第1部 医薬品・医療機器・検査機器・試薬

ビグアナイド薬    薬剤一覧表

患者さん指導・説明用動画 (糖尿病3分間ラーニング より)

糖尿病3分間ラーニングは、糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、
テーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。

一般名:メトホルミン

膵β細胞のインスリン分泌を介することなく血糖降下作用を示す。以下のものが血糖降下作用の主要な作用として提唱されている。 1.肝での糖新生抑制、2.末梢での糖利用促進、3.腸管からのグルコース吸収抑制

製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
メトグルコ錠250mg
製造販売元:大日本住友製薬(株) 提携: Merck Sante(フランス)
メトグルコ錠250mg DS271、250 9.90 2型糖尿病。ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。1. 食事療法・運動療法のみ。2. 食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用。
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前または食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1,500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2,250mgまでとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。〔添付文書「禁忌」の項参照〕 腎機能障害又は肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与すること。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断すること。〔添付文書「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「高齢者への投与」の項参照〕
禁忌:次の患者には投与しないこと。1.次に示す状態の患者〔乳酸アシドーシスを起こしやすい。〕 (1)乳酸アシドーシスの既往 (2)中等度以上の腎機能障害〔腎臓における本剤の排泄が減少する。添付文書「重要な基本的注意」の項参照〕 (3)透析患者(腹膜透析を含む)〔高い血中濃度が持続するおそれがある。〕 (4)重度の肝機能障害〔肝臓における乳酸の代謝能が低下する。添付文書「重要な基本的注意」の項参照〕 (5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態〔乳酸産生が増加する。〕 (6)過度のアルコール摂取者〔肝臓における乳酸の代謝能が低下する。〕 (7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者 2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者〔輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。〕 3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者〔インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。〕 4.栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者〔低血糖を起こすおそれがある。〕 5.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人〔添付文書「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照〕 6.本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:大日本住友製薬(株)くすり情報センター
〒553-0001 大阪市福島区海老江1-5-51
フリーダイヤル:0120-03-4389
PDFファイル
メトグルコ錠500mg
製造販売元:大日本住友製薬(株) 提携: Merck Sante(フランス)
メトグルコ錠500mg DS272、500 16.70 2型糖尿病。ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。1. 食事療法・運動療法のみ。2. 食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用。
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前または食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1,500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2,250mgまでとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。〔添付文書「禁忌」の項参照〕 腎機能障害又は肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与すること。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断すること。〔添付文書「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「高齢者への投与」の項参照〕
禁忌:次の患者には投与しないこと。1.次に示す状態の患者〔乳酸アシドーシスを起こしやすい。〕 (1)乳酸アシドーシスの既往 (2)中等度以上の腎機能障害〔腎臓における本剤の排泄が減少する。添付文書「重要な基本的注意」の項参照〕 (3)透析患者(腹膜透析を含む)〔高い血中濃度が持続するおそれがある。〕 (4)重度の肝機能障害〔肝臓における乳酸の代謝能が低下する。添付文書「重要な基本的注意」の項参照〕 (5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態〔乳酸産生が増加する。〕 (6)過度のアルコール摂取者〔肝臓における乳酸の代謝能が低下する。〕 (7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者 2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者〔輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。〕 3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者〔インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。〕 4.栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者〔低血糖を起こすおそれがある。〕 5.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人〔添付文書「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照〕 6.本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:大日本住友製薬(株)くすり情報センター
〒553-0001 大阪市福島区海老江1-5-51
フリーダイヤル:0120-03-4389
PDFファイル
グリコラン錠250mg
日本新薬 (株)
グリコラン錠250mg 302 9.60 2型糖尿病。ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。(1)食事療法・運動療法のみ。(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア薬を使用。
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日量500mgより開始し、1日2~3回食後に分割経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、1日最高投与量は750mgとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。[添付文書「禁忌」の項参照]また、重篤な低血糖症を起こすことがある。用法・用量、使用上の注意に特に留意すること。
禁忌(次の患者には投与しないこと):  1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。] (1)乳酸アシドーシスの既往 (2)腎機能障害(軽度障害も含む)[腎臓における本剤の排泄が減少する。] (3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。] (4)肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。] (5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓など心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。] (6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。] (7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者 (8)高齢者(添付文書「高齢者への投与」の項参照) 2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。] 3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。] 4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。] 5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(添付文書「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照) 6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:日本新薬(株)学術部医薬情報課くすり相談担当
〒601-8550 京都市南区吉祥院西ノ庄門口町14
フリーダイヤル:0120-321-372
電話:075-321-9064
FAX:075-321-9061
PDFファイル
メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「三和」
(株)三和化学研究所
メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「三和」 Sc31 9.90 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2250mgまでとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。[「禁忌」の項参照]
腎機能障害又は肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与すること。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断すること。[「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「高齢者への投与」の項参照]

