糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント

第4回 グリニド系薬剤

加藤光敏 先生(加藤内科クリニック院長)

筆者について

初出:医療スタッフのための『糖尿病情報BOX&Net.』No. 30(2011年10月1日号)

本邦で開発されたナテグリニド

 日本人のインスリン分泌能は欧米人に比べて低いという特徴が知られています(文献1、2)。また日本人耐糖能異常者は、食後のインスリン分泌が血糖上昇に比べて遅い例が多いという重要な特徴があります。これを補うのがグリニド系薬剤で、短時間のインスリン分泌作用を持っています。

 グリニド系薬剤が初めて日本に登場したのは1999年、味の素(株)などにより共同開発された、α-フェニルアラニン誘導体のナテグリニド(ファスティック®、スターシス®、各々30mg/90mg。90mg錠で3錠/日が基本)です。現在、世界78の国と地域で承認・使用されています。

 発売直後に、当院で75gOGTTの直前にナテグリニド90mg服用と服用なしのクロスオーバー試験を施行したところ、服用群はインスリンの立ち上がりが明らかに早くなったことを認めました。発売前は「低血糖を来しにくい弱いSU薬」という認識でしたが、SU薬にありがちな次の食前の低血糖をきたし難いのみでなく、日本人2型糖尿病の弱点「インスリン初期分泌の遅延」が見事に改善され、期待した以上の驚きを感じたことを覚えています。

ミチグリニドについて

 2004年に発売されたミチグリニド(グルファスト5mg/10mg錠・3錠/日)は、キッセイ薬品工業(株)が開発したベンジルコハク酸誘導体。ナテグリニドより作用が強力とのことでしたが、憂慮された食後低血糖もみられませんでした。当院でも、ナテグリニドより血糖降下作用のやや強い薬剤の位置づけで使用しています。なお、当院で従来の薬から本剤への切り替えで効果を比較した60症例について、論文報告をしています(文献3)。

レパグリニドについて

 2011年5月、レパグリニド(シュアポスト®錠0.25mg/0.5mg錠・3錠/3日)が大日本住友製薬から発売されました。米国ではPrandin®、欧州ではNovoNorm®という名で販売されている薬剤で、90カ国以上で発売されています。日本では、2004年にノボ社から大日本住友製薬が開発・臨床治験を引き継ぎました。食事・運動療法か、食事・運動療法とα-GI併用で効果不十分の2型糖尿病が適応です。

配合剤についての新しい動き

 2011年7月、速効型インスリン分泌促進薬/食後過血糖改善配合剤「グルベス®配合錠」がキッセイ薬品から発売されました。これはミチグリニドカルシウム10mgとボグリボース0.2mgとの配合剤で、α-GIにより食後の糖吸収を穏やかにし、立ち上がりの遅いインスリンをグリニドで改善しようという組み合わせです。

服薬指導のポイント

 グリニド系薬剤は、食後の服用では効果が減弱することが分かっており、食前の服用が重要です。α-GIと同様に食直前の服薬指導が重要ですが、逆に20~30分前の服用では、低血糖の可能性があります。また各グリニド共に基本的にSU薬と同様の作用機序であり、従来のSU薬との併用や、SU薬から切り替えても有効性は発揮できません(文献3)。

 グルベス®配合錠は発売当初から長期投与が認められていますが、ドラックナイーブ(血糖降下薬不使用)症例への第一選択薬として開始することは認められておらず、

  1. グルファスト®10mg・3錠/日、ベイスン®0.2mg・3錠/日を同時服用で安定。
  2. これら2種どちらかの服薬では効果不十分な場合にグルベスに変更。

この条件で保険適応となる点に注意が必要です。

参考文献

関連情報

※記事内容、プロフィール等は発行当時のものです。ご留意ください。

2016年06月13日
SGLT2阻害薬で握力が向上 高齢者のサルコペニア対策に効果?
2016年06月10日
第76回米国糖尿病学会(ADA2016)開催間近 注目のセッションは?
2016年06月10日
足病診療の実態報告 診療科により診断・治療法・予後が異なる可能性
2016年06月09日
関節リウマチ患者の糖質コルチコイド服用で糖尿病リスクが1.48倍に [HealthDay News]
2016年06月02日
インスリン、IGF-1両受容体欠損に伴う脂肪組織の変化 [HealthDay News]
2016年06月01日
日本食で健康長寿を延ばせる 日本から世界へ「スローカロリー」を発信
2016年06月01日
糖尿病の人でも加入できる より少額の定期保険 糖尿病保険ミニ
2016年06月01日
営業成績と社会人2年目の苦悩 インスリンとの歩き方
2016年05月31日
SAP導入で生活が激変! 1型糖尿病患者さんの手記を公開
2016年05月30日
新制度「下肢救済加算」をわかりやすく解説 フットケア情報ファイル