糖尿病診療の目

糖尿病治療の目指すところは?

松葉 育郎 先生(松葉医院 院長)

筆者について

来院される方々

糖尿病専門の開業外来で診療に携わっていると、初診で来られる患者さんは、大きくふたつに分けられます。

健康診断で尿糖が見つかり、糖尿病の疑いが指摘されたり、家族が糖尿病で最近、尿量が多くなり、心配だから一度検査をしたいという、初期の糖尿病と考えられる患者さん。

もうひとつは既に糖尿病と診断されて大病院に通院していたが土曜日しか通院できない、転居など個人としての都合で紹介・転院してくる患者さん。そして、なかなか血糖コントロールが良くならない、いくつかの合併症があり、循環器、腎臓専門医、糖尿病専門医へのそれぞれの期待をもち、今より良くしたいという患者さんです。

エッ、治らないんですか?

患者さんが望んでいることは、健康な毎日を過ごしたい、家族と出かけたり、ときには旅行に行き美味しい豪華な料理も楽しみたい、健康であったときと同じ生活をしたいという希望です。

とくに、初めて糖尿病といわれた患者さんから聞かれる言葉には、返事に窮することもしばしばあります。「先生、糖尿病といわれましたが、治してくれるんですよね?治る病気ですよね?検査で引っかかり来ましたが、私はどこも悪くないし、痛くもかゆくもないし、普通に仕事もしています。血糖値が高いなら、それを下げれば良いんですね。下がったら、もう、来なくて良いですよね」

健康な人と変わらない日常生活を取り戻す

患者さんが、糖尿病とこれから取り組んでいくためには、まず、どこを目指していくかをわかりやすく説明し、理解していただく必要があります。

日本糖尿病学会では実地医療家を対象とした「糖尿病治療ガイド」を出版しているのを、ご存じでしょうか?現在では2年ごとに改訂され、最新の情報が盛り込まれて新版が発行されています。糖尿病を専門としない臨床医や、療養指導を担当するコメディカルを主対象に糖尿病の病態・診断・検査・治療などをまとめたものです。

この糖尿病治療ガイドから糖尿病治療の目標を調べると、まず、最終的に目指すところは、健康な人と変わらない日常生活の質(QOL)の維持、健康な人と変わらない寿命の確保と書かれています。そのためには、糖尿病細小血管合併症(網膜症、腎症、神経障害)および動脈硬化性疾患(冠動脈疾患、脳血管障害、末梢動脈疾患)の発症、進展の阻止が挙げられています。

具体的には血糖、体重、血圧、血清脂質の良好なコントロール状態の維持が求められます。

糖尿病が原因で亡くなる人

厚生労働省の発表によると、日本人の平均寿命は男性80.21歳、女性86.61歳(2013年度)で長寿国として世界的にも評価されています。長寿を支える医療・保険制度、そのほか衛生面や治安面など恵まれた日本社会の賜物です。

それでは、糖尿病は日本人の寿命にどの程度の影響を与えているものなのでしょうか。糖尿病学会では10年おきに死因や死亡年齢について全国調査をしています。

一般人の死因である血管障害(動脈硬化による)、がん、肺炎などの感染症は糖尿病患者で頻度が高く、しかも若い患者でも発病しています。死亡原因調査報告をみると悪性新生物(がん)34.1%、血管障害(脳、心臓)26.8%、感染症(肺炎)14.3%の順となり、一般人の順位と変わりありません。そして、糖尿病の合併症、糖尿病に関連が疑われる疾患(心筋梗塞、脳梗塞など)によって死亡するケースが多いと考えられています。また、糖尿病の死亡率を県別に調べてみると、地域による差があることも明らかです(表1)。

表1 糖尿病の死亡率(人口10万人対) 都道府県別の順位 <単位:人(人口10万人対)>
1 神奈川 7.1 13 広島 10.4 25 島根 12.1 37 富山 13.4
2 滋賀 7.3 14 長崎 10.8 26 群馬 12.2 38 栃木 13.5
3 愛知 8.2 15 大分 10.9 27 福井 12.2 39 鳥取 14.6
4 岐阜 8.7 16 大阪 11.0 28 佐賀 12.3 40 鹿児島 14.6
5 京都 9.4 17 兵庫 11.0 29 北海道 12.4 41 秋田 14.9
6 東京 9.6 18 福岡 11.1 30 三重 12.6 42 高知 15.0
7 奈良 9.8 19 山形 11.3 31 茨城 12.9 43 山梨 15.1
8 埼玉 9.9 20 山口 11.5 32 静岡 13.0 44 青森 16.0
9 千葉 10.0 21 宮崎 11.5 33 沖縄 13.1 45 福島 16.1
10 宮城 10.1 22 和歌山 11.7 34 岩手 13.2 46 香川 17.4
11 熊本 10.1 23 岡山 11.8 35 新潟 13.2 47 徳島 17.6
12 石川 10.4 24 愛媛 11.9 36 長野 13.3 全国平均 11.0
(厚生労働省:平成25年人口動態統計月報年計(概算)の概況)