禁忌(次の患者には投与しないこと)
1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(1)乳酸アシドーシスの既往
(2)中等度以上の腎機能障害[腎臓における本剤の排泄が減少する。「重要な基本的注意」の項参照]
(3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
(4)重度の肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。「重要な基本的注意」の項参照]
(5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
(6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
(7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:(株)三和化学研究所コンタクトセンター
〒461-8631 名古屋市東区東外堀町35番地
電話:0120-19-8130
FAX:052-950-1305
PDFファイル
メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「三和」
(株)三和化学研究所
メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「三和」 Sc32 9.90 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2250mgまでとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。[「禁忌」の項参照]
腎機能障害又は肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与すること。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断すること。[「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「高齢者への投与」の項参照]

禁忌(次の患者には投与しないこと)
1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(1)乳酸アシドーシスの既往
(2)中等度以上の腎機能障害[腎臓における本剤の排泄が減少する。「重要な基本的注意」の項参照]
(3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
(4)重度の肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。「重要な基本的注意」の項参照]
(5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
(6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
(7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:(株)三和化学研究所コンタクトセンター
〒461-8631 名古屋市東区東外堀町35番地
電話:0120-19-8130
FAX:052-950-1305
PDFファイル
製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
ネルビス錠250mg
(株)三和化学研究所
ネルビス錠250mg Sc319 9.60 2型糖尿病。ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。(1)食事療法・運動療法のみ。(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア薬を使用。
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日量500mgより開始し、1日2~3回食後に分割経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、1日最高投与量は750mgとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。[「禁忌」の項参照]また、重篤な低血糖症を起こすことがある。用法・用量、使用上の注意に特に留意すること。
禁忌(次の患者には投与しないこと):(1)次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。] 1)乳酸アシドーシスの既往 2)腎機能障害(軽度障害も含む)[腎臓における本剤の排泄が減少する。] 3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。] 4)肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。] 5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓など心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。] 6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。] 7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者 8)高齢者[添付文書「高齢者への投与」の項参照] (2)重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。] (3)重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。] (4)栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。] (5)妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[添付文書「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照] (6)本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:(株)三和化学研究所コンタクトセンター
〒461-8631 名古屋市東区東外堀町35番地
電話:0120-19-8130
FAX:052-950-1305
PDFファイル
メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「TE」
製造販売元:トーアエイヨー(株) 販売:アステラス製薬(株)
No image TEF1 9.90 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2250mgまでとする。
警告・禁忌
1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(1)乳酸アシドーシスの既往
(2)中等度以上の腎機能障害[腎臓における本剤の排泄が減少する。「重要な基本的注意」の項参照]
(3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
(4)重度の肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。「重要な基本的注意」の項参照]
(5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
(6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
(7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:トーアエイヨー(株)信頼性保証部
〒330-0834 さいたま市大宮区天沼町2-300
電話:048-648-1070
PDFファイル
メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「TE」
製造販売元:トーアエイヨー(株) 販売:アステラス製薬(株)
メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「TE」 TEF2 9.90 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2250mgまでとする。
警告・禁忌
1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(1)乳酸アシドーシスの既往
(2)中等度以上の腎機能障害[腎臓における本剤の排泄が減少する。「重要な基本的注意」の項参照]
(3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
(4)重度の肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。「重要な基本的注意」の項参照]
(5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
(6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
(7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:トーアエイヨー(株)信頼性保証部
〒330-0834 さいたま市大宮区天沼町2-300
電話:048-648-1070
PDFファイル
メデット錠250mg
製造販売元:トーアエイヨー(株) 販売:アステラス製薬(株)
メデット錠250mg 731 9.60 2型糖尿病。ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。(1)食事療法・運動療法のみ(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日量500㎎より開始し、1日2~3回食後に分割経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、1日最高投与量は750㎎とする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。〔添付文書「禁忌」の項参照〕また、重篤な低血糖症を起こすことがある。用法・用量、使用上の注意に特に留意すること。
禁忌(次の患者には投与しないこと):1. 次に示す状態の患者〔乳酸アシドーシスを起こしやすい。〕 (1)乳酸アシドーシスの既往 (2)腎機能障害(軽度障害も含む。) (3)透析患者(腹膜透析も含む) (4)肝機能障害 (5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓など心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態 (6)過度のアルコール摂取者 (7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者 (8)高齢者(添付文書「高齢者への投与」の項参照) 2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者〔**輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必要である。〕 3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者〔インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。〕 4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者〔低血糖を起こすおそれがある。〕 5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(添付文書「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照) 6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:トーアエイヨー(株)信頼性保証部
〒330-0834 さいたま市大宮区天沼町2-300
電話:048-648-1070
PDFファイル
メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「DSEP」
製造販売元:第一三共エスファ(株)、販売提携:第一三共(株)
メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「DSEP」 メトホルミン 250 DSEP 9.90 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2250mgまでとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。[「禁忌」の項参照]
腎機能障害又は肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与すること。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断すること。[「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「高齢者への投与」の項参照]

