第1部 医薬品・医療機器・検査機器・試薬

SGLT2阻害薬 情報ファイル

title-img

「SGLT2阻害薬」は、「尿中に糖が出ることが悪い」という糖尿病の常識を覆す全く新しい治療薬です。その最大の特徴は、血液中の過剰な糖を尿中に積極的に排出させることで血糖値を下げるという画期的なもの。さらに、低血糖リスクの低減、体重減少効果などが期待されます。2014年には6製品が一気に発売されることが予想され、多くの注目を集めています。このコーナーでは、SGLT2阻害薬の最新ニュース、作用機序、開発状況、服薬情報、副作用情報など、期待の新薬に関するさまざまな情報を集約していきます。

SGLT2阻害薬とは?

SGLT2阻害薬の作用機序、その特徴、メリットや注意点などを、わかりやすく解説しています。

SGLT2阻害薬の特徴と服薬指導のポイント 加藤光敏 先生

当サイト連載中の「糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント」から、SGLT2阻害薬をピックアップ。日本糖尿病学会認定専門医であり、同学会の認定指導医でもある、加藤内科クリニック院長の加藤光敏先生に、ご自身の知識と経験を踏まえたSGLT2阻害薬の特徴を、わかりやすく解説していただきます。

加藤光敏先生

筆者より -SGLT2阻害薬の適正使用について-

これまでSGLT2阻害薬のシリーズで、「難しい薬なので、適応を考えて充分慎重に」と書いて来ました。SGLT2阻害薬はとても良く効く症例を経験する反面、発売後は脳梗塞など死亡例を含め重大な副作用が報告されています。これまでの情報では直接の因果関係ははっきりしないものが多いとされています。胃薬を服用して脳梗塞で死亡しても薬のせいとは言われませんが、この薬は利尿作用による脱水注意等々があるため、直接関係がなくても薬の副作用で死亡とされがちです。糖尿病患者でなくても、年齢とともに脳梗塞・心筋梗塞など死亡率が高くなるのが人間の宿命です。脳梗塞などが増加する高齢者や、動脈硬化が既に進行している方にも原則として投与を避けるのが無難です。また、副作用かと思ったら、すぐに服薬を中止する指導が必要と思います。(2014年11月)

SGLT2阻害薬の開発状況

2015年04月 更新

一般名・製品名

製造元・販売元

製造販売申請・
承認の状況
関連論文 関連情報

製品名:スーグラ

一般名:イプラグリフロジン

アステラス製薬(株)、寿製薬(株)、MSD(株)

2014年4月発売 PubMedへ ▶ 製品詳細・
薬価・
添付文書へ ▶

製品名:フォシーガ

一般名:ダパグリフロジン

ブリストル・マイヤーズ(株)、アストラゼネカ(株)、小野薬品工業(株)

2014年5月発売 PubMedへ ▶ 製品詳細・
薬価・
添付文書へ ▶

製品名:ルセフィ

一般名:ルセオグリフロジン

大正富山医薬品(株)、大正製薬(株)、ノバルティスファーマ(株)

2014年5月発売 PubMedへ ▶ 製品詳細・
薬価・
添付文書へ ▶

製品名:デベルザ、アプルウェイ

一般名:トホグリフロジン

サノフィ(株)、興和(株)

2014年5月発売 PubMedへ ▶ 製品詳細・
薬価・
添付文書へ ▶

製品名:カナグル

一般名:カナグリフロジン

田辺三菱製薬(株)、第一三共(株)

2014年9月 発売 PubMedへ ▶ 製品詳細・
薬価・
添付文書へ ▶

製品名:ジャディアンス

一般名:エンパグリフロジン

日本イーライリリー(株)、
日本ベーリンガーインゲルハイム(株)

