オピニオンリーダーによる糖尿病ガイダンス

62. J-DOIT3:2型糖尿病患者を対象とした血管合併症抑制のための多因子介入研究
-J-DOIT3の結果と追跡研究への期待-

岩本 安彦 先生(新百合ヶ丘総合病院 糖尿病センター センター長)

岩本 安彦 先生

初出:医療スタッフのための『糖尿病情報BOX&Net.』No. 62(2019年10月1日号)

J-DOIT3のプロトコールの概要

 J-DOIT3は2型糖尿病の大血管合併症を30%抑制する介入方法の検証を目標に、厚生労働省の戦略研究の一環として行われた臨床研究です。
 大血管症のハイリスクである高血圧または脂質代謝異常のある2型糖尿病患者(45~69歳)2,542例が全国81施設で登録され、 2006年7月に開始されました。対象をHbA1c<6.2%、血圧<120/75mmHg、LDL-C<80mg/dL(冠動脈性心疾患CHDの既往のある場合は<70mg/dL)を治療目標とする強化療法群(n=1,271)と、HbA1c<6.9%、血圧<130/80mmHg、LDL-C<120mg/dL(CHDの既往のある場合は<100mg/dL)を治療目標とする従来治療群(n=1,271)の2群に分け、一次エンドポイント(主要評価項目)が250例に達するまで介入試験が行われました。主要評価項目は死亡、心筋梗塞、脳卒中、冠動脈血行再建術、脳動脈血行再建術の5項目とし、具体的な治療法として強化療法群では肥満者はBMI=22を目指し、総カロリー≦25kcal/kgの食事療法、加速度計を貸与した運動療法、さらに血糖測定器と血圧計を貸与した自己測定を行いました。血糖コントロールを目指す薬物治療は、強化療法群ではSTEP1~3までインスリン抵抗性改善薬とインスリン分泌促進薬、またはインスリンを組み合わせる治療が行われ、一方、従来治療群では現行のガイドラインに沿った治療が行われました。

J-DOIT3の2群の登録時の背景の比較

 2群の割付けは年齢、性、大血管症の既往、HbA1cの4項目で行われましたが、年齢(59.1歳, 58.9歳:従来治療群, 強化療法群以下同)、女性(37.8%, 38.2%)、大血管症の既往(11.2%,11.5%)、HbA1c(7.98%,8.01%)で、その他糖尿病の罹病期間、体重・BMI、空腹時血糖値、血圧、脂質(LDL-C、HDL-C、TG)に差はありませんでした。喫煙の有無についてのみ、強化療法群で有意に喫煙有りが高いという結果でした。

介入試験中の危険因子の経過は?

 介入期間は8.5年と当初の予測より長期となりましたが、医療側の努力と患者側の協力により、脱落率は両群とも10%未満でした。
 介入期間中の各危険因子の平均値は、 HbA1cは6.8% vs 7.2%(強化療法群vs従来治療群 以下同)、血圧は123/71mmHg vs 129/74mmHg、LDL-Cは85mg/dL vs 104mg/dLと、いずれも群間差がみられました。また、平均BMIは両群ともほぼ横ばいの状況でした。
 介入期間中の糖尿病治療薬の推移は、登録開始時はSU薬とα-GIが多く、終了時には両群ともビグアナイド薬とDPP-4阻害薬が多いという結果でした。長期にわたった介入期間の間に、新しい治療薬の登場とエビデンスの蓄積があったことによるものと考えられます。

介入期間のイベント発症は?

 介入期間中に認められたイベント数は242例で強化療法群109件、従来治療群133件でした。死亡は45件 vs 40件(強化療法群vs従来治療群 以下同)、心筋梗塞は5件 vs 11件、脳梗塞を中心とした脳卒中は15件 vs 37件であり、ガイドラインに沿った従来治療と比較した強化療法の脳血管イベント発症に及ぼす効果は-58%(p=0.002)、副次評価項目の腎症イベント発症に及ぼす効果は-32%(p<0.0001)、網膜症発症に及ぼす効果は-14%(p=0.046)でした。
 安全性については、強化療法群においても重症低血糖の発症は極めて低率でした。

J-DOIT3の成果と追跡研究への期待

 厚生労働省の戦略研究の一つとして全国81施設の参加により、2,542例の大血管症の発症リスクが高いと考えられる2型糖尿病患者を対象に8.5年間の長期にわたる介入研究が行われました。その結果は第53回EASDにおいて発表された後、Uekiらにより論文として発表されました
 本研究によって、厳格な血糖コントロールが重症低血糖を増加させることなく実現できることが示されました。今後、引き続き進められている追跡研究の解析も踏まえて、2型糖尿病患者の合併症予防に向けてわが国の新しい診療指針が示されることが期待されます。
* Ueki K et al.:Lancet Diabetes Endocrinol. 12:951-964, 2017

※記事内容、プロフィール等は発行当時のものです。ご留意ください。

オピニオンリーダーによる糖尿病ガイダンス 目次

2020年02月20日
膵島抗体スクリーニングで小児1型糖尿病リスクを評価可能
2020年02月19日
糖尿病網膜症での「網膜機能障害」を解明 神経栄養因子「BDNF」の減少が関与 EPA内服で発現が改善
2020年02月19日
医療ビッグデータの利活用が本格化 EHRは医療者にも患者にもメリットがある 「千年カルテプロジェクト」が進行中
2020年02月18日
【新型コロナウイルス感染症に対策】 厚労省が「帰国者・接触者相談センター」への相談・受診の目安を公表
2020年02月14日
「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド」を公開 日本環境感染学会
2020年02月13日
「アスタキサンチン」がインスリン抵抗性を改善 骨格筋のミトコンドリア機能を高め糖尿病を改善することを発見
2020年02月13日
NAFLD併発2型糖尿病患者の医療費が今後20年で6兆円――米国の推計
2020年02月07日
新規の超速効型インスリン「フィアスプ注」発売 血糖降下作用の発現がより速い
2020年02月06日
「東京栄養サミット2020」を12月に開催 「栄養不良の二重負荷」も課題に
2020年02月06日
高齢1型糖尿病患者では重症低血糖が認知機能低下のリスク
4コマ劇場 糖尿病看護のあるある体験談
糖尿病プラクティス