禁忌(次の患者には投与しないこと)
1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(1)乳酸アシドーシスの既往
(2)中等度以上の腎機能障害[腎臓における本剤の排泄が減少する。「重要な基本的注意」の項参照]
(3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
(4)重度の肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。「重要な基本的注意」の項参照]
(5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
(6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
(7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:第一三共エスファ(株)お客様相談室
〒103-8426 東京都中央区日本橋本町3-5-1
フリーダイヤル:0120-100-601
PDFファイル
製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「DSEP」
製造販売元:第一三共エスファ(株)、販売提携:第一三共(株)
メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「DSEP」 メトホルミン 500 DSEP 9.90 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2250mgまでとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。[「禁忌」の項参照]
腎機能障害又は肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与すること。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断すること。[「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「高齢者への投与」の項参照]

禁忌(次の患者には投与しないこと)
1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(1)乳酸アシドーシスの既往
(2)中等度以上の腎機能障害[腎臓における本剤の排泄が減少する。「重要な基本的注意」の項参照]
(3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
(4)重度の肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。「重要な基本的注意」の項参照]
(5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
(6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
(7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:第一三共エスファ(株)お客様相談室
〒103-8426 東京都中央区日本橋本町3-5-1
フリーダイヤル:0120-100-601
PDFファイル
メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「JG」
日本ジェネリック(株)
メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「JG」 JG F26 9.90 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2250mgまでとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。[「禁忌」の項参照]
腎機能障害又は肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与すること。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断すること。[「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「高齢者への投与」の項参照]

禁忌(次の患者には投与しないこと)
1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(1)乳酸アシドーシスの既往
(2)中等度以上の腎機能障害[腎臓における本剤の排泄が減少する。「重要な基本的注意」の項参照]
(3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
(4)重度の肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。「重要な基本的注意」の項参照]
(5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
(6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
(7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:日本ジェネリック(株)お客さま相談室
〒100-6737 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
電話:0120-893-170 FAX:0120-893-172
PDFファイル
メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「JG」
日本ジェネリック(株)
メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「JG」 JG F27 9.90 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2250mgまでとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。[「禁忌」の項参照]
腎機能障害又は肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与すること。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断すること。[「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「高齢者への投与」の項参照]

