オピニオンリーダーによる糖尿病ガイダンス

15. 運動とインスリン抵抗性改善

佐藤祐造 先生(名古屋大学名誉教授、
愛知学院大学心身科学部健康科学科教授)

佐藤祐造 先生

初出:医療スタッフのための『糖尿病情報BOX&Net.』No. 15(2008年1月1日号)

国民のインスリン抵抗性改善が急務

 内臓脂肪の過剰蓄積は、インスリン抵抗 性をもたらし糖尿病の発症を促したり、耐 糖能異常を伴うメタボリックシンドローム の原因となります。個人個人が効率の良い 便利な生活を追及してきた結果として高度 に"文明化"された現代社会では、身体活動 量が減少し、食生活の欧米化と相まって、 内臓脂肪過剰蓄積を基盤とするこのような 生活習慣病が急増しています。

 生活習慣病の発症後、ことに心血管疾患 発症後の治療には膨大な医療費がかかり、 それを防ぐことが目下の社会的課題です。 そして、数千万人に上る患者および予備軍 の人たちのインスリン抵抗性を改善する、 コストパフォーマンスが良くて実行性のあ る介入方法を示すことが今、医学に求めら れています。

運動でインスリン抵抗性が改善するメカニズム

 厚生労働省が生活習慣病対策のため策定 した標語には「一に運動、二に食事、しっ かり禁煙、最後にクスリ」とあり、運動と 食事の重要性が国民へのメッセージとして 強調されています。筆者は、運動がインス リン感受性に及ぼす影響をグルコースクラ ンプ法によって評価する研究を行い発表し てきました。そこで、これまでの研究結果 と近年の知見から、運動によるインスリン 抵抗性に対するアプローチをまとめてみま す。

― 運動は筋肉を増やす ―

 インスリン抵抗性は、全身のさまざまな 部位で生じる可能性がありますが、臨床的 に重要なのは、筋肉、脂肪組織、肝臓です。 運動の効果で筋肉量が増大すると、糖を取 り込む"容量"が増えることに加えて、筋で の解糖系とクエン酸回路が活性化し、かつ インスリンシグナル伝達機構の糖輸送担体 GLUT4が増加することなどによって、イン スリン抵抗性が改善します。

― 運動は内臓脂肪を効果的に減らす ―

 また、運動による体脂肪減少効果は内臓 脂肪に選択的に現れます。そのため内臓脂 肪由来のTNF- α やレジスチンが減少し、ア ディポネクチンが増加して、インスリン抵 抗性が改善します。

 もちろん食事制限でも減量は可能ですが、 それのみでは除脂肪体重の減少が主で、イ ンスリン抵抗性の改善をあまり期待できま せん。一方、運動を継続すると、たとえ体 重が減らなくてもインスリン抵抗性が改善 します。このことから、メタボリックシン ドロームへの介入方法としては「軽度の食 事制限+運動」が理想と言えるでしょう。

― 急性代謝効果により、食後の血糖上昇を 抑制 ―

 前記二つは運動の中・長期的効果(トレ ーニング効果)ですが、運動の急性効果と して、血中のグルコースおよび遊離脂肪酸 (FFA)の筋肉での利用促進があります。こ の効果が継続的に発現するように維持すれ ば、肝臓におけるインスリン抵抗性の改善 も期待できます。

運動処方の実際

 負荷の強い運動は、カテコラミンなどの インスリン拮抗ホルモンの分泌を刺激する ので、運動処方にあたっては原則的に、中 程度、乳酸閾値(LT)レベルの運動強度とし ます。具体的にはジョギング、水泳に代表 される、全身の筋肉を用いる有酸素運動で す。1回10~30分、週3~5回以上の運動が 標準として勧められます。

 こうしたトレーニングを目的とした運動 に加え、通勤や労働中の運動も2型糖尿病 のリスクを低下させることが明らかになっ ています。歩数計や消費エネルギー計測器 などを利用しモチベーションを保ちつつ、 意識的に日常の作業量を増やすような指導 も必要でしょう。厚生労働省が一昨年に発 表した「健康づくりのための運動指針(エク ササイズガイド2006)」には、生活動作や運 動の種類別に、その強度が示されていて、 参考になります。

 なお、軽い負荷でのレジスタンス運動が、 ウォーキングなどの有酸素運動を補い、加 齢に伴う筋力低下を防ぐための手段として、 近年注目されています。軽めのダンベルや ゴムチューブを用いた体操などが該当し、 異なった部位の筋肉を鍛えられるうえ、家 庭内で継続するのにも適しています。

高齢者が継続可能な運動は?

 このように、運動の有効性は明らかであ るものの、高齢者では関節障害などのため に、運動そのものができないことも少なく ありません。高齢社会を迎え、そのような 方々への対応が重要となってきました。 筆者は、他動的運動機器を用いた運動の 効果について報告しています。例えばジョ ーバ®の騎乗は、高齢者にも短期的および 長期的に有意なインスリン感受性増強作用 をもたらし、その効果は通常の有酸素運動 と同等でした。

 家庭内で安全に継続できる運動として、 今後はこのような他動的運動機器の使用を より積極的に検討して良いでしょう。

※記事内容、プロフィール等は発行当時のものです。ご留意ください。

オピニオンリーダーによる糖尿病ガイダンス 目次

2019年09月19日
米国糖尿病学会ガイドラインの新項目「テクノロジー」 FGM(フラッシュグルコースモニタリング)に言及
2019年09月18日
厚労省が「食事摂取基準2020年版」の要点を公表 脂質異常症と高齢者のフレイルに対策
2019年09月18日
慢性痛が気分を落ち込ませるメカニズムを解明 慢性痛・うつ病の治療薬開発に期待
2019年09月12日
日本医師会が米ジョスリン糖尿病センターと連携 かかりつけ医向けに「ジョスリン糖尿病研修会」を実施
2019年09月12日
筋肉の質の低下を決める3つの要因が判明 高齢者の筋肉を維持するために 名古屋大
2019年09月12日
血糖管理強化による低血糖入院・救急受診が2年で約1万件――米報告
2019年09月06日
SGLT2阻害薬が示すアルブミン尿抑制効果 朝の家庭血圧の改善が臨床的作用機序に 横浜市立大
2019年09月06日
糖尿病の自己管理教育・支援で低血糖のリスクが低下
2019年09月06日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」 第3相DAPA-HF試験の結果を発表 心血管死と心不全の悪化の発現率が有意に低下
2019年09月02日
皆さんの体験が4コマ漫画に!? 糖尿病看護「あるある体験談」募集!