【ADA2020】 糖尿病予防研究「DPPOS」から新しい報告 2型糖尿病の発症リスク減少が長期持続

第80回米国糖尿病学会(ADA2020)
 糖尿病予防研究「DPPOS」に登録された2,000人以上を長期追跡調査したところ、2型糖尿病の発症リスクが引き続き有意に減少していることが示された。
糖尿病予防プログラムの長期追跡 2型糖尿病を予防
 糖尿病予防プログラムに関する長期追跡調査の報告が、第80回米国糖尿病学会(ADA2020)のバーチャル会議で発表された。これはDPPOSからの新しい報告だ。DPPOSは、1996年から2001年にかけて実施された糖尿病予防プログラム「DPP」の長期追跡調査で、2型糖尿病の高発症リスク者を対象に、ライフスタイルへの強力な介入またはメトホルミンによる治療を実施し、2型糖尿病の予防または発症遅延効果を長期的に検討した。

 DPPOSにはDPPに登録した症例の88%が登録され、75%で評価が続いている。DPPは、2型糖尿病の高発症リスク者に対してライフスタイルへの介入またはメトホルミン投与による発症抑制効果を比較検討した研究だ。ライフスタイル群、メトホルミン群、プラセボ群の3群に割り付けて実施された。2型糖尿病の発症リスクは、プラセボ群と比較してライフスタイル群で58%、メトホルミン群で31%低減した。メトホルミンは2型糖尿病治療において世界で最も一般的に使用されている薬剤の1つだが、米国食品医薬品局(FDA)では発症予防には分類されていない。

DPPOSの主な最新結果
・ DPP開始から22年経過した時点での糖尿病の発症リスクは、プラセボ群と比較してライフスタイル群で25%、メトホルミン群で18%低減した。
・ 糖尿病を発症していない人は、眼と腎疾患の早期変化を生じるリスクがそれぞれ57%と37%と有意に低く、心臓発作や脳卒中などの主な心血管疾患のエンドポイントのリスクが39%低かった。
・ 全体的に糖尿病予防への効果は認められたものの、メトホルミン群とライフスタイル群ともに、心疾患、腎疾患、糖尿病性網膜症の発症に関して有意な効果は認められなかった。
・ 45歳未満で登録した患者のサブグループでは、メトホルミンによる脳卒中の減少および心血管イベントの良好な傾向が認められた。
・ メトホルミン群では、有意差はないもののプラセボ群と比較して癌のリスクが12%低下した。
・ ライフスタイル群では、フレイルの発生が長期的に減少したことが示された。
・ いずれかの介入で観察された唯一の長期的な負の影響は、メトホルミンによって腎疾患がわずかに増加したことであり、これは最も年齢の高いグループにのみ認められた。

 マサチューセッツ総合病院の臨床研究センターおよび糖尿病センターのディレクター、ハーバード・メディカル・スクール薬学教授であるDavid M. Nathan医師は「DPP/DPPOSは、登録した症例を積極的に追跡し続けている最長かつ最大規模の予防試験だ。最新の結果は、2型糖尿病の予防が可能であり、重要な臨床効果があることを示している。糖尿病の発症に介入したDPPとDPPOSは、開始から長期間経った現在も、介入の効果を証明し、糖尿病患者を減少することに貢献し続けている。現在、DPPライフスタイル介入プログラムは、米国疾病管理予防センター(CDC)による全米糖尿病予防プログラム(NDPP)とメディケア・メディケイドサービスセンターが支援するメディケア糖尿病予防プログラム(MDPP)を通じて、全米のコミュニティでメディケア1受給者に提供されている」と述べた。

1 メディケアは、米国における65歳以上の高齢者と65歳未満の障害者向けの公的医療保険プログラム。

New Data from Diabetes Prevention Program Outcomes Study Shows Persistent Reduction of Type 2 Diabetes Development Over 22-Year Average Follow-Up

[Shiga]

関連ニュース

2020年07月09日
重症COVID-19患者に対する「フサン」と「アビガン」の併用療法 8割以上が軽快しICU退室という結果に
2020年07月09日
COVID-19対策を行っている企業ほど、従業員の精神的な健康度や仕事のパフォーマンスは高い
2020年07月02日
糖尿病患者向け経済的支援を開始 COVID-19の影響で治療継続が難しくなった患者の医療費を支援 日本メドトロニック
2020年07月02日
GLP-1受容体作動薬の週1回投与単回使用製剤「オゼンピック皮下注SD」を発売 効能・効果は2型糖尿病
2020年07月02日
超速効型インスリン製剤での日本初のバイオシミラー インスリン リスプロBS注HU「サノフィ」を発売
2020年07月02日
世界初の経口投与できるGLP-1受容体作動薬「リベルサス錠」 2型糖尿病治療薬として承認取得
2020年07月01日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE) 2020年度申込を受付中 講習会はeラーニング開催
2020年06月25日
肥満症治療を最適化し、肥満への理解の向上を目指す 国際研究プロジェクト「SOPHIA」が活動を開始
2020年06月25日
週1回投与の持続性GLP-1受容体作動薬「トルリシティ」が高い服薬アドヒアランスと継続性を示す
2020年06月24日
メトホルミンでは血糖コントロールが不十分な2型糖尿病患者でビクトーザが血糖コントロール期間を長期化

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