第1部 医薬品・医療機器・検査機器・試薬

DPP-4阻害薬 薬剤一覧表

患者さん指導・説明用動画 (糖尿病3分間ラーニング より)

糖尿病3分間ラーニングは、糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、
テーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。

一般名:シタグリプチン

インクレチンであるglucagon-like peptide 1(GLP-1)及びglucose-dependent insulinotropic polypeptide(GIP)は、グルコース恒常性の維持にかかわるホルモンである。シタグリプチンは、DPP-4 酵素を阻害し、インクレチンのDPP-4による分解を抑制する。活性型インクレチン濃度を上昇させることにより、血糖値依存的にインスリン分泌促進作用並びにグルカゴン濃度低下作用を増強し血糖コントロールを改善する。

製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
グラクティブ錠12.5mg
小野薬品工業(株)
グラクティブ錠12.5mg ono 663 65.80 2 型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはシタグリプチンとして50mg を1 日1 回経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg1日1回まで増量することができる。
警告・禁忌
次の患者には投与しないこと (1)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (2)重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者〔輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。〕。 (3)重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者〔インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。〕。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:小野薬品工業(株)医薬情報部
〒541-8564 大阪市中央区久太郎町1 丁目8 番2 号
電話:0120-626-190
PDFファイル
グラクティブ錠25mg
小野薬品工業(株)
グラクティブ錠25mg ono 660 80.50 2 型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはシタグリプチンとして50mg を1 日1 回経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg1日1回まで増量することができる。
警告・禁忌
次の患者には投与しないこと (1)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (2)重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者〔輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。〕。 (3)重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者〔インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。〕。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:小野薬品工業(株)医薬情報部
〒541-8564 大阪市中央区久太郎町1 丁目8 番2 号
電話:0120-626-190
PDFファイル
グラクティブ錠50mg
小野薬品工業(株)
グラクティブ錠50mg ono 661 149.30 2 型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはシタグリプチンとして50mg を1 日1 回経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg1日1回まで増量することができる。
警告・禁忌
次の患者には投与しないこと (1)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (2)重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者〔輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。〕。 (3)重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者〔インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。〕。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:小野薬品工業(株)医薬情報部
〒541-8564 大阪市中央区久太郎町1 丁目8 番2 号
電話:0120-626-190
PDFファイル
グラクティブ錠100mg
小野薬品工業(株)
グラクティブ錠100mg ono 662 224.80 2 型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはシタグリプチンとして50mg を1 日1 回経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg1日1回まで増量することができる。
警告・禁忌
次の患者には投与しないこと (1)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (2)重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者〔輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。〕。 (3)重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者〔インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。〕。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:小野薬品工業(株)医薬情報部
〒541-8564 大阪市中央区久太郎町1 丁目8 番2 号
電話:0120-626-190
PDFファイル
ジャヌビア錠12.5mg
MSD(株)
ジャヌビア錠12.5mg MSD 211 65.80 2 型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはシタグリプチンとして50mg を1 日1 回経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg1日1回まで増量することができる。
警告・禁忌
次の患者には投与しないこと (1)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (2)重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者〔輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。〕。 (3)重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者〔インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。〕。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:MSD(株)カスタマーサポートセンター
東京都千代田区九段北1-13-12
医師、病院薬剤師の方:フリーダイヤル:0120-024-961
保険薬局薬剤師の方:フリーダイヤル:0120-024-962
(土日祝日・当社休日を除く9時~18時)
PDFファイル
製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
ジャヌビア錠25mg
MSD(株)
ジャヌビア錠25mg MSD、221 80.50 2 型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはシタグリプチンとして50mg を1 日1 回経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg1日1回まで増量することができる。
警告・禁忌
次の患者には投与しないこと (1)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (2)重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者〔輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。〕。 (3)重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者〔インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。〕。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:MSD(株)カスタマーサポートセンター
東京都千代田区九段北1-13-12
医師、病院薬剤師の方:フリーダイヤル:0120-024-961
保険薬局薬剤師の方:フリーダイヤル:0120-024-962
(土日祝日・当社休日を除く9時~18時)
PDFファイル
ジャヌビア錠50mg
MSD(株)
ジャヌビア錠50mg MSD、112 149.30 2 型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはシタグリプチンとして50mg を1 日1 回経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg1日1回まで増量することができる。
警告・禁忌
次の患者には投与しないこと (1)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (2)重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者〔輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。〕。 (3)重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者〔インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。〕。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:MSD(株)カスタマーサポートセンター
東京都千代田区九段北1-13-12
医師、病院薬剤師の方:フリーダイヤル:0120-024-961
保険薬局薬剤師の方:フリーダイヤル:0120-024-962
(土日祝日・当社休日を除く9時~18時)
PDFファイル
ジャヌビア錠100mg
MSD(株)
ジャヌビア錠100mg MSD、277 224.80 2 型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはシタグリプチンとして50mg を1 日1 回経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら100mg1日1回まで増量することができる。
警告・禁忌
次の患者には投与しないこと (1)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (2)重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者〔輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。〕。 (3)重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者〔インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。〕。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:MSD(株)カスタマーサポートセンター
東京都千代田区九段北1-13-12
医師、病院薬剤師の方:フリーダイヤル:0120-024-961
保険薬局薬剤師の方:フリーダイヤル:0120-024-962
(土日祝日・当社休日を除く9時~18時)
PDFファイル