参考:糖尿病の都道府県別ランキング ワーストは徳島、ベストは神奈川

がん検診を受けましょう

糖尿病ではがんが多いことが、今はわかっています。国民の約半分ががんに罹り、その半分ががんで死亡する時代です。ですから、糖尿病患者さんはがん検診などを年1回は受けて、早期発見に努めるべきです。

血糖は下がり、体重も減り、改善したと考えていたら、胃がんであったなどという失敗も、私自身の診療で経験しています。

高齢化と健康寿命

もうひとつの大きな課題は、高齢化社会の到来で、高齢者の糖尿病が増加していることです。また、糖尿病では認知症が多いことも明らかになってきました。また、血糖コントロールが不良な患者さんの方が、早く進行するといわれています。

通院している糖尿病患者さんの平均年齢は、この10年間で63歳から65歳になっています(JDDM、2013年基礎資料)。つまり、約半分の患者さんは高齢者であるという現実に直面して行かなければならないのです。

適切な治療は寿命を伸ばす

糖尿病患者さんの平均寿命は、一般の人と比較するとマイナス10~13年といわれています。しかし、糖尿病専門クリニックへ定期的に通院している患者さんの死亡時年齢は、2000年前後で比較すると高くなっており、日本人の平均寿命と変わらない患者さんもいます。

これは、前向きに、きっちり治療を継続していることが大きく影響してます。治療へのモチベーションを維持・向上させることこそがライフ・ロング・ケアの大切な課題とされています(T-CARE Survey報告から)。

合併症を抑え、健康寿命を伸ばすために

これまで述べてきたいくつかの合併症を、長期にわたりしっかり抑えることができれば、患者さんは健康寿命を全うできるといえます。では、そのためにはどうすればいいか、ということに話は移していきましょう。

現在考えられていることは、以下の4項目、いわゆるメタボリック・リスクファクターといわれる、血糖、体重、血圧、血清脂質の良好なコントロール状態の達成と長期的な維持が具体的には求められています。

次回は、この4項目の求められる管理目標と実際の実臨床(Real World)での到達度に関して述べてみたいと思います。

参考資料

  • 1)日本糖尿病学会編:糖尿病治療ガイド2014-2015、文光堂、2014
  • 2)堀田 饒ほか:アンケート調査による日本人糖尿病の死因 -1991-2000年の10年間、18,385名での検討-、糖尿病VOL.50(2007)、日本糖尿病学会
  • 3)JDDM2013年基礎資料:登録患者の平均年齢、糖尿病データマネジメント研究会(JDDM)ホームページ、2014
  • 4)アンケート調査「糖尿病患者の意識と行動」:塩野義製薬、2014

(2014年12月24日)

※記事内容、プロフィール等は発行当時のものです。ご留意ください。

2019年08月22日
「SGLT2阻害薬」はケトアシドーシスに注意 「患者への説明も含めた十分な対策が必要」と呼びかけ 日本糖尿病学会
2019年08月22日
空腹時血糖値と膵臓がんリスクが非糖尿病段階でも相関
2019年08月21日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年08月21日
神経障害性疼痛の痛みの原因物質を特定 痛みシグナルを伝達する末梢神経・脊髄後角に着目 大阪大
2019年08月21日
糖尿病における創傷治癒遅延の分子メカニズムを解明 CCL2が創傷治癒を促進 和歌山医大
2019年08月21日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2019 参加者募集開始!
2019年08月21日
「10月8日は、糖をはかる日」2019年写真コンテスト作品募集開始!
2019年08月13日
メトホルミンの禁忌は重度の腎機能障害患者(eGFR30未満)のみに 厚労省が安全性情報
2019年08月09日
「吸入インスリン」の第2相および第3相試験の結果を発表 MCIあるいは軽度のアルツハイマー病の患者が対象 AAIC 2019
2019年08月08日
DPP-4阻害薬「スイニー」にLDLコレステロール低下作用 スタチン服用中のハイリスク2型糖尿病患者で