禁忌(次の患者には投与しないこと)
1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(1)乳酸アシドーシスの既往
(2)中等度以上の腎機能障害[腎臓における本剤の排泄が減少する。「重要な基本的注意」の項参照]
(3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
(4)重度の肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。「重要な基本的注意」の項参照]
(5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
(6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
(7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:日本ジェネリック(株)お客さま相談室
〒100-6737 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
電話:0120-893-170 FAX:0120-893-172
PDFファイル
メトホルミン塩酸塩錠250mg「JG」
日本ジェネリック(株)
メトホルミン塩酸塩錠250mg「JG」 JG F25 9.60 2型糖尿病。ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。1. 食事療法・運動療法のみ 2. 食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日量500mgより開始し、1日2~3回食後に分割経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、1日最高投与量は750mgとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。(添付文書「禁忌」の項参照) また、重篤な低血糖症を起こすことがある。用法・用量、使用上の注意に特に留意すること。
禁忌(次の患者には投与しないこと):1.次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい] (1)乳酸アシドーシスの既往 (2)腎機能障害(軽度障害も含む)[腎臓における本剤の排泄が減少する] (3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある] (4)肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する] (5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓など心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する] (6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する] (7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者 (8)高齢者(添付文書「5.高齢者への投与」の項参照) 2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である] 3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい] 4.栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある] 5.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(添付文書「6.妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照) 6.本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:日本ジェネリック(株)お客さま相談室
〒100-6737 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号
電話:0120-893-170 FAX:0120-893-172
PDFファイル
メトホルミン塩酸塩錠250mg「SN」
販売元:日本ケミファ(株)、製造販売元:シオノケミカル(株)
メトホルミン塩酸塩錠250mg「SN」 ME 9.60 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日量500mgより開始し、1日2~3回食後に分割経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、1日最高投与量は750mgとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。(「禁忌」の項参照)また、重篤な低血糖を起こすことがある。用法及び用量、使用上の注意に特に留意すること。
禁忌(次の患者には投与しないこと)
(1)次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
1)乳酸アシドーシスの既往
2)腎機能障害(軽度障害も含む)[腎臓における本剤の排泄が減少する。]
3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
4)肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓など心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血 症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
8)高齢者(「5.高齢者への投与」の項参照)
(2)重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
(3)重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の 投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(4)栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
(5)妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「6.妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)
(6)本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:日本ケミファ 安全管理部
〒101-0032 東京都千代田区岩本町2丁目2番3号
TEL:0120-47-9321
03-3863-1225
FAX:03-3861-9567
PDFファイル
製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
メトホルミン塩酸塩錠250mg「SN」
販売元:武田薬品工業(株)、製造販売元:シオノケミカル(株)
メトホルミン塩酸塩錠250mg「SN」 ME 9.60 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日量500mgより開始し、1日2~3回食後に分割経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、1日最高投与量は750mgとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。(「禁忌」の項参照)また、重篤な低血糖を起こすことがある。用法及び用量、使用上の注意に特に留意すること。
禁忌(次の患者には投与しないこと)
(1)次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
1)乳酸アシドーシスの既往
2)腎機能障害(軽度障害も含む)[腎臓における本剤の排泄が減少する。]
3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
4)肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓など心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血 症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
8)高齢者(「5.高齢者への投与」の項参照)
(2)重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
(3)重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の 投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(4)栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
(5)妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「6.妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照)
(6)本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:武田テバファーマ株式会社 武田テバDI センター
〒453-0801 名古屋市中村区太閤一丁目24番11号
TEL:0120-923-093
受付時間 9:00~17:30(土日祝日・弊社休業日を除く)
PDFファイル
メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「TCK」
辰巳化学(株)
メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「TCK」 TU 334 9.90 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2250mgまでとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。[「禁忌」の項参照]
腎機能障害又は肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与すること。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断すること。[「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「高齢者への投与」の項参照]

禁忌(次の患者には投与しないこと)
1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(1)乳酸アシドーシスの既往
(2)中等度以上の腎機能障害[腎臓における本剤の排泄が減少する。「重要な基本的注意」の項参照]
(3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
(4)重度の肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。「重要な基本的注意」の項参照]
(5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
(6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
(7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:辰巳化学(株)薬事・学術課
〒921-8164 金沢市久安3丁目406番地
TEL:076-247-2132
FAX:076-247-5740
PDFファイル
メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「TCK」
辰巳化学(株)
メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「TCK」 TU 335 9.90 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2250mgまでとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。[「禁忌」の項参照]
腎機能障害又は肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与すること。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断すること。[「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「高齢者への投与」の項参照]