一般名:ビルダグリプチン

グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)は、インスリン分泌促進作用及びグルカゴン分泌抑制作用を有し、糖代謝において重要な役割を果たしている。ビルダグリプチンは、DPP-4を選択的かつ可逆的に阻害し、内因性GLP-1の濃度を高めることで、血糖依存性にインスリン分泌を促進させるとともにグルカゴン分泌を抑制し、血糖降下作用を発揮する。

製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
エクア錠50mg
ノバルティス ファーマ(株)
エクア錠50mg NVR、FB 87.70 2型糖尿病
用法・用量
通常、成人には、ビルダグリプチンとして50mgを1日2回朝、夕に経口投与する。なお、患者の状態に応じて50mgを1日1回朝に投与することができる。
警告・禁忌
次の患者には投与しないこと。1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。2.糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡、1型糖尿病の患者〔インスリンの適用である〕。3.重度の肝機能障害のある患者〔肝機能障害が悪化するおそれがある〕。4.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者〔インスリンの適用である〕。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:
ノバルティス ファーマ(株)学術情報・コミュニケーション部
〒106-8618 東京都港区西麻布4-17-30
フリーダイヤル:0120-003-293(平日9時~18時)
PDFファイル

一般名:アログリプチン

食事の経口摂取刺激により、腸管から血中に分泌されるグルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)を不活性化するジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)活性を阻害することにより、GLP-1の血中濃度を上昇させ、糖濃度依存的に膵臓からのインスリン分泌を促進させる。

製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
ネシーナ錠6.25mg
武田薬品工業(株)
ネシーナ錠6.25mg 387 53.90 2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはアログリプチンとして25㎎を1日1回経口投与する。
警告・禁忌
禁忌:次の患者には投与しないこと。(1)重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない]。(2)重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない]。(3)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:武田薬品工業(株)医薬学術部くすり相談室
〒103-8668 東京都中央区日本橋二丁目12番10号
フリーダイヤル:0120-566-587
PDFファイル
ネシーナ錠12.5mg
武田薬品工業(株)
ネシーナ錠12.5mg 386 100.00 2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはアログリプチンとして25㎎を1日1回経口投与する。
警告・禁忌
禁忌:次の患者には投与しないこと。(1)重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない]。(2)重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない]。(3)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:武田薬品工業(株)医薬学術部くすり相談室
〒103-8668 東京都中央区日本橋二丁目12番10号
フリーダイヤル:0120-566-587
PDFファイル
ネシーナ錠25mg
武田薬品工業(株)
ネシーナ錠25mg 385 186.90 2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはアログリプチンとして25㎎を1日1回経口投与する。
警告・禁忌
禁忌:次の患者には投与しないこと。(1)重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない]。(2)重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない]。(3)本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:武田薬品工業(株)医薬学術部くすり相談室
〒103-8668 東京都中央区日本橋二丁目12番10号
フリーダイヤル:0120-566-587
PDFファイル

一般名:リナグリプチン

リナグリプチンはジペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)の競合的かつ可逆的な選択的阻害剤である。DPP-4は膜結合型プロテアーゼのひとつで、腎臓、肝臓、腸、リンパ球及び血管内皮細胞など多くの組織において広く発現している。DPP-4の生理的基質のうち重要なものはインクレチンと呼ばれるグルカゴン様ペプチド1(GLP-1)とグルコース依存性インスリン分泌刺激ポリペプチド(GIP)である。DPP-4のペプチダーゼ活性を阻害することにより、これらの内因性インクレチンホルモンレベルの上昇によりインスリン分泌が上昇し、グルカゴン放出が抑制される。GLP-1とGIPはいずれも、強力なグルコース依存性インスリン分泌刺激作用を発揮し、この作用により食後の血糖コントロールを改善する。

製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
トラゼンタ錠5mg
製造販売:日本ベーリンガーインゲルハイム(株)、 販売提携:日本イーライリリー(株)
トラゼンタ錠5mg D5 188.40 2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはリナグリプチンとして5mgを1日1回経口投与する。
警告・禁忌
禁忌(次の患者には投与しないこと) 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。2. 糖尿病性ケトアシドーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者。[輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。]3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
詳細は添付文書を参照。
日本ベーリンガーインゲルハイム(株)DIセンター
〒141-6017 東京都品川区大崎2丁目1番1号 ThinkPark Tower
フリーダイヤル:0120-189-779
受付時間:9:00~18:00(土・日・祝日・弊社休業日を除く)
PDFファイル

