私の糖尿病50年 糖尿病医療の歩み

1. 40分かかって血糖値がでた

後藤由夫 先生(東北大学名誉教授、東北厚生年金病院名誉院長)

「私の糖尿病50年 糖尿病医療の歩み」は、2003年1月~2009年8月まで糖尿病ネットワークで
全64回にわたり連載し、ご好評いただいたものを再度ご紹介しています。

筆者について

 ラジオもテレビも昔からあったように思われるが、放送がはじまったのは1925年と53年で、そう遠い話ではない。糖尿病患者さんが多くなったのは20年前からのことで、糖尿病の患者さんがさっぱりいない時代もあったのである。そのような時代の移り変わりについて述べてみたい。

 現在は簡易血糖測定器を用いて患者さんが自分で血糖を測り、しかも10秒以内で値がわかる時代であるが、日本糖尿病学会が発足した58年頃は血糖測定に40分もかかっていた。現在のように検査部はなく、血糖は医師が採血し測定を行っていた。つまり血糖を測るのが糖尿病担当医の仕事だったわけである。血糖は大学病院やそれに準ずるような所だけで測っていたのであって、東京でさえ大学以外は4、5カ所しかなかったのである。

 血液は耳朶(みみたぶ)をランセットなどで刺して血液を0.1mLの細長いハーゲドロン・ピペットにゴム管をつけて口で吸い取り、正確に0.1mLを硫酸亜鉛溶液と水酸化ナトリウム溶液をまぜた除蛋白液の入った試験管に流し込み、撹拌混合してから煮沸熱湯槽に入れて凝固させ、濾過する。濾液にフエリシアン化カリ試薬を一定量加えて20分間煮沸熱湯中で反応させ、冷却してからグルコースにより還元されずに残ったフエリシアン化カリをヨードメトリー法によりミクロビューレットで滴定するものであった。試験管を洗うのも、試薬を作るのもすべて医師達の仕事で、午前中に採血、昼から測定、合間あいまに病棟を回診するのが当時の日課であった。

 このHagedorn-Jensen法またはその変法では、すべて準備を整えて採血しても、測定値が出るのに40分はかかった。したがって糖尿病昏睡の患者さんが入院して注射したインスリンの効果をみながら次のインスリン注射量を決定するのも、このスピードで行っていたことになる。

 もうひとつの問題は、この方法はグルコースの還元力を測るものなので血液中に含まれるグルタチオン、グルクロン酸、尿酸、クレアチン、VCなどの還元物質も一緒に測定されることになる。本当のグルコースの値(真糖値、true sugar)は、濾液に酵母を入れて発酵させBenedictがsaccharoidsと呼んだ非発酵性還元物質量を測り、血糖値からこの値を差引いて求めることになる。したがって当時の生化学者はこの非発酵性還元物を除ける除蛋白法に工夫をこらしたわけである。Folin-Wu法ではこの値が20~30mg/dLと高く、Hagedorn-Jensen法では15~20mg/dL、そしてセントルイスのSomogyiが考案したZnSO4とBa(OH)2を用いる方法では真糖に近い値が得られるといわれた。灘酒の酵母を使ってSomogyi法の濾液の非発酵性還元物質を測ってみたら数mg/dLの少量であった。そんな実験をして間もなくADAに出席し、小柄で腰も曲がった高齢のSomogyi博士を見ることができた。

 1959年頃には、glucose-oxidase法がglucostatとして市販され、それから間もなく真糖という言葉も死語になった。


Wasserbad


採血用-Kapillar-pipette


漏斗と濾過

藤井暢三:生化学実験法-定量編.南山堂

(2014年01月20日)

※記事内容、プロフィール等は発行当時のものです。ご留意ください。

2016年06月13日
SGLT2阻害薬で握力が向上 高齢者のサルコペニア対策に効果?
2016年06月10日
第76回米国糖尿病学会(ADA2016)開催間近 注目のセッションは?
2016年06月10日
足病診療の実態報告 診療科により診断・治療法・予後が異なる可能性
2016年06月09日
関節リウマチ患者の糖質コルチコイド服用で糖尿病リスクが1.48倍に [HealthDay News]
2016年06月02日
インスリン、IGF-1両受容体欠損に伴う脂肪組織の変化 [HealthDay News]
2016年06月01日
日本食で健康長寿を延ばせる 日本から世界へ「スローカロリー」を発信
2016年06月01日
糖尿病の人でも加入できる より少額の定期保険 糖尿病保険ミニ
2016年06月01日
営業成績と社会人2年目の苦悩 インスリンとの歩き方
2016年05月31日
SAP導入で生活が激変! 1型糖尿病患者さんの手記を公開
2016年05月30日
新制度「下肢救済加算」をわかりやすく解説 フットケア情報ファイル