禁忌(次の患者には投与しないこと)
1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(1)乳酸アシドーシスの既往
(2)中等度以上の腎機能障害[腎臓における本剤の排泄が減少する。「重要な基本的注意」の項参照]
(3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
(4)重度の肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。「重要な基本的注意」の項参照]
(5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
(6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
(7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:辰巳化学(株)薬事・学術課
〒921-8164 金沢市久安3丁目406番地
TEL:076-247-2132
FAX:076-247-5740
PDFファイル
メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「トーワ」
東和薬品(株)
メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「トーワ」 TwM1 9.90 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2250mgまでとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。[「禁忌」の項参照]
腎機能障害又は肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与すること。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断すること。[「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「高齢者への投与」の項参照]

禁忌(次の患者には投与しないこと)
1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(1)乳酸アシドーシスの既往
(2)中等度以上の腎機能障害[腎臓における本剤の排泄が減少する。「重要な基本的注意」の項参照]
(3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
(4)重度の肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。「重要な基本的注意」の項参照]
(5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
(6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
(7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:東和薬品(株)学術部DIセンター(24時間受付対応)
〒571-8580 大阪府門真市新橋町2番11号
フリーダイヤル:0120-108-932
TEL:06-6900-9108
FAX:06-6908-5797
PDFファイル
メトホルミン塩酸塩錠250mg「トーワ」
東和薬品(株)
メトホルミン塩酸塩錠250mg「トーワ」 Tw720 9.60 2型糖尿病。ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。(1)食事療法・運動療法のみ。(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日量500mgより開始し、1日2~3回食後に分割経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、1日最高投与量は750mgとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。〔添付文書「禁忌」の項参照〕また、重篤な低血糖症を起こすことがある。用法・用量、使用上の注意に特に留意すること。
禁忌(次の患者には投与しないこと):1. 次に示す状態の患者〔乳酸アシドーシスを起こしやすい。〕 (1)乳酸アシドーシスの既往 (2)腎機能障害(軽度障害も含む。) (3)透析患者(腹膜透析も含む) (4)肝機能障害 (5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓など心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態 (6)過度のアルコール摂取者 (7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者 (8)高齢者(添付文書「高齢者への投与」の項参照) 2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者〔**輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必要である。〕 3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者〔インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。〕 4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者〔低血糖を起こすおそれがある。〕 5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(添付文書「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照) 6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:東和薬品(株)学術部DIセンター(24時間受付)
〒571-8580 大阪府門真市新橋町2番11号
フリーダイヤル:0120-108-932
電話:06-6900-9108
FAX:06-6908-5797
PDFファイル
製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「ニプロ」
ニプロ(株)
メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「ニプロ」 メトホルミン MT250 ニプロ 9.90 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2250mgまでとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。[「禁忌」の項参照]
腎機能障害又は肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与すること。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断すること。[「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「高齢者への投与」の項参照]

禁忌(次の患者には投与しないこと)
1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(1)乳酸アシドーシスの既往
(2)中等度以上の腎機能障害[腎臓における本剤の排泄が減少する。「重要な基本的注意」の項参照]
(3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
(4)重度の肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。「重要な基本的注意」の項参照]
(5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
(6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
(7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:ニプロ(株)医薬品情報室
〒531-8510 大阪市北区本庄西3丁目9番3号
フリーダイヤル:0120-226-898
FAX:06-6375-0177
PDFファイル
メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「ニプロ」
ニプロ(株)
メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「ニプロ」 メトホルミン MT500 ニプロ 9.90 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2250mgまでとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。[「禁忌」の項参照]
腎機能障害又は肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与すること。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断すること。[「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「高齢者への投与」の項参照]

禁忌(次の患者には投与しないこと)
1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(1)乳酸アシドーシスの既往
(2)中等度以上の腎機能障害[腎臓における本剤の排泄が減少する。「重要な基本的注意」の項参照]
(3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
(4)重度の肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。「重要な基本的注意」の項参照]
(5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
(6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
(7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:ニプロ(株)医薬品情報室
〒531-8510 大阪市北区本庄西3丁目9番3号
フリーダイヤル:0120-226-898
FAX:06-6375-0177
PDFファイル
メトホルミン塩酸塩錠250mg MT「ファイザー」
製造販売:ファイザー(株)、提携:マイラン製薬(株)
メトホルミン塩酸塩錠250mg MT「ファイザー」 YA 250 9.90 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2250mgまでとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。[「禁忌」の項参照]
腎機能障害又は肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与すること。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断すること。[「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「高齢者への投与」の項参照]

