米国糖尿病学会が新ガイドラインを発表 糖尿病腎症の推奨を更新 SGLT2阻害薬を評価

第79回米国糖尿病学会年次学術集会
 米国糖尿病学会(ADA)は6月3日に2019年版「Standards of Medical Care in Diabetes」を発表。4月14日に「New England Journal of Medicine」に掲載されたCREDENCE試験からの知見にもとづき変更を加えた。詳細は6月に開催された第79回米国糖尿病学会年次学術集会で発表された。
糖尿病腎症の2型糖尿病患者ではSGLT2阻害薬を検討
 ADAによると、SGLT2阻害薬によるリスクとベネフィットのプロファイルは、2型糖尿病と慢性腎臓病(CKD)のほとんどの患者にとって好ましもので、カナグリフロジンにより糖尿病性ケトアシドーシス(DKA)のリスク増加が認められたものの、下肢切断、骨折、急性腎障害、高カリウム血症のリスク増加は認められなかった。

 2型糖尿病の有病率上昇を背景に、腎不全患者は世界的に増加傾向にあり、人工透析を必要とする患者は2030年までに2倍に増えると推測されている。2型糖尿病の腎保護にはRA系阻害薬が使用されているが、それ以外に有効性を示したものは少なく、SGLT2阻害薬の有効性が認められた意義は大きい。

 ADAは臨床医に以下を行うことを推奨している――。

・ 尿中アルブミン(尿中アルブミン/クレアチニン比)が高値、および罹病期間が5年以上の2型糖尿病患者および1型糖尿病患者に対し、年に1回以上の推定糸球体濾過率(eGFR)を評価する。

・ 腎症の進行および心血管イベントのリスク低減のために、eGFRが30mL/min/1.73m²以上で、アルブミン尿が300mg/gを超える糖尿病腎症の2型糖尿病患者では、SGLT2阻害薬を使用することを検討する。

・ 慢性腎臓病(CKD)患者では、アルブミン尿の進行および心血管イベントのリスク低減のために、GLP-1受容体作動薬の使用を検討する。

・ 細小血管合併症およびフットケアに関しては、CREDENCE試験後に削除された推奨を回避する。

 CREDENCE試験は、2014~2017年に日本を含む34ヵ国690施設で2型糖尿病患者4,401例を対象に実施された。尿中アルブミン/クレアチニン比(UACR)300mg/gCr以上、推算糸球体濾過量(eGFR)30~90mL/分/1.73m²の患者をSGLT2阻害薬カナグリフロジン(1日100mg)投与群とプラセボ投与群に無作為に割り付けし、 中間報告では中央値2.62年を追跡した。

 カナグリフロジン群では、末期腎不全(ESRD)、血清クレアチニンの倍化、腎臓または心血管疾患による死亡という複合リスクが30%低下することが示された。副次評価項目であるESRD、血清クレアチニンの倍増、および腎疾患による死亡という腎疾患関連の複合アウトカムも34%低下した。

 なお、ADAの新しいガイドラインでは、SGLT2阻害薬とGLP-1受容体作動薬による心血管イベントの抑制効果は、心血管疾患の低リスク者では微小とされている。

Standards of Medical Care in Diabetes--2019 Abridged for Primary Care Providers(Clinical Diabetes 2018年12月)
American Diabetes Association Issues Critical Updates to the 2019 Standards of Medical Care in Diabetes(米国糖尿病学会 2019年6月3日)
Canagliflozin and renal outcomes in type 2 diabetes and nephropathy(N Engl J Med 2019年4月14日)

関連情報

[Terahata]

関連ニュース

2019年08月08日
DPP-4阻害薬「スイニー」にLDLコレステロール低下作用 スタチン服用中のハイリスク2型糖尿病患者で
2019年08月08日
FDAが初の経鼻グルカゴン製剤を承認 重症低血糖治療の新たな選択肢
2019年08月02日
糖尿病合併症の検査の実施率に全国で格差 糖尿病腎症の検査の実施率は最高31.6%、最低10.8% 国立国際医療研究センター
2019年08月02日
糖尿病性腎症の予後因子としてタンパク尿の重要性を解明 腎生検にもとづく長期・大規模コホート研究「糖尿病性腎症レジストリー」
2019年08月01日
「SGLT2阻害薬」はケトアシドーシスに注意 「患者への説明も含めた十分な対策が必要」と呼びかけ 日本糖尿病学会
2019年08月01日
血糖自己測定(SMBG)の再評価が始まっている SMBGは糖尿病の管理を向上させる有用なツール
2019年08月01日
SGLT2阻害薬使用で血糖値が正常でも糖尿病性ケトアシドーシスを発症
2019年07月30日
2017年度の生活習慣病の医療費 糖尿病が第1位に レセプト3億8,000万件を分析
2019年07月26日
医師からの共感を経験した2型糖尿病患者の臨床転帰が改善 英研究
2019年07月26日
経口セマグルチドを日本で2型糖尿病治療薬として承認申請 GLP-1アナログの錠剤

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