慢性腎臓病の早期診断に「D-セリン」が有用 糸球体ろ過量と強く相関 医薬基盤・健康・栄養研究所

 医薬基盤・健康・栄養研究所(NIBIOHN)は、慢性腎臓病の早期診断に、D-アミノ酸のひとつである「D-セリン」が有用であることを発見した。血中D-セリンの測定により腎機能を推定でき、血液と尿を同時に測定すると慢性腎臓病の診断に有効だという。
D-セリン測定による慢性腎臓病の早期診断に期待
 研究は、医薬基盤・健康・栄養研究所(NIBIOHN)プロジェクトのプロジェクトリーダーで難治性疾患研究開発・支援センター長の木村友則氏と、大阪大学腎臓内科の猪阪善隆教授、部坂篤氏、資生堂らとの共同研究によるもの。その成果は、科学誌「Scientific Reports」オンライン版に掲載された。

 慢性腎臓病患者数は世界で8.5億人、日本では人口の1割が該当すると推定される。腎臓病が進行すると心不全、心筋梗塞を代表とする循環器疾患など致死的疾患の合併症のリスクが上昇する。日本では毎年3万人以上の慢性腎臓病患者に透析療法が導入されており、早期発見・治療が切迫した課題になっている。

 腎機能を知るために通常は糸球体ろ過量が使用されるが、これを正確に測定するには多くの労力が必要となり、実際の臨床ではほとんど測定されていない。その代替として、血中のクレアチニン値などが腎機能推定に利用されているが、クレアチニンは筋肉量などの影響を受け、これによる糸球体ろ過量推定の正確性には課題がある。

 一方、アミノ酸にはL体とD体のキラルアミノ酸(鏡像異性体のアミノ酸)があり、これまで体内にはL体しかないと考えられていた。しかし研究グループは、体中に微量のD-アミノ酸が存在し、腎臓病の予後と関連することを発見していた。

 研究グループは今回、D-アミノ酸と腎臓病の関係に着目。世界でもっとも正確かつ感度良く測定できる2次元HPLCシステムを用いて、慢性腎臓病患者と健康な人の血中と尿中のD-アミノ酸を検討した。

 その結果、D-セリンが腎臓の機能(糸球体ろ過量)自体と強く相関し、これが従来の腎臓病のマーカーと同等以上であることが判明した。さらに、尿のD-セリンは糸球体ろ過量以外の腎機能を反映しており、血液と尿のD-セリンを組み合わせることで腎臓病の診断率が良くなることを確かめた。
 研究では、D-セリンの測定が糸球体ろ過量を推定するのに有用で、腎臓病の早期診断に有用で、診療において重要な情報をもたらすことが明らかになった。さらに、糸球体ろ過量という腎機能以外の情報ももっており、腎臓病を見つけるのに別の視点から役に立つことが示唆された。

 研究グループは「この技術を応用すれば、人工透析導入患者数の抑制や、腎臓病の精密医療(プレシジョンメディスン)、腎臓病を併発しやすい糖尿病や高血圧、心不全や心筋梗塞などの循環器疾患などの予後改善につながる可能性がある」と述べている。

医薬基盤・健康・栄養研究所(NIBIOHN)
D-Serine reflects kidney function and diseases(Scientific Reports 2019年3月25日)

関連情報

糖尿病・脂肪性肝炎の新たな発症メカニズムを解明 国立国際医療研究センター
SGLT2阻害薬が糖尿病腎症の進行を抑えるメカニズムを解明
腎疾患における糸球体障害の形態変化の過程を明らかに
[Terahata]

関連ニュース

2019年08月08日
DPP-4阻害薬「スイニー」にLDLコレステロール低下作用 スタチン服用中のハイリスク2型糖尿病患者で
2019年08月08日
FDAが初の経鼻グルカゴン製剤を承認 重症低血糖治療の新たな選択肢
2019年08月02日
糖尿病合併症の検査の実施率に全国で格差 糖尿病腎症の検査の実施率は最高31.6%、最低10.8% 国立国際医療研究センター
2019年08月02日
糖尿病性腎症の予後因子としてタンパク尿の重要性を解明 腎生検にもとづく長期・大規模コホート研究「糖尿病性腎症レジストリー」
2019年08月01日
「SGLT2阻害薬」はケトアシドーシスに注意 「患者への説明も含めた十分な対策が必要」と呼びかけ 日本糖尿病学会
2019年08月01日
血糖自己測定(SMBG)の再評価が始まっている SMBGは糖尿病の管理を向上させる有用なツール
2019年08月01日
SGLT2阻害薬使用で血糖値が正常でも糖尿病性ケトアシドーシスを発症
2019年07月30日
2017年度の生活習慣病の医療費 糖尿病が第1位に レセプト3億8,000万件を分析
2019年07月26日
医師からの共感を経験した2型糖尿病患者の臨床転帰が改善 英研究
2019年07月26日
経口セマグルチドを日本で2型糖尿病治療薬として承認申請 GLP-1アナログの錠剤

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