長)

筆者について

初出:医療スタッフのための『糖尿病情報BOX&Net.』No. 33(2012年7月1日号)

DPP-4阻害薬 シタグリプチン

 世界で最初のDPP-4阻害薬であるシタグリプチン(グラクティブ®、ジャヌビア®)は米国メルク社により創薬、2006年8月にメキシコで最初に承認、本邦では2009年12月に発売されました。私は新たな機序の薬であるだけに、糖尿病専門医として慎重に使い始めましたが、新薬としては非専門医も含めて非常に高い伸び率で処方されていることが話題になっています。

インクレチンとDPP-4

 食物の流入を感知して消化管から分泌されるインクレチン(グルカゴン様ペプチド-1[GLP-1: Glucagon- like peptide- 1]などの消化管ホルモン)は、分解酵素であるジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4:Dipeptidyl peptidase-4)により、体内では半減期2~3分という短い時間で分解されます。インクレチンは膵β細胞からのインスリン分泌を増強する作用を持ちますが、血糖値が下がるとインクレチンを介したインスリンの分泌が停止するため、単剤では低血糖が極めて起きにくいとされています。また、GLP-1は、胃内容の排出遅延、β細胞保護またグルカゴン分泌の抑制という、大変ユニークな作用も有しています。

服薬における患者指導のポイント

SU薬への追加での重症低血糖

 シタグリプチンは単独ではまず低血糖は起きませんが、SU薬を使用していて効果不十分の症例に、シタグリプチンを追加投与するケースがとても多いのが実情でした(文献1)。

 12月に発売されてから、 4月までに低血糖昏睡19例を含む64例の重症低血糖が報告され、日本糖尿病学会を中心に、対策のための「委員会」が迅速に発足し、

  1. 高齢者、
  2. 軽度腎機能低下、
  3. SU薬の高用量内服、
  4. SU薬ベースで他剤併用に重篤な低血糖が多く、
  5. 併用早期に出現すること

への警告が発せられました(文献2)。これにより、シタグリプチンを併用する際にはSU薬を減量することが徹底されたことが幸いして、その後、重症低血糖例の報告はほぼ無くなりました。しかし、今後もこのような点についての注意は欠かしてなりません。

SU薬以外との注意点

 SU薬の他、β遮断薬、サリチル酸剤、モノアミン酸化酵素阻害薬でも、血糖降下増強の恐れが相互作用として注意されています。その他シタグリプチン自体の副作用として、本剤は以前から指摘されている急性膵炎に対する注意に加え、2012年4月の添付文書改訂では腸閉塞、横紋筋融解症の注意喚起がなされており、これらを念頭において処方すべきと考えます。なお、海外ではメトホルミンとシタグリプチンの併用が多く、メトホルミンの下痢の副作用とシタグリプチンの便秘の副作用がうまく打ち消しあっているという興味深い臨床試験結果も出ています(文献3)。

まとめ

 DPP-4阻害薬は単独では低血糖を起こさず、実際に当院のCGMで調べた症例でもシタグリプチン投与後、食後を含めた1日の血糖変動が小さくなっています(文献4)。一般内科医でも、比較的良好なコントロールを目指せる症例を増やしたことは大いに評価されると思います。しかし、長期的有用性と副作用に関するデータの集積はこれからなので、安易な使用になっていないかなど慎重な処方姿勢が肝要です。2012年6月現在、日本で使用されているDPP-4阻害薬は4種類です。シタグリプチンの他、ビルダグリプチン、アログリプチン、リナグリプチンについては次号で紹介したいと思います。

参考文献

関連情報

※記事内容、プロフィール等は発行当時のものです。ご留意ください。

糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント 目次

2021年01月27日
【新型コロナ】コロナ禍でHbA1c検査の実施数が減った 透析予防やフットケアなども減少 患者の94%は「予定通り受診する」
2021年01月27日
呼気中のアセトンガスを精密に測定 糖尿病・肥満の診断などに応用 息を吹き込むだけで体脂肪の燃焼をモニタリング
2021年01月27日
「眩しくない眼底カメラ」の実用機を開発 近赤外光を光源に使用 大阪大学病院などで実用機を用いた検証を開始
2021年01月27日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 労働者の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月22日
膵β細胞が増殖するプロセスを一細胞レベルで解析するのに成功 β細胞再生など糖尿病の新規治療開発に期待
2021年01月22日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
低炭水化物食開始6ヵ月は糖尿病寛解率が有意に高い
2021年01月19日
老化細胞を選択的に除去する「GLS1阻害剤」 糖尿病・動脈硬化症・NASHの症状を改善 新たな抗加齢療法を開発 東大医科学研究所
2021年01月19日
スタチンに対する効果が減弱している症例で心不全リスクが増加 スタチンによるコレステロール低下作用が乏しい症例は15.2% 国循が調査
糖尿病プラクティス