第1部 医薬品・医療機器・検査機器・試薬

SGLT2阻害薬    薬剤一覧表

患者さん指導・説明用動画 (糖尿病3分間ラーニング より)

糖尿病3分間ラーニングは、糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、
テーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。

一般名:イプラグリフロジン

製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
スーグラ錠25mg
製造販売/アステラス製薬(株)、販売提携/寿製薬(株)
スーグラ錠25mg スーグラ25 133.80 2型糖尿病
1型糖尿病※

※本剤の適用はあらかじめ適切なインスリン治療を十分に行った上で、血糖コントロールが不十分な場合に限ること
用法・用量
2型糖尿病
通常、成人にはイプラグリフロジンとして50mgを 1 日 1 回朝食前又は朝食後に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg 1 日 1 回まで増量することができる。
1型糖尿病※
インスリン製剤との併用において、通常、成人にはイプラグリフロジンとして50mgを 1 日 1 回朝食前又は朝食後に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg 1 日 1 回まで増量することができる。
警告・禁忌
禁 忌(次の患者には投与しないこと)
(1)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
(2)重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡[輸液、インスリン製剤による速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。]
(3)重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン製剤による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:アステラス製薬 メディカルインフォメーションセンター
〒103-8411 東京都中央区日本橋本町 2 丁目 5 番 1 号
フリーダイヤル:0120-189-371
PDFファイル
スーグラ錠50mg
製造販売/アステラス製薬(株)、販売提携/寿製薬(株)
スーグラ錠50mg スーグラ50 200.20 2型糖尿病
1型糖尿病※

※本剤の適用はあらかじめ適切なインスリン治療を十分に行った上で、血糖コントロールが不十分な場合に限ること
用法・用量
2型糖尿病
通常、成人にはイプラグリフロジンとして50mgを 1 日 1 回朝食前又は朝食後に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg 1 日 1 回まで増量することができる。
1型糖尿病※
インスリン製剤との併用において、通常、成人にはイプラグリフロジンとして50mgを 1 日 1 回朝食前又は朝食後に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg 1 日 1 回まで増量することができる。
警告・禁忌
禁 忌(次の患者には投与しないこと)
(1)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
(2)重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡[輸液、インスリン製剤による速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。]
(3)重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン製剤による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:アステラス製薬 メディカルインフォメーションセンター
〒103-8411 東京都中央区日本橋本町 2 丁目 5 番 1 号
フリーダイヤル:0120-189-371
PDFファイル

一般名:ダパグリフロジン

製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
フォシーガ錠5mg
製造販売元/アストラゼネカ(株)、販売/小野薬品工業(株)
フォシーガ錠5mg 1427 198.50 2型糖尿病
1型糖尿病※

※本剤の適用はあらかじめ適切なインスリン治療を十分に行った上で、血糖コントロールが不十分な場合に限ること
用法・用量
2型糖尿病
通常、成人にはダパグリフロジンとして5mgを1日1回経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら10mg1日1回に増量することができる。
1型糖尿病※
インスリン製剤との併用において、通常、成人にはダパグリフロジンとして 5mgを1日1回経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に 観察しながら10mg1日1回に増量することができる。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。]
3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:
アストラゼネカ メディカルインフォメーションセンター
〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号
フリーダイヤル:0120-189-115
小野薬品工業 くすり相談室
〒541-8564 大阪市中央区久太郎町1丁目8番2号
フリーダイヤル:0120-626-190
PDFファイル
フォシーガ錠10mg
製造販売元/アストラゼネカ(株)、販売/小野薬品工業(株)
フォシーガ錠10mg 1428 296.90 2型糖尿病
1型糖尿病※

※本剤の適用はあらかじめ適切なインスリン治療を十分に行った上で、血糖コントロールが不十分な場合に限ること
用法・用量
2型糖尿病
通常、成人にはダパグリフロジンとして5mgを1日1回経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら10mg1日1回に増量することができる。
1型糖尿病※
インスリン製剤との併用において、通常、成人にはダパグリフロジンとして 5mgを1日1回経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に 観察しながら10mg1日1回に増量することができる。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。]
3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:
アストラゼネカ メディカルインフォメーションセンター
〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号
フリーダイヤル:0120-189-115
小野薬品工業 くすり相談室
〒541-8564 大阪市中央区久太郎町1丁目8番2号
フリーダイヤル:0120-626-190
PDFファイル