禁忌(次の患者には投与しないこと)
1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(1)乳酸アシドーシスの既往
(2)中等度以上の腎機能障害[腎臓における本剤の排泄が減少する。「重要な基本的注意」の項参照]
(3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
(4)重度の肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。「重要な基本的注意」の項参照]
(5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
(6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
(7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:ファイザー 製品情報センター
〒151-8589 東京都渋谷区代々木3-22-7
学術情報ダイヤル:0120-664-467
FAX:03-3379-3053
PDFファイル
メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「ファイザー」
製造販売:ファイザー(株)、提携:マイラン製薬(株)
メトホルミン塩酸塩錠500mgMT「ファイザー」 YA 500 9.90 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2250mgまでとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。[「禁忌」の項参照]
腎機能障害又は肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与すること。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断すること。[「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「高齢者への投与」の項参照]

禁忌(次の患者には投与しないこと)
1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(1)乳酸アシドーシスの既往
(2)中等度以上の腎機能障害[腎臓における本剤の排泄が減少する。「重要な基本的注意」の項参照]
(3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
(4)重度の肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。「重要な基本的注意」の項参照]
(5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
(6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
(7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:ファイザー 製品情報センター
〒151-8589 東京都渋谷区代々木3-22-7
学術情報ダイヤル:0120-664-467
FAX:03-3379-3053
PDFファイル
メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「日医工」
日医工(株)
メトホルミン塩酸塩錠250mgMT「日医工」 n 758 9.90 2型糖尿病
ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る。
(1)食事療法・運動療法のみ
(2)食事療法・運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用
用法・用量
通常、成人にはメトホルミン塩酸塩として1日500mgより開始し、1日2~3回に分割して食直前又は食後に経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、通常1日750~1500mgとする。なお、患者の状態により適宜増減するが、1日最高投与量は2250mgまでとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。[「禁忌」の項参照]
腎機能障害又は肝機能障害のある患者、高齢者に投与する場合には、定期的に腎機能や肝機能を確認するなど慎重に投与すること。特に75歳以上の高齢者では、本剤投与の適否を慎重に判断すること。[「慎重投与」、「重要な基本的注意」、「高齢者への投与」の項参照]

禁忌(次の患者には投与しないこと)
1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
(1)乳酸アシドーシスの既往
(2)中等度以上の腎機能障害[腎臓における本剤の排泄が減少する。「重要な基本的注意」の項参照]
(3)透析患者(腹膜透析を含む)[高い血中濃度が持続するおそれがある。]
(4)重度の肝機能障害[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。「重要な基本的注意」の項参照]
(5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓等心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態[乳酸産生が増加する。]
(6)過度のアルコール摂取者[肝臓における乳酸の代謝能が低下する。]
(7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。]
4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。]
5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人[「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照]
6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:日医工 お客様サポートセンター
〒930-8583 富山市総曲輪1丁目6番21
フリーダイアル:0120-517-215
Fax:076-442-8948
PDFファイル

一般名:ブホルミン

本剤の作用機序はスルフォニル尿素剤のように膵臓のラ氏島のβ細胞を刺激してインスリンの遊離を促進するのとは全く異なり、グリコーゲン及びブドウ糖を急速に分解して乳酸にする嫌気性解糖系を促進させ、末梢組織の糖摂取能を亢進させ、また肝糖原の新生と肝臓からの糖放出を抑制して血糖低下作用をあらわす。