2015年2月 発売 PubMedへ ▶ 製品詳細・
薬価・
添付文書へ ▶

SGLT2阻害薬 一覧表

発売中・発売準備中のSGLT2阻害薬の一覧です。
製品名、剤形、容量、効能、識別コード、用法・容量、添付文書などを確認できます。

一覧表はこちら ▶

印刷用にPDF版も用意しました。DPP-4阻害薬やGLP-1受容体作動薬などインクレチン関連薬のほか、インスリン製剤、SGLT2阻害薬の情報も掲載。

インスリン製剤・インクレチン関連薬・SGLT2阻害薬 早見表(PDF版) ▶

SGLT2阻害薬関連ニュース アーカイブ

2019年06月19日
アセンシアが「血糖管理ソリューション(IDMS)」を開発中 2型糖尿病患者のHbA1C値を減少
2019年06月19日
「トルリシティ」が幅広い2型糖尿病患者の主要心血管イベントを有意に減少 REWIND試験
2019年06月19日
世界初の経口GLP-1受容体作動薬「セマグルチド」 MACEのリスクを増大させないことを確認
2019年06月19日
日本初のインスリンとGLP-1受容体作動薬の配合剤「ゾルトファイ配合注 フレックスタッチ」が承認取得
2019年06月19日
速効型インスリン分泌促進薬/食後過血糖改善薬配合剤「グルベス配合OD錠」発売
2019年06月13日
免疫チェックポイント阻害薬投与後に1型糖尿病を発症する原因を解明
2019年06月12日
米国糖尿病学会が新ガイドラインを発表 糖尿病腎症の推奨を更新 SGLT2阻害薬を評価
2019年06月06日
メトホルミンの添付文書改訂へ 禁忌の「腎機能障害」はeGFR30未満に 厚労省・安全対策調査会
2019年05月30日
日本糖尿病学会賞「女性研究者賞」創設 女性医師の糖尿病研究業績を表彰
2019年05月30日
「iGlarLixi」(インスリン グラルギン/リキシセナチド配合剤)の2つの第3相試験の結果 1日1回の投与で空腹時血糖と食後血糖のいずれも改善
2019年05月28日
認知症の発症を血液検査で予測 1度の採血で3大認知症を判定、MCIも早期発見 長寿研
2019年05月22日
『インスリン製剤・インクレチン関連薬・SGLT2阻害薬 早見表2019-2020』を公開
2019年05月22日
高血圧治療薬「ミネブロ錠」発売 新規のミネラルコルチコイド受容体(MR)拮抗薬
2019年05月22日
頚動脈硬化の進んだ脳梗塞既往患者に対するプラバスタチン長期投与 アテローム血栓性脳梗塞再発を抑制 国立循環器病研究センター
2019年05月22日
乳酸菌がショ糖摂取後の血糖値の上昇を抑制 ヒト臨床試験で活性を確認
2019年05月17日
「糖尿病性腎症」の重症化予防を強化 自治体向けに手引きを作成 厚生労働省
2019年05月16日
SGLT2阻害薬9製品が使用上の注意を改訂 まれに性器感染症から壊死性筋膜炎(フルニエ壊疽)が 因果関係を否定できないと注意喚起
2019年05月10日
野菜や果物、魚の摂取量が少なく、食塩が多いと、死亡リスクは3倍に上昇 日本人を29年間追跡して調査 滋賀医科大学
2019年05月10日
飲食物の甘味を伝える神経細胞を発見 甘味の心地良さに依存するメカニズムを解明 生理学研究所
2019年04月26日
「FreeStyleリブレ」の使用目的が改訂 「補助」から変更へ
 糖尿病の自己管理に使用

SGLT2阻害薬 説明・指導用動画 (糖尿病3分間ラーニングより)

SGLT2阻害薬の基礎、作用機序、注意点などを3分間の動画でまとめました。
糖尿病教室などでの患者さんへの指導用にピッタリです。ぜひご活用ください。

糖尿病3分間ラーニング
  3-14. SGLT2阻害薬 ▶

・血糖の再吸収を抑えて尿糖として排泄
・高血糖時に効果を発揮

動画を見る ▶

3-14. SGLT2阻害薬
Doctor

糖尿病3分間ラーニングとは?

糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、全50タイトルの動画をテーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。 糖尿病3分間ラーニングへ ▶

関連論文検索

一般名:イプラグリフロジン

PubMedへ ▶

一般名:ダパグリフロジン

PubMedへ ▶

一般名:ルセオグリフロジン

PubMedへ ▶

一般名:トホグリフロジン

PubMedへ ▶

一般名:カナグリフロジン

PubMedへ ▶

一般名:エンパグリフロジン

PubMedへ ▶

糖尿病治療薬に関する質問コーナー

糖尿病治療薬についての疑問や悩み、ご意見、ご相談などはこちらをご利用ください。

談話室(糖尿病ネットワーク掲示板)-飲み薬(経口薬)

(2013年9月公開)