一般名:テネリグリプチン

製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
テネリア錠20mg
製造販売元/田辺三菱製薬(株)、販売元/第一三共(株)
テネリア錠20mg TA 117 186.80 2型糖尿病
用法・用量
通常,成人にはテネリグリプチンとして20mgを1日1回経口投与する.なお,効果不十分な場合には,経過を十分に観察しながら40mg1日1回に増量することができる.
警告・禁忌
禁忌(次の患者には投与しないこと):1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 2. 重症ケトーシス,糖尿病性昏睡又は前昏睡,1型糖尿病の患者〔輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない.〕 3. 重症感染症,手術前後,重篤な外傷のある患者〔インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない.〕
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:第一三共(株)製品情報センター
〒103-8426 東京都中央区日本橋本町3-5-1
電話:0120-189-132
PDFファイル

一般名:アナグリプチン

製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
スイニー錠100mg
(株)三和化学研究所
スイニー錠100mg Sc312 74.70 2型糖尿病。ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る (1)食事療法、運動療法のみ (2)食事療法、運動療法に加えてα-グルコシダーゼ阻害剤を使用 (3)食事療法、運動療法に加えてビグアナイド系薬剤を使用 (4)食事療法、運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用 (5)食事療法、運動療法に加えてチアゾリジン系薬剤を使用
用法・用量
通常、成人にはアナグリプチンとして1回100mgを1日2回朝夕に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら1回量を200mgまで増量することができる。
警告・禁忌
禁忌(次の患者には投与しないこと): 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。] 3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリンによる血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:(株)三和化学研究所コンタクトセンター
〒461-8631 名古屋市東区東外堀町35番地
フリーダイヤル:0120-19-8130
FAX:052-950-1305
PDFファイル
スイニー錠100mg
発売元:興和(株)、販売元:興和創薬(株)、製造販売元:(株)三和化学研究所
スイニー錠100mg Sc312 74.70 2型糖尿病。ただし、下記のいずれかの治療で十分な効果が得られない場合に限る (1)食事療法、運動療法のみ (2)食事療法、運動療法に加えてα-グルコシダーゼ阻害剤を使用 (3)食事療法、運動療法に加えてビグアナイド系薬剤を使用 (4)食事療法、運動療法に加えてスルホニルウレア剤を使用 (5)食事療法、運動療法に加えてチアゾリジン系薬剤を使用
用法・用量
通常、成人にはアナグリプチンとして1回100mgを1日2回朝夕に経口投与する。なお、効果不十分な場合には、経過を十分に観察しながら1回量を200mgまで増量することができる。
警告・禁忌
禁忌(次の患者には投与しないこと): 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 2. 重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液及びインスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤の投与は適さない。] 3. 重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリンによる血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:興和(株)医薬事業部くすり相談センター
電話:0120-508-514、03-3279-7587
受付時間:9:00~17:00(土・日・祝日を除く)
PDFファイル

一般名:サキサグリプチン

製品名
製造販売元
製品写真
識別コード
薬価
(円/錠)
効能・効果
用法・用量
警告・禁忌
備考 添付文書
オングリザ錠2.5mg
協和発酵キリン(株)
オングリザ錠2.5mg KH 622 99.10 2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはサキサグリプチンとして5mgを1日1回経口投与する。なお、患者の状態に応じて2.5mgを1日1回経口投与することができる。
警告・禁忌
禁忌(次の患者には投与しないこと):1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。] 3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:協和発酵キリン(株)くすり相談室
〒100-8185 東京都千代田区大手町1-6-1
電話:03(3282)0069
フリーダイヤル:0120-850-150
FAX:03(3282)0102
受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日および弊社休日を除く)
PDFファイル
オングリザ錠5mg
協和発酵キリン(株)
オングリザ錠5mg KH 623 149.30 2型糖尿病
用法・用量
通常、成人にはサキサグリプチンとして5mgを1日1回経口投与する。なお、患者の状態に応じて2.5mgを1日1回経口投与することができる。
警告・禁忌
禁忌(次の患者には投与しないこと):1.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 2.重症ケトーシス、糖尿病性昏睡又は前昏睡、1型糖尿病の患者[輸液、インスリンによる速やかな高血糖の是正が必須となるので本剤を投与すべきでない。] 3.重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者[インスリン注射による血糖管理が望まれるので本剤の投与は適さない。]
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:協和発酵キリン(株)くすり相談室
〒100-8185 東京都千代田区大手町1-6-1
電話:03(3282)0069
フリーダイヤル:0120-850-150
FAX:03(3282)0102
受付時間:9:00~17:30(土・日・祝日および弊社休日を除く)
PDFファイル
 開発中の薬剤―新薬情報―

 経口薬
  スルホニル尿素薬
  速効型インスリン分泌促進薬
  α-グルコシダーゼ阻害薬
  ビグアナイド薬
  チアゾリジン薬
  DPP-4阻害薬 情報ファイル
  SGLT2阻害薬 情報ファイル
  配合薬

 注射薬
  インスリン製剤
  インスリン製剤早見表
  GLP-1受容体作動薬 情報ファイル

 医療機器・検査機器
  インスリン注入器
  インスリンポンプ
  血糖測定器・ランセット
  CGM:持続血糖測定器
  尿試験紙・尿糖計
  臨床検査機器・試薬
 基礎研究分野

メールマガジン登録無料