私の糖尿病50年 糖尿病医療の歩み

64. 糖尿病と動脈硬化─高血糖は動脈硬化を促すか?─(1)

後藤由夫 先生(東北大学名誉教授、東北厚生年金病院名誉院長)

「私の糖尿病50年 糖尿病医療の歩み」は、2003年1月~2009年8月まで糖尿病ネットワークで
全64回にわたり連載し、ご好評いただいたものを再度ご紹介しています。

筆者について

1. 剖検糖尿病例の集計

 わが国では日本病理剖検輯報が1958年以来毎年発行されている。筆者らは学生や看護学生等の御協力によって。毎年発行される輯報から、糖尿病の病名のある症例を拾い上げてそれを所定事項を記入するカードに転記することを行ってきた。この作業は1985年まで継続することができたのは皆様の御協力の賜物と深く感謝している。

 日本病理剖検輯報から収集した糖尿病例について、われわれが推定した死因を1つにして集計したものが表1である。実際には死因を1つに絞ることは困難であるが、剖検輯報の限られた記載事項から1つにしたものである。1958より85年までの28年の間には、人口ピラミッドの変化などもあり、それによる影響、医療技術、治療法の進歩なども加味して評価しなければならないわけである。

 この表1の死因の変化では糖尿病昏睡、糖尿病の悪化による死亡が時代とともに減少しているのが目につく。また感染症とくに結核死が激減している。そして増加しているのは血管障害で、脳血管障害、冠動脈疾患死が増加している。悪性腫瘍も全体としては増加している。これらはすべて一次性糖尿病例の死因である。

表1 日本病理剖検輯報より収集した一次性糖尿病のおもな死因の年次推移(%)
日本病理剖検輯報より収集した一次性糖尿病のおもな死因の年次推移(%)

 さて、記載内容から二次性糖尿病と思われる症例を表2に示した。二次性と明記されていないので二次性糖尿病を起こす病変のある症例、たとえば膵石症、肝硬変、ステロイド糖尿病などは二次性とした。ステロイド糖尿病は一次性の素因である例に起こりやすいことはわかっているが、二次的な原因が加わっている点からそのように判断した。28年間の統計では一次性14,553例、二次性2,259例、合計16,812例となる。一次性86.6%で二次性13.6%となり、両者の割合は6.4:1.0となる。

表2 病理解剖糖尿病症例の成因(年代別)と二次性糖尿病の頻度
病理解剖糖尿病症例の成因(年代別)と二次性糖尿病の頻度

 つぎに、血管障害の時代による変化をみるために死亡年齢を60歳代、70歳代にして、性別にして示したのが表3である。これをみると脳出血も脳梗塞も年次とともに%が変るあきらかな傾向はみられない。しかし心筋梗塞、冠動脈硬化は1980年以後に高率になる。これらの変化は環境の変化や医療技術の進歩により大血管障害が起こりやすく、また診断が容易になったことも関係しているのであろう。

 また、腎糸球体硬化も年次とともに増してゆく。これは、治療の進歩によって糖尿病になってから死亡するまでの期間が長くなったためと思われる。

表3 日本病理剖検輯報(1958-85年)より収集した60、70歳代の血管病変の頻度
日本病理剖検輯報(1958-85年)より収集した60、70歳代の血管病変の頻度

(2015年10月23日)

※記事内容、プロフィール等は発行当時のものです。ご留意ください。

私の糖尿病50年 糖尿病医療の歩み 目次

2019年04月18日
血圧が低い場合でも循環器疾患による死亡リスクは上昇 降圧薬で血圧を下げても安心はできない
2019年04月18日
ジャディアンスのEMPA-REG OUTCOME試験 ベースライン時の顕性アルブミン尿をともなうDKD患者における複合腎・心血管アウトカムの結果を公表
2019年04月18日
米国内分泌学会が高齢糖尿病患者の診療指針を策定
2019年04月17日
【リニューアル情報】インスリンポンプ・SAP・CGM取り扱い医療機関リスト
2019年04月11日
1型糖尿病の根治療法「バイオ人工膵島移植」も視野に 日本で「動物性集合胚」研究の規制が大幅に緩和 京都大学iPS細胞研究所など
2019年04月11日
ジャディアンスとDPP-4阻害薬を比較したリアルワールド研究「EMPRISE」 入院リスクの低下および入院期間の短縮と相関
2019年04月11日
2型糖尿病治療剤「Imeglimin」の第3相試験で良好な解析結果 ミトコンドリア機能を改善する新たな機序の新薬
2019年04月11日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」 2型糖尿病治療における心血管アウトカムへの影響を示すDECLARE-TIMI 58試験のサブ解析
2019年04月11日
HbA1c基準では糖尿病の過小診断につながる可能性
2019年04月08日
「1型糖尿病を根絶するための研究」を支援 日本IDDMネットワーク