第77回米国糖尿病学会(ADA2017)ハイライト 米国の糖尿病医療の最前線

 第77回米国糖尿病学会年次学術集会が6月9~13日にサンディエゴ コンベンション センターで開催されました。期間中に開催されたシンポジウムから、特に話題になったものをご紹介します。
心血管イベントのリスクが高い2型糖尿病患者を対象としたインスリン デグルデクとインスリン グラルギンの比較試験「DEVOTE」の結果
 インスリン デグルデクとインスリン グラルギンU100を比較した「DEVOTE」試験の結果が報告された。「DEVOTE」は、心血管イベントリスクが高い2型糖尿病患者におけるインスリン デグルデクとインスリン グラルギンの心血管系への安全性を比較した試験。ADAでの「DEVOTE」のシンポジウムと同時に「New England Journal of Medicine」に論文が発表された

 心血管疾患(MACE)のリスクが高い成人2型糖尿病の患者7,637例を対象とした約2年間の多国籍・多施設・無作為化・二重盲検試験。主要評価項目を、主要なMACEである心血管死、非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中のいずれかが最初に発現するまでの時間として、重要な副次的評価項目として、夜間の重大な低血糖を含む重大な低血糖の発現件数とした。

 両群の心血管疾患による死亡、非致死性心筋梗塞または非致死性脳卒中の最初の発生などMACEの非劣性が示された。デグルデクは重度の低血糖症および夜間重度低血糖のリスクが低いことが示された。
  • インスリン デグルデクは重大な低血糖に関して優越性を示した。重大な低血糖を発現した患者の割合はインスリン デグルデク群で27%少なく、重大な低血糖の発現件数は全体で40%低下した。
  • インスリン デグルデク群は夜間の重大な低血糖の発現件数を53%低下させた。これらの差はいずれも統計的に有意だった。
  • 2年後の空腹時血糖値については、インスリン デグルデク群は有意に低下させた(ETD -7.2 mg/dL、p<0.001)。
Efficacy and Safety of Degludec versus Glargine in Type 2 Diabetes(New England Journal of Medicine 2017年6月12日)

Combination Therapy in Type 2 Diabetes--Promise Delivered?
糖尿病を解明するために肥満の病因を探る
 ピッツバーグ大学の内分泌学・代謝学科のErin E. Kershaw氏は、「肥満の病理を理解するためには、肥満の病因の3つの重要な側面、すなわち研究方法、新しい寄与因子の特定および特徴付け、そして肥満病因の系統的な理論を改訂するための新しい知識の組み換えが必要だ」と言う。最新のシステム生物学は、多様な生物学的シグナルを統合して生物全体の肥満に寄与する新しいネットワークを同定するアプローチを提示している。さらに、さまざまな代謝物とメディエーターを肥満の病因に関連付けるデータを探求している。

A Modern Update of Thrifty Genes, Set Points, and Other Models of Obesity Pathogenesis
意思決定の共有-患者と医療プロバイダーのコミュニケーションを改善するための戦略
 ピッツバーグ大学糖尿病研究所のLinda M. Siminerio氏は、米国立糖尿病教育プログラム(NDEP)の最新の成果を紹介。糖尿病患者と医療者が治療のための意思決定を共有する方策を探った。糖尿病リスクに対する認識が弱い患者にアプローチするために、社会的・文化的障壁を考慮し、エビデンスベースの実用的な糖尿病管理リソースが必要だと説く。「ほとんどの患者は糖尿病療養に対する意思決定に参加したいという意欲をもっているが、医療者の要求とはギャップがある。患者中心のケアを提供するために、医療プロバイダーとの対話を活性化する必要がある」と指摘している。

NDEP Symposium--Shared Decision-Making--Strategies for Improvements in Patient-Provider Communication
個別化された2型糖尿病のケアは過剰医療を防ぐのに有用
 ミシガン大学の内科学科のSandeep Vijan氏は、多様な慢性疾患に対する個別化医療のコストやリスク、有効性を検証し、医療制度改革の基礎となる介入中心のモデル開発に取り組んでいる。「糖尿病患者の相当数が潜在的に過剰医療を受けている可能性が複数の観察研究から示されている。糖尿病医療では血糖コントロールだけではない多面的な管理が必要とされるようになり、結果として過剰なケアが長期にわたり続けられていることが懸念される。特に高齢患者における多剤耐性、薬物相互作用、副作用、高い医療コストは医療の現場で深刻な問題になりつつある」と、メイヨークリニックのRozalina G. McCoy氏は指摘。

The Fate of the Affordable Care Act
糖尿病の心理社会的ケアが求められている
 糖尿病はうつ病、不安障害、摂食障害のリスクが高く、QOLを損なう可能性のある慢性疾患だ。ライフスタイルを患者自らが管理するのを、行動的・精神的な面から心理社会的ケアでサポートする必要がある。米国糖尿病学会(ADA)は、糖尿病患者のケアを支援するために心理社会的スクリーニングと評価のための具体的かつ包括的なガイドラインを推奨している。

 しかし、糖尿病特有のメンタルヘルスケアを提供できる知識と経験を有する専門家は限られる。このギャップを埋めるために、ADAは米国心理学学会(APA)と提携し、糖尿病教育プログラムを支援するメンタルヘルスプロバイダーの育成を計画。

 「こうした共同作業が進むにつれ、糖尿病の心理社会的側面はより適切かつ適切に対処できるようになる」と、スタンフォード大学小児内分泌学および精神・行動科学のKorey Hood氏は言う。注目すべきは、保険者で提供する医療と、費用効果の高い糖尿病ケアとどのように統合されるべきかだという。

American Diabetes Association's 77th Scientific Sessions

[Terahata]

関連ニュース

2019年08月08日
DPP-4阻害薬「スイニー」にLDLコレステロール低下作用 スタチン服用中のハイリスク2型糖尿病患者で
2019年08月08日
FDAが初の経鼻グルカゴン製剤を承認 重症低血糖治療の新たな選択肢
2019年08月02日
糖尿病合併症の検査の実施率に全国で格差 糖尿病腎症の検査の実施率は最高31.6%、最低10.8% 国立国際医療研究センター
2019年08月02日
糖尿病性腎症の予後因子としてタンパク尿の重要性を解明 腎生検にもとづく長期・大規模コホート研究「糖尿病性腎症レジストリー」
2019年08月01日
「SGLT2阻害薬」はケトアシドーシスに注意 「患者への説明も含めた十分な対策が必要」と呼びかけ 日本糖尿病学会
2019年08月01日
血糖自己測定(SMBG)の再評価が始まっている SMBGは糖尿病の管理を向上させる有用なツール
2019年08月01日
SGLT2阻害薬使用で血糖値が正常でも糖尿病性ケトアシドーシスを発症
2019年07月30日
2017年度の生活習慣病の医療費 糖尿病が第1位に レセプト3億8,000万件を分析
2019年07月26日
医師からの共感を経験した2型糖尿病患者の臨床転帰が改善 英研究
2019年07月26日
経口セマグルチドを日本で2型糖尿病治療薬として承認申請 GLP-1アナログの錠剤

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