製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
ジベトス錠50mg
日医工(株)
ジベトス錠50mg NN113 9.60 インスリン非依存型糖尿病(ただし、SU剤が効果不十分な場合あるいは副作用等により使用不適当な場合に限る)。
用法・用量
本剤はSU剤が効果不十分な場合、あるいは副作用等により使用不適当な場合にのみ使用すること。通常、ブホルミン塩酸塩として1日量100mgより開始し、1日2~3回食後に分割経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、1日最高投与量は150mgとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり,死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。(添付文書「禁忌」の項参照) また,重篤な低血糖症を起こすことがある。用法・用量,使用上の注意に特に留意すること。
禁忌(次の患者には投与しないこと):1. 次に示す状態の患者[乳酸アシドーシスを起こしやすい。] (1) 乳酸アシドーシスの既往 (2) 腎機能障害(軽度障害も含む。) (3) 透析患者(腹膜透析も含む。) (4) 肝機能障害 (5) ショック,心不全,心筋梗塞,肺塞栓など心血管系,肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態 (6) 過度のアルコール摂取者 (7) 脱水症,脱水状態が懸念される下痢,嘔吐等の胃腸障害のある患者 (8) 高齢者(添付文書「高齢者への投与」の項参照) 2. 重症ケトーシス,糖尿病性昏睡又は前昏睡,1型糖尿病の患者[輸液,インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須である。] 3. 重症感染症,手術前後,重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また,乳酸アシドーシスを起こしやすい。] 4. 栄養不良状態,飢餓状態,衰弱状態,脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者[低血糖を起こすおそれがある。] 5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(添付文書「妊婦,産婦,授乳婦等への投与」の項参照) 6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:日医工(株)お客様サポートセンター
〒930-8583 富山市総曲輪1丁目6番21
フリーダイアル:0120-517-215
FAX:076-442-8948
PDFファイル
ジベトンS腸溶錠50mg
寿製薬(株)
ジベトンS腸溶錠50mg 9.60 インスリン非依存型糖尿病(ただし、SU剤が効果不十分な場合あるいは副作用等により使用不適当な場合に限る)。
用法・用量
本剤はSU剤が効果不十分な場合、あるいは副作用等により使用不適当な場合にのみ使用すること。通常、ブホルミン塩酸塩として1日量100mgより開始し、1日2~3回食後に分割経口投与する。維持量は効果を観察しながら決めるが、1日最高投与量は150mgとする。
警告・禁忌
警告:重篤な乳酸アシドーシスを起こすことがあり、死亡に至った例も報告されている。乳酸アシドーシスを起こしやすい患者には投与しないこと。〔添付文書「禁忌」の項参照〕また、重篤な低血糖症を起こすことがある。用法・用量、使用上の注意に特に留意すること。
禁忌(次の患者には投与しないこと):1. 次に示す状態の患者〔乳酸アシドーシスを起こしやすい。〕 (1)乳酸アシドーシスの既往 (2)腎機能障害(軽度障害も含む。) (3)透析患者(腹膜透析も含む) (4)肝機能障害 (5)ショック、心不全、心筋梗塞、肺塞栓など心血管系、肺機能に高度の障害のある患者及びその他の低酸素血症を伴いやすい状態 (6)過度のアルコール摂取者 (7)脱水症、脱水状態が懸念される下痢、嘔吐等の胃腸障害のある患者 (8)高齢者(添付文書「高齢者への投与」の項参照) 2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者〔**輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必要である。〕 3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者〔インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。また、乳酸アシドーシスを起こしやすい。〕 4. 栄養不良状態、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能不全又は副腎機能不全の患者〔低血糖を起こすおそれがある。〕 5. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(添付文書「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照) 6. 本剤の成分又はビグアナイド系薬剤に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:寿製薬(株)開発部
〒389-0697 長野県埴科郡坂城町大字坂城6351
電話:0268-82-2211
FAX:0268-82-2215
PDFファイル
 開発中の薬剤―新薬情報―

 経口薬
  スルホニル尿素薬
  速効型インスリン分泌促進薬
  α-グルコシダーゼ阻害薬
  ビグアナイド薬
  チアゾリジン薬
  DPP-4阻害薬 情報ファイル
  SGLT2阻害薬 情報ファイル
  配合薬

 注射薬
  インスリン製剤
  インスリン製剤早見表
  GLP-1受容体作動薬 情報ファイル

 医療機器・検査機器
  インスリン注入器
  インスリンポンプ
  血糖測定器・ランセット
  CGM:持続血糖測定器
  FGM:Flash Glucose Monitoring
  尿試験紙・尿糖計
  臨床検査機器・試薬
 基礎研究分野

メールマガジン登録無料