私の糖尿病50年 糖尿病医療の歩み

42. 日本糖尿病協会が20周年を迎える

後藤由夫 先生(東北大学名誉教授、東北厚生年金病院名誉院長)

「私の糖尿病50年 糖尿病医療の歩み」は、2003年1月~2009年8月まで糖尿病ネットワークで
全64回にわたり連載し、ご好評いただいたものを再度ご紹介しています。

筆者について

1. 日糖協は学会のIDF加入のため設立急ぐ

 日本糖尿病学会は1958年に結成されたが、IDF(国際糖尿病連盟)の一員となるにはレイマン部門が一緒である必要があった。当時各地で友の会ができていたので、それらの連合体として日本糖尿病協会が結成された。その創立総会は1961年9月29日に行われたことなどを No.16 に詳述した。発足当時は10支部であったが次第に支部の数は増加し、1978年沖縄支部の結成を最後に全国の都道府県に支部が揃った。そのとき会員数は20,314名であった。
 それから3年後の1981年に日糖協は創立20周年を迎えた。理事長は1968年就任の橋本関蔵氏で協会の発展には非常なご尽力をなされた(図1)。

2. 創立20周年記念式典が華やかに開催

 20周年記念式典は9月26日東京丸の内の東京商工会議所4階ホールで挙行。「さかえ」21巻6号に掲載された記事によれば(図2)当時は竹田正次(加古川)、山田弘三(名古屋)、中尾喜久(東京)、葛谷信貞(東京)、堀内光(東京)、日野佳弘(東京)、和田正久(大阪)、阿部正和(東京)、小坂樹徳(東京)、平田幸正(東京)、後藤由夫(仙台)、榊田博(京都)、山吹隆寛(岡山)、三村悟郎(沖縄)、坂本信夫(名古屋)、吉沢国雄(浅間)、宮村敬(和歌山)、石渡和男(東京)らをはじめ協会役員や会員を含め400余名が参集。午後1時、記念映画「幸せに向かって・日糖協20年の歩み」の上映が始まった。
図1 日糖協創立20周年記念式典 (橋本理事長のご挨拶)

図2 

「さかえ」(左)21巻6号
 式は会長欠席のため橋本理事長が式辞を代読、日本糖尿病学会堀内光理事長祝辞、日医武見太郎会長祝辞は熊谷洋副会長代読、厚生省大谷藤郎局長の祝辞が続いた。その後約40分にわたり東京都済生会中央病院堀内光院長による「糖尿病の管理」と題する特別講演があり自己管理の必要性が解説され多くの感銘を与えた。
 またこれに先立ち橋本理事長より創立以来の功労者62名に感謝状と記念のブロンズ像「虹の女神」が贈られた(図3)。
図3 ブロンズ像「虹の女神」

3. 日糖協名誉会員の表彰が始まる

 20周年を記念して名誉会員制が実施されることになり、名誉会員40名にも表彰状と記念の盾が贈られた。それから祝宴となった。
 これらは上述のように「さかえ」に記されているが、この他に日糖協20年史と別冊:支部史篇がそれぞれB5判300頁の箱入り本として上梓され詳述されている。この当時は5年毎に「さかえ」の増刊も発行され、歴史を刻むことをしっかりと見つめようとしたことがうかがわれる。この当時は会員数は2、3万人で患者数に較べると少ないものであった。
 橋本理事長は法人化すべく厚生省に頼みに行かれたが、いつもあるところまでいくと係官が変わってまた一から話さなければならないと、言っておられた。担当官ははっきりと方針を示したり、見込みを言わないので、依頼する側は不必要なエネルギーを消耗させられ不愉快な思いをするわけで、これは公僕のやることではなかろう。公僕がいつの間にかサービスをやるものではなく、お上意識になって昨今の社会保険庁のようなことを反省も自戒もなく繰り返しているのは困ったものである。
 橋本理事長は老齢にもかかわらず厚生省の若い係官に何度も説明にお百度を踏み、十数年もかかって1987年にようやく社団法人になった。いまは糖尿病人口の激増で政府も日糖協に協力を頼んでいる状況である。

(2015年10月01日)

※記事内容、プロフィール等は発行当時のものです。ご留意ください。

私の糖尿病50年 糖尿病医療の歩み 目次

2019年04月18日
血圧が低い場合でも循環器疾患による死亡リスクは上昇 降圧薬で血圧を下げても安心はできない
2019年04月18日
ジャディアンスのEMPA-REG OUTCOME試験 ベースライン時の顕性アルブミン尿をともなうDKD患者における複合腎・心血管アウトカムの結果を公表
2019年04月18日
米国内分泌学会が高齢糖尿病患者の診療指針を策定
2019年04月17日
【リニューアル情報】インスリンポンプ・SAP・CGM取り扱い医療機関リスト
2019年04月11日
1型糖尿病の根治療法「バイオ人工膵島移植」も視野に 日本で「動物性集合胚」研究の規制が大幅に緩和 京都大学iPS細胞研究所など
2019年04月11日
ジャディアンスとDPP-4阻害薬を比較したリアルワールド研究「EMPRISE」 入院リスクの低下および入院期間の短縮と相関
2019年04月11日
2型糖尿病治療剤「Imeglimin」の第3相試験で良好な解析結果 ミトコンドリア機能を改善する新たな機序の新薬
2019年04月11日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」 2型糖尿病治療における心血管アウトカムへの影響を示すDECLARE-TIMI 58試験のサブ解析
2019年04月11日
HbA1c基準では糖尿病の過小診断につながる可能性
2019年04月08日
「1型糖尿病を根絶するための研究」を支援 日本IDDMネットワーク