一般名:ルセオグリフロジン

製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
ルセフィ錠2.5mg
製造販売/大正製薬(株)
ルセフィ錠2.5mg ルセフィ 2.5 189.00 2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはルセオグリフロジンとして 2.5 mg を 1 日 1 回朝食前又は朝食後に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら 5 mg 1 日 1 回に増量することができる。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。]
2.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
3.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:
大正製薬 メディカルインフォメーションセンター
〒 170-8633 東京都豊島区高田3-24-1
フリーダイヤル:0120-591-818
PDFファイル
ルセフィ錠5mg
製造販売/大正製薬(株)
ルセフィ錠5mg ルセフィ 5 283.50 2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはルセオグリフロジンとして 2.5 mg を 1 日 1 回朝食前又は朝食後に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら 5 mg 1 日 1 回に増量することができる。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。]
2.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
3.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:
大正製薬 メディカルインフォメーションセンター
〒 170-8633 東京都豊島区高田3-24-1
フリーダイヤル:0120-591-818
PDFファイル
ルセフィ錠2.5mg
製造販売/大正製薬(株)、販売/ノバルティスファーマ(株)
ルセフィ錠2.5mg ルセフィ 2.5 189.00 2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはルセオグリフロジンとして 2.5 mg を 1 日 1 回朝食前又は朝食後に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら 5 mg 1 日 1 回に増量することができる。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。]
3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:
ノバルティス ファーマ株式会社 ノバルティスダイレクト
〒 105-6333 東京都港区虎ノ門1-23-1
フリーダイヤル:0120-003-293(月~金 9:00~17:30、祝祭日・当社休日を除く)
PDFファイル
ルセフィ錠5mg
製造販売/大正製薬(株)、販売/ノバルティスファーマ(株)
ルセフィ錠5mg ルセフィ 5 283.50 2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはルセオグリフロジンとして 2.5 mg を 1 日 1 回朝食前又は朝食後に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら 5 mg 1 日 1 回に増量することができる。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。]
3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:
ノバルティス ファーマ株式会社 ノバルティスダイレクト
〒 105-6333 東京都港区虎ノ門1-23-1
フリーダイヤル:0120-003-293(月~金 9:00~17:30、祝祭日・当社休日を除く)
PDFファイル

一般名:トホグリフロジン

製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
アプルウェイ錠20mg
サノフィ(株)
アプルウェイ錠20mg saTOF 202.10 2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはトホグリフロジンとして20mgを1日1回朝食前又は朝食後に経口投与する。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。]
3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:サノフィ コールセンターくすり相談室
〒163-1488 東京都新宿区西新宿三丁目20番2号
フリーダイヤル:0120-109-905
FAX:(03)6301-3010
PDFファイル
デベルザ錠20mg
製造販売元/興和(株)
デベルザ錠20mg Kowa 122 199.10 2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはトホグリフロジンとして20mgを1日1回朝食前又は朝食後に経口投与する。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。]
3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:興和 くすり相談センター
〒103-8433 東京都中央区日本橋本町3-4-14
フリーダイヤル:0120-508-514(9:00~17:00、土・日・祝日・弊社休日を除く)
PDFファイル

一般名:カナグリフロジン

製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
カナグル錠100mg
製造販売元/田辺三菱製薬(株)、プロモーション提携/第一三共(株)
カナグル錠100mg カナグル100 190.50 2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはカナグリフロジンとして100mgを1日1回朝食前又は朝食後に経口投与する。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 2. 重症ケトーシス,糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者〔輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない.〕 3. 重症感染症,手術前後,重篤な外傷のある患者〔インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない.〕
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:
田辺三菱製薬(株) くすり相談センター
〒541-8505 大阪市中央区道修町3-2-10
電話 0120-753-280

第一三共(株) 製品情報センター
〒103-8426 東京都中央区日本橋本町3-5-1
電話 0120-189-132
PDFファイル

一般名:エンパグリフロジン

製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
ジャディアンス錠10mg
製造販売/日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社、販売提携/日本イーライリリー株式会社
ジャディアンス錠10mg S 10 198.70 2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはエンパグリフロジンとして10mgを1日1回朝食前又は朝食後に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら25mg1日1回に増量することができる。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者[輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:
日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社 DIセンター
〒141-6017 東京都品川区大崎2丁目1番1号 ThinkPark Tower
フリーダイヤル:0120-189-779
(受付時間)9:00〜18:00
(土・日・祝日・弊社休業日を除く)
PDFファイル
ジャディアンス錠25mg
製造販売/日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社、販売提携/日本イーライリリー株式会社
ジャディアンス錠25mg S 25 339.00 2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはエンパグリフロジンとして10mgを1日1回朝食前又は朝食後に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら25mg1日1回に増量することができる。
警告・禁忌
【禁忌】(次の患者には投与しないこと)
1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡の患者[輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。]
3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:
日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社 DIセンター
〒141-6017 東京都品川区大崎2丁目1番1号 ThinkPark Tower
フリーダイヤル:0120-189-779
(受付時間)9:00〜18:00
(土・日・祝日・弊社休業日を除く)
PDFファイル

一般社団法人日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会

 経口薬
  スルホニル尿素薬
  速効型インスリン分泌促進薬
  α-グルコシダーゼ阻害薬
  ビグアナイド薬
  チアゾリジン薬
  DPP-4阻害薬 情報ファイル
  SGLT2阻害薬 情報ファイル
  配合薬

 注射薬
  インスリン製剤
  インスリン製剤早見表
  GLP-1受容体作動薬 情報ファイル

 医療機器・検査機器
  インスリン注入器
  インスリンポンプ
  血糖測定器・ランセット
  CGM:持続血糖測定器
  FGM:Flash Glucose Monitoring
  臨床検査機器・試薬
 基礎研究分野

メールマガジン登録無料