糖尿病性腎症のスクリーニングは均てん化しており、重症化予防も一定の効果を上げている 日医総研がNDBを解析 世界最大級の医療ビッグデータ

 日本医師会総合政策研究機構は、「匿名レセプト情報・匿名特定健診等情報データベース」(NDB)の2010年と2016年の情報を収集し解析した。
 糖尿病性腎症の検査治療の均てん化が進んでおり、人工透析の割合は低下していることが明らかになった。
 一方、糖尿病性網膜症は、検査均てん化が進んでいるものの、地域によっては受診困難者が増えている可能性が示された。
糖尿病性腎症の検査治療の均てん化は進んでおり、人工透析の割合が低下
 日本医師会総合政策研究機構は、「匿名レセプト情報・匿名特定健診等情報データベース」(NDB)の2010年と2016年の情報を収集し解析した。解析したデータは、2010年が12万8,057人、2016年が12万6,933人。

 NDBは、高齢者の医療の確保に関する法律にもとづき医療費適正化に用いるために厚生労働省が設けたデータベース。

 NDBは、診療報酬請求にもとづいて年間約18億件ずつ積みあがり4,000億レコードを超える世界最大級のReal World Dataのひとつで、これを活用することで、疾患治療の実態について、広く日本全体の動向を把握できると期待されている。

 日本医師会総合政策研究機構は、匿名レセプト情報・匿名特定健診等情報データベース(NDB)の2010年と2016年の情報を収集し解析した。解析したデータは、2010年が12万8,057人、2016年が12万6,933人。

 今回の解析の主な結果は以下の通り――。

 インスリンまたは糖尿病治療薬のいずれかを使用している者を2型糖尿病治療者と推定して、2010年と2016年の年齢階級別男女別患者数を比較。その結果、人口あたりでみると、いずれの都道府県でも、2016年は2010年よりも2型糖尿病治療者数はやや減少していることが示された。

出典:日本医師会総合政策研究機構、2021年

 糖尿病性腎症スクリーニングの実施状況については、45都府県で検査実施割合は高くなり、全体として検査治療ともに均てん化が進んでいる。また、いずれの年齢階級でも人工透析の割合は低下しており、糖尿病性腎症の重症化抑制の取組みが一定の効果を上げているとみられる。

 

出典:日本医師会総合政策研究機構、2021年

 糖尿病性網膜症についてスクリーニングの実施状況については、2010年時点に比べ2016年に割合が高まった県があり、全体として均てん化は進んでいるように見えるが、その割合が高くなっているとはいえない。糖尿病性腎症のスクリーニングと異なり、糖尿病科・内科の診療には収まらず、眼科受診が必要なため、地域によっては受診困難者が増えているおそれがある。

出典:日本医師会総合政策研究機構、2021年

 なお日医総研では、「単純に登録された病名から実態を把握することはできず、一方で治療内容が網羅されていないと過小推計になるため、臨床医の視点での条件設定が必要である。また、治療法の進化にともない、治療適用範囲も異なってくるため年次推移の解釈には留意が必要である」としている。

出典:日本医師会総合政策研究機構、2021年

日本医師会総合政策研究機構

NDBオープンデータ(厚生労働省)
[Terahata]

関連ニュース

2021年03月23日
【新型コロナ】アストラゼネカ製COVID-19ワクチンはベネフィットが上回ると結論 「血栓症は根拠なし」 英国医薬品・医療製品規制庁と欧州医薬品庁
2021年03月23日
【新型コロナ】国産COVID-19ワクチンの第1/2相試験を新たに2社が開始 第一三共とKMバイオロジクス アンジェスは第2/3相試験での接種を完了
2021年03月23日
【新型コロナ】嗅覚チェックで無症状感染者を早期発見 「簡易嗅覚確認キット」を開発 順天堂大学
2021年03月23日
スタチンに対する効果が減弱している症例で心不全リスクが増加 スタチンによるコレステロール低下作用が乏しい症例は15.2% 国循が調査
2021年03月19日
テルモ、海外での糖尿病治療のデジタル化を推進 情報管理システム(DMS)で測定データを一元管理
2021年03月18日
糖尿病網膜症発症に関わるゲノム領域を同定 遺伝的要因を解明 新たな予防法・治療薬開発の足がかりに 理化学研究所
2021年03月18日
【新型コロナ】抗うつ薬「クロミプラミン」が新型コロナウイルスの細胞侵入を防ぐ 既存薬と作用点が異なり併用療法も期待できる
2021年03月18日
【新型コロナ】医師の9割がワクチンを「接種するだろう」と回答 ワクチンの「情報が不足している」との声も多い
2021年03月18日
【新型コロナ】「医療機関での感染恐怖」の払拭が治療中断や病状悪化を予防するために重要 定期通院中の患者のうち38%で受診頻度が減少
2021年03月18日
肝臓-筋肉の代謝制御ネットワークを解明 肥満症にともなう高血糖症や2型糖尿病などの全容解明を期待

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