よりよい糖尿病看護を目指して

Vol.3 糖尿病患者さんが抱える
「スティグマ」とは?

関東労災病院 糖尿病・内分泌内科 部長 浜野 久美子 先生
筆者について

「糖尿病であることを、他人に知られたくない」そんな患者さんは決して少なくありません。人種や宗教など、特定の属性に対して差別や偏見を受けることを「スティグマ」といいます。ギリシャ語が語源で、刻印や徴(しるし)といった意味があります。皆さんも看護の中で、糖尿病患者さんが抱えるスティグマを感じられることはないでしょうか。

 「糖尿病」という病気に対する世間の偏見などから、患者さんが孤立したり、必要な治療サポートが受けられない(受けようとしない)ケースがあります。昨年11月に日本糖尿病学会と日本糖尿病協会が「アドボカシー委員会」を設立し、この問題に取り組もうと動き出しました。

 例えば、糖尿病は「不治の病」で、失明や、腎不全による「死」と直結するイメージがいまだに残っています。そもそも糖尿病は、血糖を良好に保てば健常者と変わらず生活できる病気です。血糖コントロールのための薬剤や医療機器も、この半世紀でずいぶんと進化しました。にもかかわらず、糖尿病があると生命保険に加入しづらい、住宅ローンの契約が難しい、就職のハードルになるなど、社会的に不利益を被るのは非常に残念なことです。
 また、「糖尿病になったのは、自己管理ができていないから」という見方は、患者さんをずいぶんと苦しめていると感じます。1型糖尿病患者さんはもちろんのこと、2型糖尿病患者さんも、病気の背景に遺伝子や社会環境が大きく関与する場合にも、ご自身を責めてしまわれることが少なくありません。こうした「病気はご本人の責任」といった考え方は、患者さんの自己肯定感を低下させます。結果、療養に後ろ向きになったり、「怒られるから診察に行きたくない」と治療を中断したり、誰にも相談せず1人で悩んでしまうということにつながりがちです。
 そもそも「糖尿病」という病名が問題なのではないか、という意見もあります。例えば、友人と食事をする際に、排泄物の名前がついた病名を口にするのには抵抗を感じる方も多いでしょう。病名変更に関する議論は実は歴史が古く、日本糖尿病協会で意識調査が実施されたこともあります。古くは「甘血」という名称から、「合併症を起こしていない段階であれば、「病」でなく「高血糖症」でいいのではないか」という意見や、「『インスリン分泌不全症候群』などにして1型糖尿病と2型糖尿病の違いを明確にしてほしい」という意見まで、さまざまなアイデアや意見が挙げられてきましたが、変更には至っていません。たかが病名、されど病名です。「痴ほう」が認知症に、「精神分裂病」が統合失調症に名称を変えた経緯や効果も踏まえ、今後も議論がされるべきと考えます。
 今や、予備軍を含む2千万人、成人の4人に1人が関係する国民病ともいえる糖尿病です。患者さんが人の目を気にせず、治療に専念できる環境づくりも、私たち医療従事者の仕事の1つではないでしょうか。

2020年07月09日
インスリンやメトホルミンにGLP-1受容体作動薬を追加 HbA1cが低下
2020年07月09日
重症COVID-19患者に対する「フサン」と「アビガン」の併用療法 8割以上が軽快しICU退室という結果に
2020年07月09日
COVID-19対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年07月02日
糖尿病患者向け経済的支援を開始 COVID-19の影響で治療継続が難しくなった患者の医療費を支援 日本メドトロニック
2020年07月02日
GLP-1受容体作動薬の週1回投与単回使用製剤「オゼンピック皮下注SD」を発売 効能・効果は2型糖尿病
2020年07月02日
超速効型インスリン製剤での日本初のバイオシミラー インスリン リスプロBS注HU「サノフィ」を発売
2020年07月02日
世界初の経口投与できるGLP-1受容体作動薬「リベルサス錠」 2型糖尿病治療薬として承認取得
2020年07月02日
COVID-19発症1型糖尿病患者はDKAに要注意
2020年07月01日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE) 2020年度申込を受付中 講習会はeラーニング開催
2020年06月25日
ストレスが閉経後の2型糖尿病女性の冠動脈イベントを増やす
糖尿病プラクティス